ヴォクシーの値引きとリセールバリュー

ヴォクシーの値引き交渉の進め方

3兄弟の中ではもっとも人気があり、販売台数が多いヴォクシーは、顧客代替えだけでなく。

これまでも他銘柄からの乗り換えユーザーを多く獲得しています。

マイナーチェンジ後もこの人気は続くとみられ、そのために値引き交渉は難航しそうです。

しかし、一時期の勢いはないとはいえ日産のセレナとの販売競争はさらに激しくなることは予想され、フルモデルチェンジと異なり納期が極端に伸びることもないなど、値引きを可能にする環境は整っています。

さらに、ホンダのステップワゴンがマイナーチェンジされハイブリッド車が設定されるという情報がティザー広告とともに流れていることも、値引き交渉において好条件となるはずです。

値引き目標 13~15万円

ヴォクシーのスペック表

2.0 HYBRID
車両本体価格(円) 2,466,720~ 3,014,280~
JC08モード燃費 16.0(14.8) 23.8
全長
全幅
全高(㎜)
4,695
1,695
1,825(1,865)
4,695
1,695
1,825(1,865)
室内長
室内幅
室内高(㎜)
2,930
1,540
1,400
2,930
1,540
1,400
ホイールベース(㎜) 2,850 2,850
エンジン型式
排気量
直列4気筒・1986 直列4気筒・1797
最高出力
kw(ps/rpm)
112(152)/6,100 73(99)/5,200
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
193(19.7)/3,800 142(14.5)/4,000
モーター最高出力
kw(ps/rpm)
60(82)
モーター最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
207(21.1)
乗車人員(人) 7  8 7
駆動方式 2WD 4WD 2WD
トランスミッション Super CVT-i 電気式無段変速機

ヴォクシーを買う前に一度は検討しておきたい競合車

日産セレナ

プロパイロットだけではない魅力を備えた強敵

2016年8月のフルモデルチェンジ以来、単一車線運転支援技術「プロパイロット」による先進的なミニバンとしてのイメージを獲得したセレナは、あっという間にトヨタのミニバン軍団を突き放しました。

「プロパイロット」が最も興味を引いたのは間違いありませんが、それ以外にも、世界初のハンズフリーオートスライドドアや、ハーフバックドアを備えたデュアルバックドア、ふたを開けてそのままノズルを差し込むキャップレス給油口を日産車で初めて採用するなど、ブランニューのモデルならではの魅力があることも人気の要因です。

ホンダ ステップワゴン

新型登場で復活なるか?

ステップワゴンは、2017年秋に発売されるマイナーチェンジ版の発売がすでに予告され、同時にティザーサイトをオープン[しています。

すでに搭載している「Honda SENSING」の機能を充実させると共に、スパーダは外観をよりダイナミックなデザインに変更することもヴォクシーを検討するユーザーには気になるところです。

さらに、「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したハイブリッド車を設定することも明らかになっており、マイナーチェンジとは思えない大規模な改良で巻き返しを図る予定です。

ヴォクシーの下取り相場とリセールバリュー

基本的には同じだが・・

3兄弟の下取り価格は基本的に同じで、5ナンバーサイズのミニバンにおいて高い相場を示しています。

新車で最も人気があるヴォクシーは、特に買取りにおいて他の2車より高い価格が出る傾向にありますが、新車において人気のあるブラック系のボディカラーが中古車市場では逆に売りづらいということもあります。

ブラックだとユーザーが限定されてしまうのがその理由で、中古車ユーザーの多くを占めるファミリー層は、ホワイト系中心のノアを希望するケースが多いのです。

新車で人気のヴォクシーのフロントフェイスも、中古車ではそれほどありがたがられず、ボディカラーのような大きな選択肢の陰にかくれる小さな要因でしかないようです。

ヴォクシーの買取参考価格表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

車種・グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り相場
X 2016 2WD 225.7 174.0
2014 225.7 157.0
2012 201.9 94.0
ZS 2016 2WD 247.6 191.0
2014 247.6 181.0
2012 220.9 114.0
X 2016 4WD 244.7 202.0
2014 244.7 182.0
2012 240.0 115.0
ZS 2016 4WD 265.6 217.0
2014 265.6 209.0
2012 258.0 140.0
ハイブリッドV 2016 2WD 282.8 214.0
2014 282.8 189.0
ハイブリッドX 2016 2WD 271.4 204.0
2014 271.4 190.0

参考:toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報

ヴォクシーの評価

他サイトによるヴォクシーのレビュー等の紹介

オートックワン、モータージャーナリスト渡部陽一郎氏による試乗レポート
http://autoc-one.jp/toyota/voxy/report-1652519/0002.html

「巡航時に軽くアクセルを踏み増した時は、反応の素早いモーターの駆動力が立ち上がり、滑らかに速度を上昇させる。

動力性能をノーマルエンジンに当てはめれば、2.2リッタークラスの印象だ。」

元ディーラーマンによるヴォクシーの評価

間違いなくトップに返り咲くがいつまで続くか

マイナーチェンジ前でもセレナを抜き返すほどの人気があるヴォクシーだけに、フェイスチェンジを含めた今回の改良において魅力がさらに増し、ミニバントップの座を死守するだろうことは容易に想像ができます。

しかし一方で、現行モデルの限界が見えてしまったのも事実です。

マイナーチェンジという機会にハイブリッドを含めたパワーユニットなどの基本部分に手が加えられなかったということは、現行モデルのライフサイクルいっぱいをこのままでいくということ。

さらにシートアレンジも変更なしで、使い勝手についても同じ。

売れているから必要ないとも取れますが、素人目に見てもマイナーチェンジされるホンダの新ステップワゴンは相当な魅力を持って登場するであろうし、日産のセレナも「プロパイロット」に加えて新しいパワーユニットを準備していることを知っています。

ヴォクシーは間違いなく売れるでしょう。

しかし、ミニバントップの座はそう簡単には守れないのも事実なのです。

ヴォクシーの長所と問題点

デザインが全てのヴォクシー

ヴォクシーの人気はひとえにそのスタイリングにあります。

それこそが他の兄弟にない長所といえるでしょう。

それ以外は他の兄弟と同じなのですから、これほど販売台数に差が出る要因は他に見当たりません。

ネッツ店の販売力ということもありますが、倍以上の差をつけるほどの差はないのです。

したがって、今回の改良におけるデザインの変更は少なく、LEDを多用するなどなど、機能面が主な内容になっています。

問題があるとすると、そのデザインを大きく変えてきたノアの存在があります。

ノアは、いまひとつ存在感がなく野暮ったかったフロントフェイスが、ヴォクシーとはまた違ったカッコ良さを身に着けています。

このノアの人気が急上昇すると間違いなく食われるのはセレナではなくヴィクシーです。

中身が同じならデザインのいいほうを選ぶ。

これまでヴォクシーがそうであったように、ユーザーの好み次第で、簡単に力関係が逆転することもあるのです。

ヴォクシーのモデルチェンジ情報

2017年7月3日のマイナーチェンジでは、外観をBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機構付)と面発光のLEDクリアランスランプを採用し、2段積みのヘッドランプをよりシャープな意匠とした。

また、リアのコンビネーションランプとバックドアガーニッシュはワイド感を強調した新意匠に変更。

エアロ仕様の「ZS」は「ハ」の字をテーマにしたスタイルとなり、ガソリン車は切削光輝加工とダークグレーメタリック塗装を施した専用16インチアルミホイールを標準装備している。

装備面ではパワースライドドアに、閉める途中にフロントドアハンドルのセンサーに触れると施錠予約ができるスマートロック操作機能を追加。

「ZS」には専用内装色として「ブラッドオレンジ&ブラック」を設定している。

そのほか、助手席シートバックに格納式テーブル(カップホルダー2個付)を、インストルメントパネルのセンターロア部に充電用USB端子(2個)をそれぞれ追加したほか、クルーズコントロールやウインドシールドガラスを全車に標準装備し、ハイブリッド車にはボックス背面に充電用USB端子2個を備えた蓋付センターコンソールボックスも標準装備させて使い勝手を向上させた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする