FTTHの特徴
MENU
FTTH
(光ファイバー)
FTTH TOP
FTTHとは
FTTHの特徴
FTTH事業者
FTTHの今後
B・フレッツ申し込み


0から始めようインターネット常時接続 HOME

FTTHの特徴としてはまずADSLのように距離の影響を受けず、サービスエリア内であれば局から離れた場所 でも利用出来、通信の安定性は抜群です。
通信速度は最大で100M/bpsと超高速(加入するサービスによっては10M/bps)で上りも下りも同速。 これだけ速いとパソコンの処理能力も求められるのでFTTH導入の際はパソコンも上位機種にしたほうが良いかもしれません。 またルーターなどの周辺機器も高性能なものを用意したほうが良いでしょう。
しかし今のところサービスエリアは都市部の中のごく一部に限られており、またADSLが普及の過程にあるためFTTHへのニーズがまだ少ないのも ありサービスエリアの拡大ペースは遅いようです。

他にFTTHの主な特徴は

ADSLに比べてコストが高い
NTTでは最も安いマンションタイプで月額3800円でプロバイダー料も2500円から4000円程度。
有線ブロードネットワークスでは月額6100円。
また初期費用も光ファイバーを家庭に引き込む工事が必要なため高額になる。

開通まで時間がかかる
光ファイバーをどのような経路で家庭まで引き込むかの事前調査に時間がかかり、申し込みから数ヶ月待たされる場合もある。

集合住宅への導入には課題が・・
マンション等の集合住宅への導入の際には建物内での大掛かりな工事が必要になり家主や管理組合の承認が必要になる。
集合住宅への光ファーバー接続においては、現状ではもっぱら新築マンションに最初から光ファイバーを敷設する方法が取られているようです。
また管理組合などとの調整がうまくいった場合も、集合住宅では共有スペースまで光ファイバーを引きそこからLANケーブルで分岐して 使う方法が取られているため、一戸建て住宅などでのサービスに比べれば品質が劣るのが現状です。

電話回線との共用は出来ない。(NTTのマンションタイプを除く)
基本的に別回線となる。
注:光ファイバー自体は電話回線としての利用も可能なのだが、現在のところコスト面などから電話との共用は出来ないサービスが 提供されている。

LANで接続
ADSLと同様にLAN接続となるのでLANボード(もしくはLANカード)とLANケーブルを用意しなければならない。
また100M/bpsタイプのサービスに加入する場合は当然100BASE-TXタイプのLAN機器が必要となる。

通信速度100M/bpsというのは100M/bpsの光ファイバーを複数ユーザーで利用するベストエフォート型のサービス提供のため、利用状況に よって実効速度は変わってくる。
実際のスループットは数M/bps〜20M/bpsとなる場合が多いようです。







Powered by "Naruse Contents Planning"