洗顔って何だろう

   


洗顔Q&A:水やぬるま湯の洗顔だけで汚れはどこまで落とせる?

Q:洗顔料を使わず水やぬるま湯だけで顔を洗う場合、どの程度汚れを落とすことができますか?メイクも綺麗に落とせるのでしょうか?

A: 水の温度で洗浄力に差がありますが、軽い汚れや皮脂程度は落とせます。多くのメイクは洗い残しのリスクが高まります。

スポンサーリンク

水やぬるま湯だけの洗顔で洗いすぎのリスクを防ぐ

洗顔は汚れや古い角質を取り除く上で重要な行程ですが、やり過ぎると肌を傷めるだけ。

特に洗顔料を使いすぎる行為は肌の健康を損ね、乾燥やニキビ、敏感肌といったあらゆるトラブルの引き金になります。

こういった「洗いすぎ」を防ぐ手段の1つが水やぬるま湯での洗顔。

洗顔料を使わず、水やぬるま湯で皮膚についた汚れを落とす方法です。

どれくらい汚れは落ちるのか

汚れ落ちの観点から言えば、冷たい水よりもぬるま湯の方が落ちます。

食器を洗う際、冷水よりもお湯を使った方が汚れ落ちが良いですよね。

これはお湯を使うことで、油汚れが溶けやすくなるため。

皮脂も同じく、冷水よりも温度の高いお湯で洗った方が皮脂汚れなどが落ちやすくなります。

冷たすぎる水の場合、毛穴が収縮して汚れ落ちが悪くなるのも洗顔に向いていない理由です。

ただし、熱すぎるお湯を使うと必要な皮脂まで奪い去られるため厳禁。

理想はぬるま湯程度なのですが、体温よりも低い温度が目安になります。

テルモ体温研究所によると、日本人の体温の平均は36.89度とされるため、これよりも低い32~36度くらいとなるでしょう。

参考:なぜ体温は37℃なのか?|体温の基礎知識|体温と生活リズム|テルモ体温研究所

いちいちお湯の温度を計るのが面倒…という場合、私が目安にしている方法は「手でさわるとぬるい、体にかけるとぬるすぎる(冬だと冷たい)」と感じるくらいを基準にしています。

メイクの場合は汚れ残りが不安

ファンデーションやアイライン、チークといったコスメには、油分が含まれていることがほとんど。

こうした油性の汚れを水だけで落とすのは困難です。

メイクをした日はクレンジングと洗顔料を使って洗った方が良いですね。

特にウォータプルーフ系を使った時はなおさらでしょう。

洗いすぎを懸念する人もいるかもしれませんが、それよりもメイク汚れが肌に残るリスクの方が悪影響。

通常通り正しい洗顔をすれば、即座に洗いすぎのリスクにつながることは考えられません。

雑菌の繁殖や環境にも注意

皮膚の健康を守る皮膚常在菌。

これを減らしすぎない目的でも、洗顔料を使わない方法が推奨されています。

ただ、肌にとって良い菌だけが存在しているわけではありません。

顔によく触れる枕やタオル、手指にも多くの菌が付着していますし、外出した日も菌や大気の汚れを避けては通れないものです。

そのため肌の調子が悪いにもかかわらず、無理に洗顔料を避けるスキンケアを続けるのはおすすめできません。

どうしても洗顔料を使う回数を減らしたいなら、夜だけ使う、数日に1回は洗顔料で洗うなど徐々に使用頻度を減らしてみましょう。

スポンサーリンク

 - 洗顔Q&A

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい