洗顔って何だろう

   


洗顔Q&A 朝の洗顔は「ぬるま湯or洗顔料」、どっちが良いの?

Q:顔の洗いすぎは必要な皮脂を奪うと聞き、朝だけぬるま湯洗顔にしました。

しかし、ぬるま湯洗顔した日は毛穴が開いたりニキビが悪化。

逆に洗顔料を使うと肌がマシになります。

結局はどちらが良いのでしょうか?

A:どちらが良いというものではなく、使い分けが重要です。

スポンサーリンク

ぬるま湯のみの洗顔をする理由

皮膚にとって良くない行為の1つが、過剰な洗顔です。

1日に何度も洗ったり、洗顔料の洗浄力が強すぎる、時間をかけすぎるといったことが挙げられます。

こうした過剰な洗顔を避けるために行うのがぬるま湯のみの洗顔。

強い洗浄成分を用いらず、ぬるま湯だけの洗浄力で洗う方法です。

洗顔料に含まれる界面活性剤。

油分と水分を混ざり合わせて優秀な汚れ落ちを実現させる一方で、必要な皮脂までも奪うというリスクが伴います。

必要な皮脂が奪われた肌は乾燥に傾き、バリア機能が低下。

反面乾燥を補おうと皮脂量が増加し、ニキビや毛穴のトラブルにも繋がるのです。

ぬるま湯のみで洗顔を行うことである程度の汚れは落としつつ、必要な皮脂は奪わない洗顔が可能になります。

皮膚常在菌と呼ばれる、肌環境の維持に関わる菌を殺しすぎない意味でもぬるま湯洗顔は有効でしょう。

ただしクレンジングが必要なメイクをしている、体質的なオイリー肌である場合などは別です。

朝にぬるま湯洗顔を行うパターンが多いのは、夜の洗顔とスキンケア後に寝るだけなので、洗顔料を使うほどの汚れはついていない、という考えのため。

しかし、皮脂が酸化して酸化脂質が増えることも肌荒れの原因になると言われており、洗顔料で洗った方が良いという見方もあります。

スポンサーリンク

ぬるま湯洗顔で肌トラブルが起きるのはなぜ?

ぬるま湯洗顔に切り替えると、ニキビが増えたり毛穴トラブルになる。

この場合は肌機能が低下していることによるトラブルなのか、ぬるま湯洗顔そのものが合っていないかの2パターンが考えられます。

まずは肌機能の低下である場合。

これまでのNGなケア、季節的・年齢的な要因で肌の機能が低下することがあります。

例えばインナードライに陥っていると、皮脂量が多いのに角質層の潤いは少ない状態です。

ぬるま湯洗顔にすることで増加した皮脂が取りきれず、トラブルに発展するものと思われます。

しかし、根本的な原因はぬるま湯洗顔ではなく、インナードライになっていること。

洗いすぎないという方向性は間違っていないので、あとは保湿を徹底することが重要です。

どうしてもニキビが気になるなら洗浄力の低い洗顔料で様子を見つつ、美容液などで保湿を入念に行う。

ニキビが落ち着いたらぬるま湯洗顔に切り替えて、様子を見ながら肌に合っているか確認しましょう。

次にぬるま湯洗顔そのものが合っていない場合です。

単純にぬるま湯だけの洗顔では、メイク残りや古い角質、酸化した皮脂汚れなどが取りきれずトラブルを起こしているのでしょう。

体質的に皮脂が多い人、毛穴が詰まりやすい人はこのような事態になると想定されます。

思春期で皮脂が出やすい時期も同様ですね。

結局どっちが良いの?

肌にとっては洗いすぎを避けることは大切ですが、ぬるま湯洗顔に固執すれば良いものでもありません。

明らかに洗顔料が肌に悪影響でなければ、洗いすぎないように使えば良いでしょう。

逆の場合は、上述のようになぜ調子が悪くなったか理由を探ること。

その上で、

・ 洗いすぎによるインナードライ → ぬるま湯洗顔
・ 体質的なオイリー肌などで皮脂や汚れ落ちが不十分 → 洗顔料を使う

といったように、肌質や状態によって使い分けるのが大事なのです。

皮脂が多いTゾーンだけ洗顔料を使う、夏場だけ使うなど部位や季節での使い分けも有効でしょう。

 - 洗顔Q&A

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい