韓国のコスメショップの使い方

 

この記事の所要時間: 331

最近の韓流ブームもあって、ソウルに行ったことがある人は増えていっていますね。ソウルに行けば必ずといっていいほど日本人が行くのが明洞というところです。

a0002_008689

明洞の紹介

明洞は韓国の銀座と言われることもあるようですが、もっとごちゃごちゃしているショッピングエリアです。ごちゃごちゃしているストリートの両側には、さまざまなお店がひしめきあっています。

その中でも目立つのが、コスメやメイクアップグッズを売るコスメショップです。いろいろなブランドのコスメショップが密集してあります。コスメショップの隣はたいていコスメショップになっています。

スポンサーリンク

コスメショップでの勧誘

コスメショップの前には、店員さんがシートパックなどのサンプルやサンプルを入れたかごを掲げて立っており、大声で日本語、中国語を交えながらお客さんを呼び込んでいます。

中には強引に腕をつかんでお店の中に引っ張り込もうとする店員さんもいるのですが、悪気があってしているわけでも強引な売りつけをしようとしているわけでもありません。初対面やよく知らない人の体に触ることは、韓国ではよくあることで、失礼なこととして考えられていないのです。
触られていやな場合は、毅然として腕を振り払えばいいでしょう。日本ではしないぐらいの不愉快そうな顔を露骨にしてもいいかもしれません。

無料でもらえるサンプル

コスメショップの店員さんたちの多くが叫んでいるのは、「見るだけ、ただ」、「サンプル、あげます」というセリフです。本当に無料なのか、結局何か買わされるのではないのかと疑問を持つ方も多いでしょう。結論からいえば、店員さんたちが言っているのは本当です。

ただし最近は、商品を買ったら最後のレジのところでしかサンプルを入れてくれないコスメショップもあります。コスメブランドによって違いがあるというより、コスメショップの店長の方針の違いのようです。
せっかくですから、無料でサンプルをもらえるコスメショップに入ってみてはどうでしょうか。

無料でサンプルをもらう方法

コスメショップの中には、お店の入り口のところでサンプルをくれるところがあります。サンプルをもらってすばやくぐるっと一周をして、出てきても誰も気にしません。
サンプルが入ったかごをくれる場合は、お店を出るときにサンプルだけをとりだしてかごを店員さんに渡す、もしくは入り口付近につまれているかごの上にかごを置いて出るとよいです。
もしかしたら店員さんがそばについてくるかもしれませんが、無視して歩いていけば大丈夫です。

商品の買い方1

コスメショップの店員さんは、お客様のそばについてお客様の買い物をサポートするように教育を受けています。気になることはどんどん質問してみましょう。こちらが質問しなくても、どんどん話しはじめる場合も多いです。
店員さんを積極的に活用してください。店員さんと仲良くなれば、無料でもらえるサンプル、おまけの種類が増えます。

商品の買い方2

気になった商品は手にとって試すことができます。こちらもどんどん試しましょう。
商品が並べられている棚には、商品の下に日本語表示と値段が書いている場合がほとんどです。だいたいどんなも商品かはすぐに予想がつくでしょう。
見ればわかりますから、店員さんの助けをかりずに1人でじっくり商品を見て回りたいという人もいるでしょう。そばについてくる店員さんがプレッシャーになるなら、「1人で見ますから」と言って店員さんを追い払いましょう。

会計の仕方

明洞のコスメショップでは、100%クレジットカードが使えます。日本で発行したクレジットカードで問題ありません。
それから、一定金額以上買い物をした場合にはTAXリファンドも受けられます。お店でTAXリファンドを申請してみてください。買った金額の7%?10%が還元されます。
会計するレジのところで、おそらくおまけをまた入れてくれます。欲しいサンプルがもしあれば、「このサンプルください」と要求してみましょう。

韓国に行ったらコスメショップで楽しく買い物してくださいね。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。