ヴォクシー値引き交渉と下取り相場

ヴォクシーの写真

ヴォクシーの値引き交渉の進め方

 販売が順調な同車だけに、他社ミニバンに比較しても値引きは少な目ということが続いていたが、ここへきて状況が変わってきた。変えたのはなんとトヨタ自身だ。「ノア/ヴォクシー」を扱わないチャネル向けに投入された3つめの姉妹車「エスクァイア」が発売され大ヒットし、「ノア/ヴォクシー」が大幅に販売台数を落としてしまったのだ。すでに「ノア」を抜いて「ヴォクシー」を抜くのも時間の問題である。
エクステリア以外のスペックなどは共通で、15万円ほど高いのにかかわらず、姉妹車を食っているのは、はでなフロントマスクに新鮮味を感じた他車種からの新規ユーザーたちと、今一つ「ノア/ヴォクシー」に乗り換えるきっかけがつかめなかった販売店の顧客も含まれていそうだ。

 このままでは「ヴォクシー」を扱うネッツ店も面目ないので、メーカーの思惑をよそに、年末から年始に向けて復権をかけた反撃が予想され、チャネル感での争奪戦が予想される。これにのらない手はない。「エスクァイア」の一言を付け加えれば効果てきめんである。

値引き目標 ハイブリッド車 5~10万円 ガソリン車 15~20万円

ヴォクシーの買取相場と高く売る為のポイント

 まだサンプル数が少ないがHYBRID車が高値になるのは確実。数少ない買取り実績を見ても、実際に中古車で再販する際に新車価格とあまり変わらない売値になるだろう。納期がかかる現状でおきる現象だが、年内はこのような状態で推移すると思われる。実際に買取りされるのは前モデルであるが、ミニバンは軽自動車に続いて高水準な買取り相場を維持し、「ヴォクシー」は「ノア」よりも人気がある。ただし、新型が大ヒットしている為、下取りを含めて買取り台数も多く、過剰在庫になりつつある。手放す予定なら、早めの決断が必要でしょう。

 トヨタ製のミニバンは万人に向けて売りやすく、買取り専門店が欲しがる車種だ。つねにユーザーからリクエストがあり、「ヴォクシー」なら勧めてもけっして不満は出ない。

買取参考価格表

車種 グレード 年式 新車価格 駆動方式 下取り参考相場
R80G/W型
V 7人乗り 2014 247.6 2WD 209.0
ZS 7人乗り 2014 221.9 2WD 187.0
ハイブリッドX 2014 271.4 2WD 221.0
R70G/W型
Z 8人乗り 2013 219.0 2WD 168.0
2010 222.0 2WD 112.0
2007 222.0 2WD 82.0
ZS7人乗り 2013 240.0 2WD 175.0
2010 234.0 2WD 112.0
2007 234.0 2WD 86.0
V 2013 276.1 4WD 191.0
2010 269.0 4WD 128.0
2007 269.0 4WD 96.0
ZS7人乗り 2013 258.0 4WD 196.0
2010 254.0 4WD 136.0
2007 254.0 4WD 101.0
R60G型
Z 2006 226.0 2WD 40.0
X 2006 222.0 4WD 48.0

他サイトによるヴォクシーのレビュー紹介

「auto blog」のモータージャーナリスト斎藤聡氏による「ノア/ヴォクシー」の試乗レポート 
http://jp.autoblog.com/2014/07/10/autoblog-noah-voxy/

2.0L車については
「車両重量が1600㎏前後あるにもかかわらず、走り出しに軽快さがある。 」

CVTのセッティングが絶妙としている。

ハイブリッド車については
「EVモードでのモーター走行が特徴的。音も振動もなくスルスルとモーターで走る感覚には独特の面白さがある。また、エンジン回転が上がってくるとガソリンのほうが力強さで勝る。」

ガソリン車とは異なる感覚を良い意味で実感。

モデルチェンジ情報

 10月に発売された姉妹車「エスクァイア」は「ヴォクシー」と同じボディ、パワーユニットを採用。価格設定こそ15万円ほど割高という差があるものの大ヒットの予感。
 2014年11月に先代でも発売されていた特別仕様車「ZS 煌」が新ネッツ店誕生10周年記念の特別仕様車として新仕様で発売。今回もフロントグリルにメッキ+ブラックメタリック塗装を施すなど人気が出そうだ。

ヴォクシーの車種概要

 2014年1月にフルモデルチェンジされて3代目となった、5ナンバークラスのミニバン。「ヴォクシー」「エスクァイア」ト3姉妹を構成する。ネッツ店専売となる「ヴォクシー」はを表現したというフロントマスクで、従来以上に「ノア」とのキャラクター分けが明確になっている。 エンジンは、一部グレードを除くきアイドリングストップ機構を採用、また、新たに1.8L+リダクション機構付THS IIを採用したハイブリッド車を新設定、JC08モード燃費で23・8km/Lとなる。

 5ナンバーサイズを維持しながら、低床ボディを採用することで、先代よりも車高を低くしているにもかかわらず1400mmの室内高を確保。また低床効果でスライドドアはステップフリーとなり、リヤラゲッジスペースのフロア高も500mmと低くなり載せ降ろしが楽々できるようになっている。シートアレンジも豊富で、サードシートはワンタッチでシートを跳ね上げ、左右に折りたたむことができ、7シーターの、2列席は左右方向に可動でき、ベンチシートとセパレートに変化させられる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする