セキュリティー
MENU
etc
セキュリティー


0から始めようインターネット常時接続 HOME

ウイルス

「トロイの木馬」など有名(?)なウイルスも増え、その影響が新聞紙上を賑わせることもありますが、ウイルスとは 一種のプログラムです。これは巧妙に仕組まれているためユーザーが気づかない内にパソコンに取り入れている場合も多く この「プログラム」が動き出すとパソコン内のデータが消されたり、同じウイルスをメールで他人に送信して感染者を増やし たりします。現在ではメールにウイルスが隠されている場合が多く、特定のメールソフトの弱点を突くようなウイルスが 増えています。
対策としてはまず信用できる送り主からのもの以外は、メールの添付ファイルを開かないことです。
しかし、添付ファイルを開かなくてもメール本文をプレビューしただけで感染するタイプのウイルスもありこれだけでは 万全とは言えません。以下にOutlook Expressの設定による対策を述べますが、最終的には やはり「アンチウイルスソフト」を導入した方が良いでしょう。

Outlook Expressの設定

プレビュー時のダウンロードを禁止する
Outlook Expressのメニューから「ツール」→「オプション」→「読み取り」タブを選択。
「プレビューウインドウで表示するメッセージを自動的にダウンロードする」欄のチェックを「空白」にする。
こうすることで、プレビュー時にHTMLメールによって勝手にファイルをダウンロードすることを防ぎます。

プレビュー画面を消す
Outlook Expressのメニューから「表示」→「レイアウト」で「プレビューウインドウを表示する」欄のチェックを「空白」にします。
プレビューウインドウがなくなればメールを見るときに一覧から選択することになるので、その時点で怪しいメールを削除できます。

アンチウイルスソフト会社
シマンテック
トレンドマイクロ




不正アタック

常時接続の危険

ADSLであれFTTHであれ常時接続をすればダイヤルアップよりもハッキングの危険は増します。
インターネットに接続すると常時接続でもダイヤルアップでもIPアドレスが割り当てられます。 IPアドレスとはインターネット上の住所のようなものですが、このIPアドレスを他人に知られるところからハッキングが始まります。

ダイヤルアップ=接続している時間が短い→IPアドレスを知られる機会が少ない。
常時接続=接続している時間が長い→IPアドレスを知られる機会が多い。

またダイヤルアップであれば接続→切断を繰り返すたびに別のIPアドレスが割り当てられるので、他人にIPアドレスを知られても 一回切断をすればとりあえず危険が去りますが、常時接続の場合同じIPアドレスを長時間使うことが多くなるのも危険が増す原因になります。

他人にIPアドレスを知られてしまう例
掲示板への書き込み--不正な書き込みを防止する意味もあって書き込み時に書き込み者のIPアドレスを取得される場合が多い。
ネットワーク対戦ゲームやICQなどの利用--これらは必然的にサービス提供者や利用者にIPアドレスを知らせることになります。
ホームページへのアクセス--悪意のあるなしに関わらずいろんな理由で訪問者の記録を取得しているホームページがたくさんあります。

「絶対にIPアドレスを他人に知られない方法」はありません。


セキュリティチェック

以下のホームページで現在使用しているパソコンのセキュリティをチェック出来ます。
Shields UP!
パーソナルセキュリティ研究所
Symantec
DSL reports


不正アタック対策

実際のセキュリティ対策として素人でも簡単に行えるものとして以下のものがあります。

ファイアーウォールなどセキュリティソフトの導入。
代表的なソフトとして Norton Internet SecurityZone Alarmがあります。
Zone Alarmには無料のZone Alarm Freeもあり セキュリティUPに詳しい情報と日本語化パッチがあります。

ルーターを導入し簡易ファイアーウォール機能を使う。
ルーターの簡易ファイアーウォール機能とはルーターのNATとDHCPという機能により外部からは分からない IPアドレスを使うことによりセキュリティを確保します。

セキュリティに関してもっと詳しい情報を知りたい場合は以下のサイトを訪問してみてください。
パーソナルファイアーウォール







Powered by "Naruse Contents Planning"