余分な油を落とすカロリー制限の方法

   2013/05/27

この記事の所要時間: 230

 毎日食べている食事内容について、気を付けている点はありますか?食事は私たちが生きていくうえで決して欠かせないものの1つです。どうせ食べるんだったら好きなものを好きなだけ気にせず食べたい!と思われるかもしれません。

スポンサーリンク

勿論、時にはそれも大切な事ですが、1つの生活習慣として食事のカロリーについて考えてみませんか?生活習慣病の予防にもなり、今では長寿の秘訣とまで言われています。10代の頃はカロリー計算とは無縁の生活を送っていたという人でも、年齢を重ねるにつれて同じ食事内容でも体系に変化が出てきたと思っているのでは?加齢に伴い身体の基礎代謝は衰えていきます。

ですので同じ内容・量を食べても年をとっている方が太り易いのです。その為、健康の為にもカロリーコントロールが必要となってきます。普段から身体を動かしている人なら大丈夫かもしれませんが、そうでないなら尚更です。

しかし、ただやみくもにカロリー制限するだけでは身体によくありません。精神的にもストレスになり、かえって体調不良を招く恐れもあります。身体にとって適度な油分というのは必要であり、バランスの取れた食事内容こそが身体的にも精神的にも良い作用をもたらすのです。

カロリーを控える事は誰でも簡単に始めることができます。たとえば、材料や調味料は目分量にせず測って調理する事。大体の感覚で入れてしまうとどのくらいのカロリーになるのか把握しづらく、摂取した熱量が分かりにくいですね。

きちんと測っていれることにより、食事のおおまかなカロリーが見えてきます。

そこから味に問題がなければ砂糖の量を減らすなどの調節もし易いというわけです。

また、同じ材料でも調理方法によりカロリーダウンすることができます。

「焼く・揚げる」などの方法を「煮る・茹でる・蒸す」を中心に変えることで簡単にカロリーを抑えられます。

クッキングペーパーで余分な油をきったり揚げ物は揚げ焼きにしたりなど、細かい部分でも継続的に行うと大きなカロリーカットに繋がります。

最近では電子レンジでの調理法がカロリーダウンとコストダウンを兼ねて人気になっています。野菜は大きめにカットすると油分の吸収率が下がり、お肉は軽く湯通しして余分な油を落としてから使うなどちょっとした工夫でいくらでもカロリーを抑えることは可能なのです。

ただ、必要な油分まで抑えてしまうと身体が物足りなさを感じ反動がきてしまう場合があります。必要な油分はきちんと摂取し、余分な油のみ取り除く様に心がけましょう。身近な所から健康管理を始めるなら、こういった所から始めてみてはいかがでしょうか。

炭水化物を週のうち2日間だけ抜く「2日間だけダイエット」が効果ありとの研究結果
今すぐ筋トレすべきたった1つの理由
老化を遅らせ長寿になる秘訣は空腹状態を保つこと

2013-02-11再編集

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。