ADSL導入後の注意点
MENU
ADSL
ADSL TOP
ADSLとは
ADSLの特徴
ADSL導入前の注意点
ADSL事業者
ADSL導入後の注意点
フレッツ・ADSL申し込み
Yahoo! BB申し込み


0から始めようインターネット常時接続 HOME

ハードウェア

ADSLモデムはノイズの影響を受けやすいので冷蔵庫やテレビなどの家電製品からは離して設置する。
またモジュラ-ジャックからの電話線は出切るだけ短くしてモデムとパソコンを繋ぐLANケーブルを長く使った方が良い。

電話着信時に一端ADSLが切断されるケースがあるが、これはNTT内の保安器の問題で発生する。NTTに連絡すれば 有償で保安器の交換をしてもらえる。



ブラウザの設定

それまでダイヤルアップで接続していた場合、ブラウザがダイヤルアップ用に設定されているのでブラウザを立ち上げる度に ダイヤルアップ接続ウインドウが出てしまうので、設定を変更します。
インターネットエクスプローラー5.xの場合
ツール→インターネットオプション---接続タブをクリック
ダイヤルアップの設定の項目で「ダイヤルしない」をチェック
(ついでにLANの設定も確認しておきましょう。)
「LANの設定」をクリック→全てのチェックボックスが空欄になっていることを確認。

MTUの設定

ADSLでは各サービスで表示されている通信速度はあくまでも最高速度である事は既に述べましたが、局からの距離も近く ハードウェアにも問題がないのに極端に速度が出ない場合があります。これはパソコンがADSLのような高速通信をする設定に なっていないことが考えられます。このようなときにMTUとRWINの数値を変更することで解決出来ることが多いのですが、 具体的な設定方法は JANISネットワークの「MTUとRWINの調整方法」に詳しく紹介されています。

トレンドマイクロ社のウイルスバスター2001を使っている場合は問題の発生が確認されています。 こちらで問題の詳細と対策が 発表されているので確認しておきましょう。



Powered by "Naruse Contents Planning"