燃費のいい車は決してプリウスだけではありません。

   2014/10/07

この記事の所要時間: 221

現在エコカーということで、様々な低燃費の車が発売されてきましたね。しかし、ほとんどの人がそれを知らないのではないでしょうか?多分知っているといえばプリウスぐらいだと思います。

しかし、車業界のトヨタ・ホンダ・マツダ・三菱など、大手の車会社はプリウスに負けない燃費のいい車をたくさん出していますよ。
ちょっとしたランキングにしますと、皆さんがよくのるであろう軽自動車でしたら1位はトヨタのピクシスエポックというものがあり、また同率でスズキのアルトやダイハツのミライースがとてもいい車となっています。

スポンサーリンク

ミニバンですとやはり、トヨタのプリウスαが1位でありその次にホンダのフリードハイブリッド3位にシエンタと入っていきます。

ちょっと高めの車になりますと、オープンカーが有名でありますが、その中でも低燃費車として人気なのがスマートのフォーツカブリオやフィアットの500Cといったものがありますしクロカン・SUVでしたらマツダのCX5・レクサスのRXハイブリッド・ミニのミニクロスオーバーなど、様々な車の会社からたくさんの低燃費車が出ていることがわかります。

では、そのような車を買うと一体何がお得なのか?と言いますと、ガソリン代が凄く安くつくということです。
低燃費というのは、燃費のいい車であり、少ないガソリンでたくさん走れるので、例えば10リットル必要だった距離なのに、このような車に乗り換えると、なんと2分の1でいけたりするということもあります。

そう今までは片道分しか行けなかったのに、10リットルで往復分返ってこれるようになるというのが最大のメリットであると言えるでしょう。
この他にも、様々な特典がついていたりするので、安く買えたりするのです。
低燃費と言えば「プリウス」という代名詞が強くなっているかもしれません、特に車に興味がない人にとったらそれしか言葉が出てこないかもしれませんが、様々な会社で多種多様な車を作っていることを覚えていてください。
決してプリウスだけがトップをとっているのではなくて、軽自動車なら軽自動車のトップミニバンなら、ミニバンのトップがあることを覚えておいても損はないでしょう。

また、車を買うなら今がお得です。これから、さらに燃費のいい車が出るでしょうし、それが普通になってくると
やはり特典や割引といったサービスもなくなってくるので、車をかえようと思っている方、また新規購入しようと思っている方は今がチャンスですよ。

※順位等は2012年の初投稿当時のものです。

スポンサーリンク

2012-06-08初稿
2013-06-19再編集

世界から取り残されていく日本の「エコカー」 「日本車は燃費、品質がいい」はもはや幻想 

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。