ヤマハ・マジェスティの特徴

   2013/11/06

この記事の所要時間: 328

街乗りに最適なマジェスティ

ビッグスクーターの中でも特に人気のあるヤマハのマジェスティ。バイクのギアチェンジが面倒、大収容のバイクに乗りたいといった希望を持っている人にはオススメの一台と言えます。
マジェスティには、250ccクラスと400ccクラスがあります。400ccクラスになると加速性もよく、街乗りでもラクラクに走行することができます。
収容力が高く、普通のバイクと違ってオートマチックタイプになるので、渋滞時のストレスなどもほとんどありません。街乗り時には特に高い走行性を誇ります。
二人乗りをした時でも安定した走行性が保てますので、二人乗りをする機会の多い人にもおすすめです。

スポンサーリンク

若者に大人気

新車での販売相場が70万円以上と高額なマジェスティですが、中古車市場では特に若者に人気のある一台と言えます。初めてバイクを購入する人が購入しやすいバイクでもあります。
若者に人気があるのは、運転のしやすさ、走行の安定性、そしてモダンなデザインに理由があります。
カスタムこそしにくいですが、基本スペックでのデザイン性が高く、都市部でも違和感なく乗り回すことができます。
座席シートも広々しているため、二人乗りがしやすいのも若者に人気になっている理由かもしれません。
特に、大学生などが通勤用に利用しているようです。

マジェスティ走行性能

マジェスティの走行性能は中程度です。パワーはありますが、ビッグスクーターの特徴、重量が重いといった点がありますので、そこまでの加速性はありません。
普通の原動機付き自転車のように、アクセルひとつで自動でギアチェンジしますから、走行時のストレスは少ないと言えるでしょう。
冬場などの足がかじかむ時期でも、クラッチを踏み込む必要がありませんので走行は楽です。
カウルの面積が広いので、風も上手に防いでくれます。ウインドガードが標準装備されているマジェスティも多く、虫やごみなどからライダーを守ってくれます。

マジェスティのカラー

マジェスティの人気カラーはブラックです。それに次いで人気なのがホワイトになっています。他にも、色々なカラーバリエーションが用意されており、個性に合わせて購入することができます。
マジェスティ購入後、自分でカラーを全塗装しなおす人もいるようです。カラーリングの技術次第によっては、販売時に高く売れることもあるようです。
人気のカラーのブラックに合わせて、カスタムパーツも黒が用意されていることが多いです。
自分の好みに合ったマジェスティを探しましょう。中古車市場ではカラーバリエーションもさらに豊富になっています。

マジェスティのカスタムパーツ

シート、マフラー、ミラーなどマジェスティのカスタムパーツは基本のもの以外は少なめと言えます。
普通のバイクと違い、ビッグスクータータイプはカスタムしにくいのが難点と言えるでしょう。
カスタムに興味がない人なら全く構いませんが、カスタムをしたい人にはあまりお勧めできないかもしれません。
マジェスティを購入した人の多くが、マフラーを改造しているようです。
サスペンションを高性能なものに変える人も多く、そうするとさらに走行性が高くなります。

マジェスティの盗難被害

マジェスティはビッグスクーターの中では最も売れている車種です。そのため、盗難被害に遭いやすいといったリスクがあります。
マジェスティを購入したら、二重のロック、盗難保険には絶対に入るようにしましょう。
警察にもマジェスティの盗難届がしょっちゅう届くようです。

マジェスティの収容力

マジェスティの大きな特徴として、収容力を上げることができます。
シートの下に広々とした空間があり、普通のバイクでは考えられない量の荷物を積みこむことができます。
その分、バッグなどを取り付けにくいといった特徴もあります。
この収容力の高さも人気の秘訣となっているようです。シートの中にヘルメット二つ分くらいはラクラクに収容できるため、ヘルメットを盗まれる心配も有りません。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。