自動車ローンの組み立て方

   2013/11/16

この記事の所要時間: 214

自動車を購入する際、様々な角度からいろいろと考える事になるでしょうが、極論してしまえば「お金」が一番になってしまうのではないでしょうか。
自分自身の経済力に合った自動車を選ぶ、これに尽きるでしょうね。

スポンサーリンク

自動車には様々な種類がありますから、自分自身の用途によって欲しいと思う車種が異なってくるのは当然ではありますが、一方で車種によっても価格帯がありますので、自動車を購入する際にはどうしても経済力が問われる部分もあるのです。
かつて「車はステータス」と言われていた理由としてその点も挙げられるでしょうね。
その際、自動車は安いものではありません。
何百万円、あるいは何千万円もするような自動車もありますので、現金一括で購入するのは中々難しい部分もあります。
また、一括で支払える額を持っているとしても、そのお金が一気に消えてしまうとなる事に恐怖感、あるいは不安を覚えるという人もいるでしょうね。そのような際に頼りになってくれるのが自動車ローンです。

分割払いを可能にしてくれるのが自動車ローンなのですが、自動車ローンを組む際には気を付けなければならない部分もありますので、それを幾つか見てみるとしましょう。
まずは金利です。
金利は低ければ低いほど良いのですが、ローンの期間が長かったり、借入額が大きいと自ずと金利は高いものになってしまいますし、そのため支払い総額が車体価格よりもかなり上乗せされてしまうというケースも出てきてしまうのです。
また、ローンを組む際には自動車のディーラーとではなく、信販会社からの審査が必要になってきます。
この審査は経済力が問われるものです。
経済力と借入額のバランスは合っているのか。

一般的には年収の半額程度まで貸してくれると言われていますので、これを一つの目安にしてみると良いでしょう。
ですから、もしもローンの審査に落ちてしまった場合ンは希望する車種をもっと安くしてみるか、あるいは頭金を増やして借入額を低くしてみると、審査の結果が変わってくるかもしれません。
また、自動車ローンの最中でも売却出来てしまう業者も登場するなど、自動車ローンの事情も常に変わってきていますから、自分自身が自動車ローンを組む際の最新情報をしっかりと入手しておくべきでしょう。
古い情報を持っていても実際に自動車ローンを組む際には何の役にも立ってくれないだけではなく、余計な期待のおかげで大きな落胆となってしまう可能性すらあるのですから。

「住宅ローンを抱えるリスクはここ数年で格段に高まっている」 家を買うなら60歳・現金で

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。