洗顔って何だろう

   


洗顔Q&A マツエクにオイルクレンジングは本当にダメ?その理由は?

Q:マツエクをしたら、オイルクレンジングは使わない方が良いと聞きました。
本当にオイルクレンジングはNGですか?その具体的な理由などは何なのでしょうか。

A:マツエクの接着剤が油分に触れると崩れやすくなると言われています。
ただし、オイルクレンジングを使ったらすぐ取れるということではありません。

スポンサーリンク

マツエクに使用する接着剤(グルー)

まつ毛エクステを接着する際、専用の接着剤であるグルーを使用します。

ただ、専用のグルーと言っても成分はシアノアクリレート系で、これは瞬間接着剤と同じもの。

グルーは水分に反応して固まるのですが、この際に毒性の強いホルムアルデヒドという物質が発生します。

マツエクが目に悪影響と言われる1つがこのためですが、ホルムアルデヒドの放散量はシアノアクリレートの種類によっても異なります。

一般的に、ブチルシアノアクリレートはそのリスクが低いものと言われます。

グルーは油分に弱いのか

マツエクの取り扱いでよくサロンの方が口にするのが、オイルクレンジングを避けてくださいというもの。

グルーが油分の影響で崩れやすくなるためで、マツエクの持続力が落ちることが理由です。

私もマツエクをした時には同じように説明を受けました。

グルーの成分であるシアノアクリレートが油分に弱いかどうか調べた結果、しっかり根拠を示したものはこれといって見られません。

ただ、瞬間接着剤を除去するために使うアセトン(除光液などの成分)は、脂溶性のものをよく溶かす特徴があります。

脂溶性とは油に溶けやすい成分のこと。

油性のメイクを落とすオイルクレンジングがNGというのと関連があるのかもしれません。

一方で、途中でマツエクを外したくなったからオイルクレンジングで取ろうとしたけど、全然取れなかった…こんな意見を目にしたこともあります。

シアノアクリレート系の瞬間接着剤で耐油性ありの製品もありますが、マツエク用に開発された接着剤ではないため一概にグルーにも同じ性能を結びつけられないでしょう。

マツエク界では一般的な知識として広まっているので、油分が全くグルーに影響を与えないとは言い切れません。

ただ、オイルクレンジングを使うと直ちに取れてしまう、ということではないようです。

また、かずのすけさんという方がブログでグルーとオイルクレンジングを使った実験もされているので、参考にしてみてください。

かずのすけさんのブログ:オイルクレンジングは【マツエク】に使えないってホント?|かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき

もっとも大事なのは洗い方

私はオイルクレンジングを使っていませんが、つけたその日に1本マツエクが外れました。

外れたのは洗顔後。

もちろん洗顔料の油分が影響したことは否定できませんが、マツエクに慣れていない状態での洗顔、水分の重さなどもかなり負担になったと思います。

オイルクレンジングを絶対に使ってはいけないというより、いかにマツエクの接着部分に負担をかけないか(こする、引っ張るなど)が大事かと思います。

スポンサーリンク

 - マツエク

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい