カローラアクシオの値引きとリセールバリュー

カローラアクシオの値引き交渉の進め方

新規客には冷たいものの可能性は十分にある値引き

マイナーチェンジ後も値引き条件は変わらない様子。

顧客中心の販売の対策が多く、新規ユーザーにはあまり大きな拡販対策は行っていません。

ライバルとの競合以外にも、カローラ店で扱わない車種を扱うネッツ店などとの競合も効果的です。

セダンにこだわらず、価格帯が同程度の車種を競合相手に据えましょう。

グレードは1.5XとGなので、それ以外の人気薄グレード狙いも良い方法です。

値引き目標15~18万円

カローラアクシオのスペック表

1.3 1.5 ハイブリッド
車両価格(円) 156,040 1,507,580~ 2,073,600~
JC08モード燃費 20.6 16.4~23.4 34.4
全長
全幅
全高(㎜)
4,400
1,695
1,460
4,400
1,695
1,460~1,485
4,400
1,695
1,460
室内長
室内幅
室内高(㎜)
1,945
1,430
1,200
1,945
1,430
1,200
1,945
1,430
1,200
ホイールベース(㎜) 2600 2600 2600
エンジン型式
排気量
直列4気筒
1,329
直列4気筒
1,496
直列4気筒
1,496
最高出力
kw(ps/rpm)
70(95)/6,000 2WD 80(109)/6,000 
4WD 76(103)/6,000
54(74)/4,800
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
121(12.3)/4,000 CVT 138(13.9)/4,400 
MT 136(13.9)/4,400 
4WD 132(13.5)/4,400
111(11.3)/3,600~4,000
モーター最高出力
kw(ps/rpm)
45(61)
モーター最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
169(17.2)
駆動方式 2WD 2WD 4WD 2WD

カローラアクシオを買う前に一度は検討しておきたい競合車

ホンダ グレイス

ホンダのアクシオ・キラー

「センタータンクレイアウト」とコンパクト化したエンジンルームにより、アクシオより10㎝も長い室内長を誇るグレイスは、その室内スペースとトランク容量でアクシオを圧倒します。

パワーユニットはアクシオと同じく1.5Lとハイブリッドですが、ハイブリッドが中心になるグレード構成ということが、アクシオとの大きな違いになります。

燃費性能ではわずかにアクシオに及びませんが、ハイブリッド車にも4WDが設定されたりと、アクシオと比較することでその良さが浮き彫りになる、まさにホンダが放つアクシオ・キラーなのです。

SUBARU インプレッサG4

安全性能ならこれ


 
インプレッサは2.0L車もラインナップするため余裕のボディサイズや、あらゆるスペックはアクシオを上回ります。

そして、アクシオの「トヨタセーフティセンスC」より高機能な「アイサイトⅢ」に、「歩行者保護エアバッグ」と7つの乗員保護エアバッグを標準装備するなど、安全性能の高さには定評があります。

2016年のフルモデルチェンジ以降販売も好調で、ハッチバックタイプのスポーツの比率が高いものの、G4のスタイリングは評価が高く、これまでよりも人気が高くなっています。

マツダ アクセラセダン

スポーツセダンを求めるならこれ

国産車では珍しく、2.2Lと1.5Lのクリーンディーゼルエンジン車、そして1.5Lガソリン車とハイブリッドという幅広いパワーユニットを用意するアクセラセダン。

また、「スカイアクティブ」以降、内外装の質感が昔のマツダ車より格段に向上したことや、「鼓動」エクステリアデザインの評価も非常に高いスポーティーセダンとなります。

その基本は人馬一体というマツダの思想からきており、運転姿勢からメーター類の配置まで理想を追求し、Gベタリングを標準装備するなど、ライバルと異なる走行性能へのこだわりが、アクセラならではの魅力となっています。

カローラアクシオの下取り相場とリセールバリュー

根強い人気の4ドアセダン

良くも悪くもこれが5ナンバークラスセダンの基準値。

同価格同排気量のヴィッツなどハッチバックには、若干の差がつけられていますが、新車の販売台数を反映するほどではありません。

また、中古車においては同じ価格なら4ドアセダンの方が立派に見えることもあって、コストパフォーマンスをシビアに見る中古車ユーザーにとっては人気があります。

特徴としては4WD車の相場が低く、アクシオの中古車を選ぶなら4WDがねらい目となりそうです。

また、他の4ドアセダンは、高年式ではアクシオと同程度ですが、低年式になるとアクシオの下取り相場が上回ります。

カローラアクシオの買取参考価格表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 買取価格
ハイブリッド 2017 2WD  188.0 152.0
2015 183.3 113.0
2013 183.3 89.0
1.3X 2017 2WD  137.5 78.0
2015 132.8 68.0
2012 132.8 63.0
1.5G 2017 2WD  167.9 115.0
2015 157.1 92.0
2013 157.1 71.0
1.5G 2017 4WD 181.0 113.0
2015 175.1 80.0
2013 175.1 54.0

参考:toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報

カローラアクシオの評価

他サイトによるカローラアクシオのレビュー等の紹介

オートックワン、モータージャーナリスト渡部陽一郎氏による試乗レポートより
http://autoc-one.jp/toyota/corolla_fielder/report-2168011/0002.html

「エンジンノイズは小さくないが、アクセルペダルを深く踏み込まない限り、耳障りに感じることはない。

いろいろな意味で使いやすくバランスの取れたエンジンだ。」

元ディーラーマンによるカローラアクシオの評価

5ナンバーサイズにこだわる訳

アクシオの位置する5ナンバークラスの4ドアセダンには、もはやグレイスしかライバルが存在しないニッチなクラスになっています。

無理して1700mmの車幅にこだわらなくても良いのでは?
という声もあるのですが、この車幅こそが、カローラセダンが今なお存在している理由なのです。

超の付くほど保守的なユーザーを保有するカローラアクシオにとって、グローバルな流れなど無視してでも、確実に顧客代替えを行うのが使命。

前モデルが長くなった全長によって「使いづらい、大きすぎる」と不評だったため、現行モデルではダウンサイジングを決行したほど。

しかし、次期モデルはTIGAプラットフォームの利用が決定的なため、5ナンバーサイズは保てないという情報もあり、場合によっては現行モデルも併売する可能性もあるなど、5ナンバーユーザーを意識しなくてはいけない事情もあります。

今回のマイナーチェンジは、来秋には3ナンバーサイズになることが決定的な次期モデルを見据え、既存のカローラユーザーの早期取り込みのための、5ナンバー最終モデルといった意味合いが強いのです。

カローラアクシオの長所と問題点

扱いやすさは長所でもセダンでなければならない理由が希薄

アクシオの長所は、コンパクトで使いやすいサイズに、大人4人が無理なく乗れて、贅沢を言わなければどんなシーンにでも適応できる性能と、装備が備わったリーズナブルな車であること。

そして、マイナーチェンジで存在感を強めたフロントマスクと進化した安全装備は長所の一つに加えても良いでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

問題点は、このような使い勝手の良いコンパクトカーが、セダンでなくても良いという時代になったこと。

むしろセダンであることによってボディ形状に制約ができ、より広い室内スペースや、さらに低燃費を求めるユーザーにとっては、長所にはならない点です。

セダンに乗りたい!セダンもいいかも!と思わせる何かが不足しており、古いイメージがぬぐえない限りは、カローラユーザーのためのカローラでしかありえないでしょう。

カローラアクシオのモデルチェンジ情報

2012年5月に登場した11代目となる現行型のカローラアクシオは、10月11日にワゴンタイプの「フィルダー」とともに、商品内容を充実させたマイナーチェンジを行い、安全運転支援技術「トヨタセーフティセンスC」を全車標準装備。

また、アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキング・サポート・ブレーキ)」を新たに設定して、安全性能を向上させました。

また、スマートエントリー&スタートシステムを「HYBRID G」にも拡大して標準装備、クルーズコントロールを「HYBRID G」と「HYBRID G”W×B”」に標準装備しています。

その他では、ハイブリッド車を制御改良により燃費性能が向上され、34.4km/L(JC08モード燃費)とし、内外装の意匠変更を行っています。

また特別仕様車として発売された「W×B」をカタロググレードに昇格させています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする