洗顔って何だろう

      2019/06/19


洗顔Q&A 洗顔後の顔の違和感の原因は?正しい洗顔でもこわばる理由

Q:泡洗顔で優しく洗い、ぬるま湯ですすいでいます。
それでも洗顔後に顔がこわばったり、違和感を覚えるのはなぜでしょうか?

A:洗顔料そのものが合っていない可能性と、普段のケアでの保湿不足が考えられます。
ただ、洗顔後の違和感が必ずしも悪影響なものとは言えません。

スポンサーリンク

洗顔後の顔の違和感はなぜ起きる?

顔を洗った後、ツッパリ感やこわばりなどの違和感を覚える時があります。

多くは洗顔によって一時的に潤いが失われ、乾燥に傾いたことで起きる現象。

肌機能が正常であれば、時間とともに潤いも回復されて違和感も解消されます。

洗顔後の違和感を悪化させる理由としては、間違った洗顔方法や洗顔料が合っていない、肌機能そのものが低下していることなどが挙げられます。

今回のケースですと、洗顔方法は間違っていないということなので、洗顔料との相性、もしくは洗顔後のケア不足が想定できますね。

洗顔料は今の自分の肌に合っていることが前提

口コミで評価が良い、高価であるといった要素は、あくまで判断材料の1つ。

最終的には、実際に使ってみて判断するしかありません。

洗顔料そのものが合っておらず、潤いを過剰に奪ってしまえば洗顔後の違和感につながるでしょう。

特に注意したいのが、スクラブ洗顔料、ニキビ用に作られたタイプ。

これらは一般的に洗浄力が強いことが想定されるため、必要以上に突っ張る、こわばるようであれば使用を控えましょう。

洗顔後のケア不足により慢性的な潤い不足の可能性も

健康な状態の肌であれば、洗顔後に多少違和感を感じても自然に回復します。

しかし、肌機能が低下していれば別。

回復されるはずの潤いが不足したままとなり、強いツッパリや違和感につながるかもしれません。

この原因は、日頃の保湿ケア不足が考えられます。

スキンケアの行程で、肌に最も潤いを与えてくれるのは美容液です。

高価なイメージもあり、人によっては省く行程でもあるかもしれませんね。

しかし、違和感を覚えるほど乾燥が進んでいるのなら、美容液の導入も検討しましょう。

しっかりと保湿を行って肌機能が回復すれば、洗顔後の違和感も軽減されるはずですよ。

スポンサーリンク

 - 洗顔Q&A

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい