洗顔って何だろう

   


洗顔Q&A アトピー体質の人は洗顔石鹸をどう選ぶ?

Q:ニキビ改善に有効と聞いた洗顔石鹸に興味がありますが、アトピー体質です。
どのような洗顔石鹸を選べば良いでしょうか。

A:アトピー体質の人は洗顔石鹸が刺激になる恐れがあります。
洗浄力の強すぎるタイプは避けましょう。

スポンサーリンク

洗顔石鹸のメリット・デメリット

石鹸が通常の洗顔フォームと大きく異なる点は、弱アルカリ性であることです。

肌が健康を維持できる状態は弱酸性と言われています。

言わば逆の性質を持つ弱アルカリ性の石鹸が皮膚に触れることで、中和が起こり酸性の皮脂や汚れを落としやすくしてくれるのです。

アルカリ性の石鹸は酸性の汚れを中和して落としやすくするのと一緒に、自身の洗浄力も失います。

石鹸の洗い上がりがスッキリするのもこのためで、余計な洗浄成分を肌に残すリスクが低いのです。

アルカリ性による高い洗浄力と皮膚への安全性、2つの大きなメリットがあります。

デメリットは洗浄力の高さゆえ、洗いすぎる危険性があること。

特に刺激に弱いアトピー体質の人が石鹸を使うと、洗浄力が負担になって症状の悪化を招く恐れもあります。

繰り返しになりますが、肌が健康な状態は弱酸性。

アルカリ性の石鹸で顔を洗っても、肌自身に弱酸性に戻ろうとする力があるため健康な人はそこまで問題になりません。

しかしアトピー体質の場合は別。

皮膚の健康状態が低下しているため、肌の中和能力も衰えているはずです。

元々の肌機能も高くないと考えられるでしょう。

さらに角質層の潤い物質がしっかりと作用し、バリア機能を維持するには弱酸性の状態が必要です。

石鹸洗顔でアルカリ性に傾いた肌は、一時的とはいえその機能が低下した状態。

それを問題なく回復できる肌なら良いのですが、アトピーの人はただでさえバリア機能が低いと言われています。

石鹸洗顔でその悪化が進めば、症状の改善が遠のく危険性も考えられるでしょう。

スポンサーリンク

アトピーの人が気をつけたい石鹸洗顔の選び方

アトピー体質の人は無理に石鹸洗顔にこだわるより、潤い保持や刺激となる成分を避けることが重要です。

洗顔フォームがどうしても合わないので石鹸に…という場合、同様に刺激になりやすい成分が入っていない石鹸が好ましいでしょう。

さらに、洗浄力がマイルドなものが良いですね。

石鹸の主成分は脂肪酸です。

一言に脂肪酸といっても種類がありますが、皮膚に優しいと言われるのはオレイン酸。

体に良いオイルとして有名なオリーブオイルは、オレイン酸を豊富に含むオイルの代表です。

オリーブオイルの石鹸で有名なものでは、アレッポの石鹸が挙げられますね。

アレッポの石鹸サイト:アレッポの石鹸

石鹸の生成方法はいくつかありますが、アトピー肌向けを考えるとコールドプロセス製法のタイプが適しています。

コールドプロセス製法は低温で石鹸を生成する方法のことで、生成過程で保湿成分のグリセリンが抜けないまま石鹸に含まれます。

肌の潤いが奪われすぎるのを避けられるので、乾燥しやすい肌に向いているのですよ。

スポンサーリンク

 - 洗顔Q&A

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい