洗顔って何だろう

   


洗顔Q&A マツエクしているときの洗顔料って何でも良いの?

Q:マツエクをしたときの洗顔ですが、洗顔料はいつもと同じものを使っても大丈夫ですか?
洗顔料によってとれやすくなる心配はあるのでしょうか?

A:油分が多いものは影響与える可能性がありますが、洗顔料によって大きな差が出ると一概には言えません。

スポンサーリンク

マツエクに悪影響と言われる成分とは?

一般的に、マツエクをつけるときに使う専用の接着剤(グルー)が油分に弱いとされるため、それを多く含むスキンケアは避けた方が良いと言われます。

しかし、グルーの成分(シアノアクリレート系)がなぜ油分に弱いのかというのは、調べたところではハッキリしませんでした。

仮に油分が影響を与えやすいというのを前提に考えれば、洗顔料も同様に油分がたくさん配合されたものは不向きでしょう。

例えば洗い上がりしっとり、保湿成分たっぷりなどの洗顔料はそれに当てはまる可能性があります。

石油系界面活性剤もダメ?

また、石油系の界面活性剤(ラウリル硫酸Na など)が含まれていると良くない、植物系ならOKという意見も目にします。

界面活性剤は水と油を馴染ませて落ちやすくするため、マツエクのグルーにも悪影響という理由。

特に肌に悪いとして広まった石油系界面活性剤が敵視されているようです。

ただ、石油系の界面活性剤=石油からできているわけではありません。

多くの界面活性剤は石油や植物から作られますが、石油系と呼ばれる界面活性剤が植物オイルからできていたり、逆に肌に優しいと言われる界面活性剤でも石油を原材料に作ることもできるのです。

つまり、界面活性剤が石油系か植物系かでマツエクへの良し悪しを判断することは困難と言えます。

サロンで取り扱われているものを参考に

上記のことから、自力でマツエクに悪影響かそうでないかを判断することはなかなか難しいと言えますね。

洗顔料の成分よりも、洗い方に注力した方が良いでしょう。

また、マツエクを行うサロンでは、マツエク専用のクレンジングや洗顔料を取り扱っていることが多いはずです。

どうしても気になる人は、それらも検討してみてください。

スポンサーリンク

 - マツエク

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい