ノアの値引きとリセールバリュー

ノアの値引き交渉の進め方

ステップワゴンが決め手

マイナーチェンジ直後とあって値引きは引き締め気味ですが、これまでヴォクシーには大差をつけられ、日産セレナにも遅れをとっているノアとしては、マイナーチェンジを期にこれまでの劣勢を挽回したいところです。

また、ハイブリッドを追加したホンダのステップワゴンのマイナーチェンジも近づいており、値引きに関しても柔軟に対応せざるをえない状況です。

値引き交渉においては、「ステップワゴンのマイナーチェンジを見てから」という決め台詞が効果的です。

もちろん、ヴォクシーやエスクァイアも検討していることも伝えておきましょう。

早めに決着をつけたい営業に対して有効な手段は、こちらはけっして急いで決めないということです。

値引き目標 13~15万円

ノアのスペック表

2.0 HYBRID
車両本体価格(円) 2,466,720~ 3,014,280~
JC08モード燃費 16.0(14.8) 23.8
全長
全幅
全高(㎜)
4,695
1,695
1,825(1,865)
4,695
1,695
1,825(1,865)
室内長
室内幅
室内高(㎜)
2,930
1,540
1,400
2,930
1,540
1,400
ホイールベース(㎜) 2,850 2,850
エンジン型式
排気量
直列4気筒
1986
直列4気筒
1797
最高出力
kw(ps/rpm)
112(152)/6,100 73(99)/5,200
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
193(19.7)/3,800 142(14.5)/4,000
モーター最高出力
kw(ps/rpm)
60(82)
モーター最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
207(21.1)
乗車人員(人) 7  8 7
駆動方式 2WD 4WD 2WD
トランスミッション Super CVT-i 電気式無段変速機

ノアを買う前に一度は検討しておきたい競合車

日産セレナ

やはり最大のライバルはこの車

2016年8月のフルモデルチェンジで「プロパイロット」を搭載したことで話題を集め、一気にトヨタ勢を駆逐したセレナ。

しかし、マイナーチェンジ直前には販売台数もヴォクシーに抜かれノアにも並ばれて、さすがに勢いが止まったように見えます。

原因は従来モデルからキャリーオーバーされたパワーユニット。

NAガソリンエンジンだけでは、ハイブリッドのトヨタ勢には太刀打ちできません。

ノートで採用されたe-POWERを搭載する予定があるようですがもう少し先の話なので、しばらくはこのまま。

それでも、「プロパイロット」に隠れていますが、二段階式のバックドアや手を汚さない給油口など、優れた機能をあわせもつセレナはやはりノアの最大のライバルであることは間違いないでしょう。

ホンダ ステップワゴン

遂に登場ハイブリッド

ミニバン3車の中で最も苦戦しているのステップワゴンですが、今回のノア3兄弟のマイナーチェンジの同日に、9月発売予定のステップワゴンのマイナーチェンジ情報と画像の一部をティザー公開して、ノアの居力なライバルとして急浮上してきました。

これまでの現行モデルに二の足を踏んでいたユーザーも、イメージを一新させたフロントグリルの他、ハイブリッド車の情報も加えられたことで、一端ノアに向きかけたユーザーに待ったをかけたようです。

ティザー広告を連発してノアの販売をけん制しつつ、現行モデルも値引き販売するなど、新型が正式発表されるまで激しい攻防が繰り広げられるでしょう。

ノアの下取り相場とリセールバリュー

高いリセールバリュー

ミニバンの本流として長い歴史を持つノアは、中古車市場においてもミニバンの定番中の定番。

新車販売において、特徴がない、個性がないなどという声もあって、最近では以前ほど独占的な人気はないようですが、中古車ユーザーにとってはこの平凡さがかえって魅力なのです。

変な個性よりも、価格に見合った性能や広さ、使い勝手が過不足なく装備されるノアは、ミニバン探しにおいてまず検索される大看板なのです。

ヴォクシーよりもファミリー層に好評で売りやすく、そのため下取り価格も高いという好循環が続いています。

現行モデルにおいてはハイブリッド車の評価は高いのですが、2.0L車もライバル他車より高価格になっています。

ノアの買取参考価格表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り相場
2.0X 2016 2WD 225.7 182.0
2014 225.7 149.0
2012 201.9 94.0
2.0G 2016 2WD 244.7 184.0
2014 244.7 155.0
2012 257.1 105.0
2.0X 2016 4WD 247.6 191.0
2014 247.6 155.0
2012 220.9 96.0
2.0G 2016 4WD 263.8 197.0
2014 263.8 162.0
2012 276.1 119.0
ハイブリッドG 2016 2WD 282.8 215.0
2012 282.8 185.0
ハイブリッドX 2016 2WD 271.4 211.0
2012 271.4 172.0

参考:toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報

ノアの評価

他サイトによるノアのレビュー等の紹介

オートックワン、モータージャーナリスト今井優杏氏による試乗レポートより
http://autoc-one.jp/toyota/voxy/report-1692124/0003.html

「車体の軽いプリウスと比較すれば、モーター走行からエンジン走行に切り替わるタイミングはやや速いようにも感じるが、それも大した違和感ではなく、大きな車体でもスムーズに電気モーターのトルクが車体を押し出してくれるから、時速ゼロkmからの加速でもたつきを感じることもない。」

元ディーラーマンによるノアの評価

フェイスチェンジだけで乗り越えられるか

マイナーチェンジにおいて大胆なフェイスチェンジを行ったノアは、3兄弟の中でもっとも印象が変わったといえます。

これまで大人しすぎて面白みがなく、ライバルに比べて存在感のなかった表情が、シンプルながらもスポーティーなものになりました。

マイナーチェンジではフェイスチェンジ以外にはこれといった改良点がなかったノアですが、一番の欠点が改善されたことで販売台数は今までより上乗せされるはずです。

また、細かな装備ですが、電動スライドドアを閉める時に完全に閉まり切るのを待ってからキーをロックしないとなりませんでしたが、フロントドアハンドルのセンサーに触れると、閉まった後に自動的にロックされる施錠予約の機能も備わっています。

これなどは、ミニバンを知り尽くしたトヨタならではの便利機能です。

しかし、ライバルのステップワゴンのマイナーチェンジも迫っており、フェイスチェンジだけで乗り越えられるかは微妙なところです。

ノアの長所と問題点

既存顧客向けには最良のミニバン

ノアのエクステリアデザインは水平基調で、サイドウィンドウの下端も低めに抑えていて左右ともに視界が良く、市街地でも運転のしにくさは感じません。

そして、背が高いミから空間効率が優れていて、大人7~8人はさすがにきつくても6人程度なら快適に過ごせる広さを持ちます。

また、低床設計のため乗降性も良くスライドドア部分でも380mmに抑えられ、子供やお年寄りでも乗り降りがしやすのも長所です。

これが現行モデルを含め歴代ノアの変わらぬ人気の秘訣ですが、ノアを含めトヨタ製ミニバンが人気なのは、ミニバンに必要なこれらの要素を全てそろえていることです。

他車よりほんの少し劣ることもあったり、アッと驚くしかけはなくとも、全てが過不足なく揃っているのです。

例えば3列目シートはセレナの方が出来は良くサイズも十分ですし、ステップワゴンは床に収納できて、跳ね上げ式のノアのように後方視界を妨げません。

それでもこれだけの販売台数を記録しているのは、数多い顧客の代替えが中心だから。

他車と比較して細かな差をチェックする他銘柄ユーザーを取り込まなくても十分台数を稼げるのです。

ノアのモデルチェンジ情報

2014年に登場した3代目になる現行モデルのノアは、発売から3年半となる7月3日にマイナーチェンジを行いました。

今回の改良ではエンジンなどの主要部分には手は入れられておらず、ガソリン2.0L車及びハイブリッド車のスペックには変更はりませんでした。

個性をより際立たせたエクステリアへと意匠変更。

Bi-Beam LEDヘッドランプと面発光のLEDクリアランスランプの採用や、フロントグリルとリヤコンビネーションランプの意匠変更などにより、ノアは精悍さをより高めた堂々としたスタイルへと進化した。

また、センターコンソールボックスや助手席シートバックテーブル、充電用USB端子など使い勝手の良い室内装備を充実。

さらに、スライドドアにシールを追加し遮音性を向上したほか、ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーの改良により静粛性や乗り心地を向上させるなど、商品の魅力を一段と高めている。

内装はオプティトロンメーターにリング幅を細くした丸形リングを採用。

「G」と「Si」において天井までブラックで統一してピアノブラック塗装をあしらい、「G」には専用内装色として「フロマージュ&ブラウン」を設定した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする