自分の印象を変える為のポイントは髪の毛

 

この記事の所要時間: 328

「少しでも自分の印象を良く見せたい」というのは、誰しもがもつ自然な欲望ではないでしょうか。とくに女性の場合、「この前会ったときよりもきれいな私を見せたい」という願望が強いようです。

簡単に印象アップするには、何をおこなえばいいのでしょうか。答えは、髪の毛にあります。

TWI86_egao500

メイクは重要ではない

「きれいになりたい」という気持ちが強い人は、どうしても化粧品をそろえたり、メイクの研究に時間をつぎこんだりしがちです。顔の部分をきれいにしたいからです。
しかし、これは誤りです。「きれいな人だな」という印象を与えるには、顔よりも髪に気を使って時間と労力をかけたほうが効果的です。

なぜならば、よっぽど親しい間柄ではない限り、近距離30センチメートルに近づくことはないからです。したがって、毛穴の開き具合や、ニキビやふきでものの数などの顔の細かい部分までには、人間の注意は向きません。

スポンサーリンク

メイクよりも髪に注意

むしろ、頭のてっぺんからつま先までの全体としての印象から「きれいな人だ」と他人は判断しがちなのです。
したがって服装と髪型で印象は左右できます。服装にはセンスが必要ですが、髪を変えるのは簡単です。

どのように髪を変えれば、印象アップにつながるのでしょうか。

髪の色を変える

最も簡単なのは、髪の毛を染めることです。わざわざ美容院に行って染めるのは面倒だという人は、ドラッグストアなどで髪を染める薬剤を買ってきてください。今は泡で満遍なく染められる薬剤が売られているので、初心者でも簡単にきれいに髪の毛を染めることができます。

少し髪の毛の色を明るくしただけで、「きれいになったね」と言われるに違いありません。

髪の長さを短くする

美容院に行かなければなりませんが、イメージチェンジの定番、髪を切るという方法があります。
さっぱりとしたあなたを見て、だれもが変身後の姿をほめてくれるでしょう。今はショートカットが定番になっている芸能人も、髪の長さを短くしたことでブレイクのきっかけをつかんだという人が多いのです。

髪の毛を長くする

髪の毛を長くするという方法もあります。美容院に行けば、エクステをつけてくれます。
エクステをつければ、短期間髪の毛が長い自分を楽しむことができます。髪の毛を長くすることで、エレガントさを演出することは可能です。

エクステが面倒な人は、ウィッグがあります。ウィッグは自分のなりたい髪形のものを買ってきて、装着するだけです。前髪だけのウィッグなどもありますから、自分の印象を変えたいときにぴったりの簡単小道具です。

髪の毛を巻く

髪の毛を巻くホットカーラーやアイロンを持っていますか。持っていないし、一度も使ったことがないという人も多いのではないでしょうか。

最近は技術が進歩していますから、何も知らない初心者でもホットカーラーやアイロンを使えば、きれいな巻き髪がつくれるようになっています。髪の毛を巻くだけで、ゴージャスだったり、エレガントだったりするイメージを簡単に演出できます。

髪の毛をアレンジする

自宅で、道具なしに簡単にできるのが、髪の毛をアレンジするという方法です。普段髪の毛をおろしっぱなしにしている人が、髪の毛をまとめあげただけでもずいぶんと印象が変わってくるものです。

複雑な編みこみまでマスターする必要はありません。最初は、ただ髪の毛をゴムでまとめて、ポニーテールにするだけでもずいぶんと違うでしょう。なれてくれば、ピンをつかって髪の毛の先を頭部に留めていきましょう。インターネット上に公開されている「簡単ヘアアレンジ」などの動画を見れば、すぐにできるようになるでしょう。

髪の毛のトリートメント

髪型が変わったとしても、肝心の髪の毛が痛んでいれば「きれいだ」という印象を人に抱かせるのは難しくなります。
髪の毛のトリートメントは、こまめにしましょう。シャンプー後のトリートメント剤や、ドライヤー後のトリートメント剤、朝起きた後のトリートメント剤などがあります。

スポンサーリンク

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。