カワサキ:ゼファー特徴

   2013/11/06

この記事の所要時間: 331

ゼファーの試乗
ネイキッドタイプの人気車種、カワサキのゼファーに試乗しました。
昔からバイクと言えばこのゼファーと言われるくらい、不動の人気になっているバイクです。
販売台数も多く、中古車市場でも良く見かける一台です。残念ながら絶版になってしまったため、購入は中古車のみになります。状態のいいゼファーも多いので、ゼファーを購入しようと考えている人は、早めに中古車市場を当たったほうがいいかも知れません。
今回はカワサキの人気車、ゼファーに乗った感想をレポートしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゼファーの取り回し
私が試乗したのは、ゼファーの750ccです。大型バイクに分類される割に車体がコンパクトで取り回しはしやすいと言えるでしょう。
ネイキッドタイプはもともと取り回しがしやすいので、初心者にもオススメと言えます。
もちろん、走行時の取り回しも抜群です。
とは言っても大型バイクなのでかなりの重量があります。買ってからすぐに乗り回したいのはわかりますが、まずは取り回しに慣れましょう。

ゼファーの走行性 直線走行時
ゼファーの魅力はパワフルに駆動するエンジンです。750ccの排気量でも、1000ccを超えるバイクにおいて行かれることなくついていくことができます。
初速についてもとてもスムーズで、あっという間にトップスピードまでもっていくことができます。
ただし、こういった走行ばかりしていると、エンジンを痛めることにもなりますし、燃費も悪くなります。
何より、交通事故のリスクが増えますので、加速は緩やかに行うようにしましょう。
ストレートの走行時では車体も安定しているため、横風の影響も受けにくく、とても快適な走りを実現しています。

ゼファーの走行性 コーナリング性能
コーナリングについても高い走行性を誇ります。ワインディングしているような道でも難なく走ることができますので、山道や峠を攻めるときでも全く問題ありません。
意外と小回りが利くため、街中の路地などでも簡単に走行することができます。
鋭いコーナリング性能を求めている人にもオススメの一台と言えます。

ゼファーの燃費性能
ゼファーの燃費性能は750ccクラスでリッター20キロくらいです。普通のバイクと変わらず平均的な燃費性と言えるでしょう。
加速性が高いので、調子に乗ってスピードばかり出しているとリッターで15キロを切るようなこともあります。
ゆっくりとした加速と緩やかなブレーキで高い燃費を実現することも可能です。

ゼファーのデザイン
同じネイキッドタイプのバイクの中でもゼファーのデザインは特徴的です。
どこかレトロな雰囲気を持ちつつも、近未来的なモダンな雰囲気も持っています。
どういった世代の方でも乗れるオススメのバイクと言えるでしょう。
カスタムパーツも多く、自分好みのバイクに改造できるのもゼファーの魅力の一つと言えるかもしれません。

ゼファーのエンジン音
空冷四気筒のエンジンから出る音はシャープな印象を受けます。
重低音をかき回すというよりは軽いエンジン音で疾走していくといったイメージでしょうか?比較的エンジン音が少ないので、住宅街の走行でもあまり気にせず走ることができます。
マフラーの改造により、エンジン音は随分変わるようです。バイクのエンジン音を楽しみたい人はマフラーを改造して自分好みの音を手に入れているようです。
くれぐれも周囲に迷惑のかかりすぎない程度に抑えましょう。

ツーリングでの走行性
長距離を走るツーリングでも、ゼファーは姿勢が安定しますので楽に走行することができます。
レーサータイプや他のネイキッドタイプのライダーが腰や肩を痛めているのを横目に、ラクラクに乗り回しができるのもゼファーの魅力の一つと言えるでしょう。
山道、ロングストレートでも走行性はいいので、ツーリング集団において行かれることもありません。
ツーリング時には特に良く見かけるバイクですので、ツーリングをしたい人にもオススメの一台ということができます。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。