ワゴンRスティングレー値引き相場と交渉の進め方

新車のワゴンRスティングレーを買う際の値引き交渉の進め方やワゴンRスティングレーの買取・下取り市場について元ディーラー営業マンの視点から解説する。
1CIMG1518

ワゴンRスティングレーの値引き交渉の進め方

 軽自動車ブームを作り上げてきた軽ハイトワゴンですが、現在の主役はスーパーハイトワゴンと呼ばれる「スペーシア」や「タント」に譲る恰好であり、やや苦戦気味。それでなくても軽自動車税の逆風の影響をまともに受けているため、割高感のある「スティングレー」は不利な状況です。グレードによってはハイブリッド車に近いものもあるのでユーザーも考えが変化しても当然と言えば当然でしょう。

 それでも「「ワゴンRスティングレー」を検討するならば、同クラスのライバルの中から一車種選んで合い見積もりを取りましょう。何車種も必要ではありません。軽自動車の値引きは上限が低いので、その労力に見合った金額は望めないからです。「他にも検討している」と伝えるだけでも効果は同じでしょう。ディーラー側が勝手に想像してくれます。目標は15万円におきますが、10万円を超えれば上出来。あとはグレード次第で上限に地被けるでしょう。
 
値引き目標 12~15万円

ワゴンRスティングレーを買う前に一度は検討しておきたい競合車

ダイハツ ムーブカスタム

 「ワゴンRスティングレー」に比べてやや大人しい印象の「ムーブカスタム」であったが、2014年12月のフルモデルチェンジで一変。グリルとブランドマークをダークメッキ化し、グリル下部とフォグランプまわりのLEDイルミネーションを施した「ハイパー」という上級グレードが追加された。ハイパーを含む「RS」系グレードにはスポーティサスペンションが装備されているなど内容も充実し、ベースグレードとの差別化を鮮明にしている。また、ルーフをブラックにしたツートンカラーも大胆な印象になっている。逆に現行モデルでベースモデルとあまり大きな差別化が見受けられなくなった「ワゴンRスティングレー」とは異なる変化です。

ホンダ N-ワゴンカスタム

 ベースの「N-ワゴン」とあまり変化のないエクステリアに見えるが、フロント周りは「ステップワゴン」の様な印象で、高級感がある。これが他の「カスタム」と異なる点で、スポーティーさよりも上級志向に振ったようだ。ただし、ユーザーの求めるのはやりすぎと思えるほどのハデさで、「N-BOXカスタム」の人気が非常に大きいこともある。 

日産デイズハイウェイスター/三菱ekカスタム

 姉妹車「eKカスタム」のように車種を分けず、「デイズ」のグレードに日産の登録車でおなじみのスポーツバージョン「ハイウェイスター」として設定している「デイズハイウェイスター」。得意のエアロパーツとメッキ加飾を装備し、ライバルに比較してより差別化を図っている。「ekカスタム」は順当なカスタム造りの帝石通り。そつはないが、個性もない無難な印象だ。

ワゴンRスティングレーの下取り相場とリセールバリュー

 人気の高い軽ハイトワゴン。その中でもシリーズを牽引するのが「カスタム」というサブネームに代表される上級装備モデルです。販売価格自体もそれぞれのベースの出るよりも高い設定のためもあり、下取り価格もそれに比例して高いのは言うまでもありません。また、それ以上に中古車市場では人気が高く、新車ではコンパクトカー波の価格で手が出なくても、中古車なら比較的手に入れやすくなることから、高年式の「スティングレー」などの需要が高くなっています。

 各モデルを比較しても高年式では大きな差がありません。が「ワゴンRスティングレー」は幾分高いような相場です。これは装備自体に大きな差がないものの、「ワゴンRスティングレー」の知名度が高いためではないかと思われます。

買取参考価格表

車種 グレード 年式 駆動方式 新車価格 下取り参考相場
T 2014 2WD 142.5 90.0
2012 2WD 142.5 73.0
2010 2WD 135.0 55.0
2008 2WD 135.0 45.0
T 2014 4WD 153.7 100.0
2012 4WD 153.7 82.0
2010 4WD 146.2 67.0
2008 4WD 146.2 55.0
X 2014 2WD 129.0 85.0
2012 2WD 129.0 67.0
2010 2WD 119.5 52.0
2008 2WD 119.5 41.0
X 2014 4WD 139.2 94.0
2012 4WD 139.2 76.0
2010 4WD 130.7 63.0
2008 4WD 130.7 53.0
比較対象車種        
ダイハツムーブ  2014 2WD 123.8 74.0
 カスタムX 2012 2WD 124.0 65.0
2010 2WD 127.6 47.0
2008 2WD 133.5 35.0
ホンダ N-WGN G 2014 2WD 127.1 92.0

参考:toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報

他サイトによるワゴンRスティングレーのレビュー等の紹介

Auto Prove Web 、モータージャーナリストの松本晴比古 氏による試乗レポート。
http://autoprove.net/2014/08/51032.html
<以下要約>
「ワゴンRに比べてアクセルに対する加速のつながりがよく、中間加速も力強く感じた。ドライバビリティとしてはもちろんワゴンRスティングレーの方が良いことは言うまでもない。」
<要約終わり>

ベースモデルと「スティングレー」の特にCVTの印象について言及しています。

ワゴンRスティングレーのモデルチェンジ情報

  2014年8月のマイナーチェンジにおいて、スターターモーター機能とモーターアシスト機能を兼ねるモーター機能付発電機(ISG)を用いた マイルドハイブリッド システムの「S-エネチャージ 」搭載モデルを追加設定。JC08モード燃費率は32.4㎞/Lを達成した。

 デザインはすべてのグレードで変更を施し これまでセットオプション設定だったレーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESPを標準装備化し、「FX」のレーダーブレーキサポート装着車にはディスチャージヘッドランプ、オートライトシステム、キーレスプッシュスタートシステム、携帯リモコンのセットオプションが追加された。

 また、2015年特別仕様車「スティングレー J STYLE」を発売している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする