FTTHの今後
MENU
FTTH
(光ファイバー)
FTTH TOP
FTTHとは
FTTHの特徴
FTTH事業者
FTTHの今後
B・フレッツ申し込み


0から始めようインターネット常時接続 HOME

前述してきたように現状では普及に向けて何かと障害のあるFTTHであるが、現在インターネット上に存在するコンテンツではまだ 無理をしてFTTHを導入する必要がない、言い換えれば魅力のあるコンテンツの不在も足かせとなっている。
しかし、100M/bpsというそれまでの常識を覆すインフラはコンテンツプロバイダーなどにとってはまさにビジネスチャンスであり 今後様々な試みが計画されている。
例えば電力会社が次々とFTTH事業に参入を表明しいるが、東京電力などはコンテンツ製作会社も立ち上げFTTH事業にかなり力を入れて いるようでADSLのように各社の競争よる低価格化も期待出来る。
コンテンツが充実すれば”FTTH加入者が増える→通信機器などのコストが下がる→導入コストが下がる→加入者が増える”という 好循環も期待出来るかもしれない。

また、FTTH導入が難しい集合住宅もこれから新築されるマンションなどでは当初からFTTHの利用を前提としたインターネットマンション 等も増えると思われ、IT業界の進歩の速さを考えれば普及するのは意外に早いかもしれない。








Powered by "Naruse Contents Planning"