洗顔って何だろう

   


洗顔Q&A 洗顔時にニキビの膿が出てしまうと跡になる?対処法は?

Q:洗顔した後、化膿しているニキビが破れて膿が出ていることがあります。
潰すと跡になるとよく言いますが、この場合もニキビ跡になってしまいますか?化膿ニキビがある場合、どのように洗顔すれば良いでしょうか?

A:ニキビを潰すと必ずしも跡になる訳ではありません。
基本は化膿した部分を指で直接触らないよう、泡だけで洗うようにしましょう。

スポンサーリンク

ニキビ跡ができるのはなぜ?

白ニキビや黒ニキビなど、毛穴に皮脂や古い角質が詰まっただけのニキビで跡が残ることはまずありません。

跡になるリスクがあるのは赤ニキビや黄ニキビなどの炎症を伴うニキビ。

膿になっている場合も炎症を起こしているので同様です。

炎症しているニキビは、その部分に傷を負っていることになります。

体の免疫システムにより修復がはかられますが、この時に働くのがメラニン。

メラニンはシミの元として知られる存在なのですが、本来は肌を刺激から保護するもの。

炎症ニキビという刺激から皮膚を守るためメラニン色素が増殖し、色素沈着というニキビ跡になるのです。

また、クレーターと呼ばれるニキビ跡は、真皮や皮下組織にまでダメージが及ぶニキビによってもたらされることが多い症状。

クレーターにまでなると、完全に治癒するのは困難と言われています。

このように、ニキビは潰したから跡になる訳でなく、色素沈着や炎症(ダメージ)の度合い、肌質などによって跡になるリスクが異なります。

「潰れるとニキビ跡になる」というのは、潰すことで色素沈着(刺激の増加)やクレーター(傷の悪化)のリスクを高める危険性があるからなのです。

ニキビの膿が出た時の対処法

出た膿はティッシュやコットンなどで綺麗に除去し、皮膚の清潔を保つことが大切です。

なるべくニキビ自身に触れないようにし、洗顔後のタオルドライも炎症部分を避けます。

ニキビ周辺の水分はテイッシュなどで優しく除去しますが、グイグイ押すなど自己流でそれ以上の膿を出すのはNG。

出てしまった膿だけ除去してください。

膿を完全に出し切った方が早期回復に繋がりますが、それは専門機関で施術してもらった時の場合です。

自己流で行えば、傷口から細菌が入り炎症が悪化、結局膿を取りきれず余計な刺激を与えるだけ…こんな事態になることも。

どうしても膿を出したいなら、必ず皮膚科など専門医に依頼しましょう。

皮膚科などで専用の薬をもらい塗るのがベストですが、突如潰してしまうこともありますね。

その場合は低刺激のスキンケア用品でケアし、丁寧な保湿ケアを行いましょう。

肌への潤いが十分維持されることでターンオーバーを正常に保ち、傷の回復を早めることができます。

化膿ニキビがある時の洗顔方法

基本的に、化膿ニキビには指で直接触れないよう洗顔します。

触ると潰れやすくなるだけでなく、余計な刺激を与えて色素沈着のリスクも高まりますよ。

洗顔料をしっかり泡立てたら、泡だけを動かすようにしてニキビに触らないように洗いましょう。

すすぎの際も極力ニキビに触れないよう、手ですくったぬるま湯をあてがうようにして綺麗に落とします。

スポンサーリンク

 - 洗顔Q&A

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい