洗顔って何だろう

   


洗顔Q&A:洗顔ブラシって本当に効果的なの?注意点はある?

Q:洗顔ブラシで顔を洗う方法がありますが、どんな肌質の人でも安全に使えるのでしょうか?ブラシに雑菌が増えやすいと聞きましたが、それは本当ですか?

A:肌質やブラシの種類により効果に差があると思います。雑菌については取り扱い次第です。

スポンサーリンク

洗顔ブラシとは?

ここ数年で普及してきた洗顔ブラシ。

その名の通り洗顔時に使用するブラシのことで、手ではなくブラシを使って顔を洗います。

歯ブラシのような毛先ではなく、洗顔用の細く柔らかい素材が用いられるため肌への負担も最小限に抑えられています。

手でクルクルと回しながら洗うタイプ、電動タイプ、電動+超音波振動がついているタイプなど様々な洗顔ブラシがあるようです。

洗顔ブラシの実際の効果

私自信は洗顔ブラシを使用したことがないため、効果や使い心地等はわかりません。

口コミや評価を調べてみると、毛穴の目立ちが改善したり肌色がワントーンアップした、という好意的な意見が見られます。

一方マイナスの意見というと、洗いすぎ感がある、ヒリヒリするときがある、といった声。

肌やそのときの状態により、ブラシが刺激になることが考えられます。

これを踏まえると、かなりの敏感肌であったり赤ニキビなど炎症がある場合は使用を控えた方が良いでしょう。

顔用に優しく開発されたブラシではありますが、やはり異物に変わりありません。

最初はブラシを積極的に肌につけるのではなく、泡だけを滑らせるように使って様子をみると良いかもしれないですね。

もちろん製品ごとの相性もありますから、合わないと感じたら即刻中止しましょう。

手動と電動の違いは?

手動タイプは手でクルクルと洗う方法になるようです。

電動タイプはブラシが勝手に動いてくれるので、それを滑らせるだけになります。

前者は自分で動かす分コツがいりますが、力の加減はしやすいでしょう。

後者は手軽な反面洗いすぎや刺激の与えすぎに注意が必要です。

超音波付きの電動ブラシについて

洗浄力を考えるなら、筆者が個人的に優位だと思うのは超音波付きのタイプです。

人に聞こえないくらいの超音波を皮膚に与えると、高速で振動し毛穴の汚れが浮くので落ちやすくなります。

もちろん自分の肌質に合っていることが前提ですよ。

またいずれのタイプでも、洗いすぎのリスクを考慮すれば毎日や1日に何度も行うには向いていない洗顔となるでしょう。

毛穴詰まりがひどい、角栓が増えている部分に使うなど、状態やパーツごとに使い分けするのが良さそうです。

雑菌繁殖のリスクについて

製品ごとに取り扱い方法があると思いますが、洗って水を切った後に乾燥させておくのが一般的。

お風呂場などにそのまま置いておくのは、衛生的ではありません。

雑菌やカビが繁殖したまま使えば、当然肌荒れに繋がることも。

洗顔料を丁寧にすすいだ後しっかりと水気を切り、風通しの良い清潔な場所で乾かすことが大事ですね。

毛の内側までしっかり乾燥させてから保存しましょう。

スポンサーリンク

 - 洗顔Q&A

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

この記事のタイトルとURLをコピーする

  あわせて読みたい