ISDN導入前の注意点
MENU
ISDN
ISDN TOP
ISDNとは
ISDNの特徴
導入前の注意点
ISDNのオプション
ISDN申し込み


0から始めようインターネット常時接続 HOME

ターミナルアダプター

ISDNで接続するにはDSUとターミナルアダプターが必要だが、現在では殆どのターミナルアダプターにDSUが内臓されている。
ISDNに切り替えると電話などの機器もターミナルアダプターから接続することになるので、接続する機器の数だけアナログポートが 必要。(ISDNでは原則としてブランチ接続(数珠繋ぎ接続)は出来ない。)また、ISDN切り替え後はターミナルアダプターが無ければ 電話などの機器も使えないため、必ず工事日までに用意しましょう

その他ターミナルアダプター購入時には以下の点もチェックした方が良いでしょう。

停電モード
電池等を内蔵して、停電時でもターミナルアダプタが使えるようにする機能です。 これがないと、停電時にターミナルアダプタが作動しないため、アナログ電話も使えなくなってしまいます。

付加サービス
ナンバーディスプレイやi・ナンバーなどの付加サービスを利用する場合にはそれぞれのサービスに対応している機種を選ぶ必要があります。 (現在、最新の機種は殆どのサービスに対応しています。)

ルーター
複数のパソコンを接続する場合やセキュリティ対策としてルーターの導入を考えている場合は、ターミナルアダプターとルーターが 一体となっているタイプを選択するのも良いでしょう。

ターミナルアダプターの設置

ターミナルアダプターの設置はさほど難しいものではありません。
まずモジュラージャック(壁にある電話線の差込口)へターミナルアダプターに付属しているモジュラーケーブルを差し込む。
もう一方をターミナルアダプターの回線コネクタへ差し込む
ターミナルアダプターのアナログポートと電話などの機器を接続する。
ターミナルアダプターのデータポートとパソコンのシリアルポートを付属のケーブルで接続する。
電源を入れて電話からトーンが聞こえればOK!。マニュアルに従ってパソコンを設定すればインターネットに接続出来ます。
パソコンとターミナルアダプターはUSBで接続することも出来ますが、筆者の経験ではシリアルポートで接続した方が安定するようです。

注:アナログ回線には「トーン回線(プッシュホン回線)」と「パルス回線(ダイヤル回線)」がありますが ISDNでは全て「トーン回線」になります。
パルス回線からISDNに変更された方は必ず 電話やパソコンの設定を「トーン回線」に変更するのを忘れないようにして下さい。









Powered by "Naruse Contents Planning"