スイフト値引き相場と交渉の進め方

新車のスイフトを買う際の値引き交渉の進め方やスイフトの買取・下取り市場について元ディーラー営業マンの視点から解説する。

スイフトの値引き交渉の進め方

 ライバルの多いクラスだけに合い見積もりの相手にはことかきません。ディーゼル人気に偏りがちなマツダの「デミオ」はガソリン車の値引き交渉がしやすいのでお勧め。多くの車種から値引きの多い車種を選ぶつもりだと伝えておけば、飛び切りの条件を提示してもらえる。その結果によっては「スイフト」を購入する意欲が削がれる可能性もあるので注意が必要だ。お勧めグレードとしては、好みの問題だが、「スイフトスタイル」の2トーン仕様が今風の選択ではないでしょうか。販売でも中心となるだけに交渉はしやすいでしょう。

値引き目標 25~28万円

スイフトを買う前に一度は検討しておきたい競合車

トヨタ ヴィッツ

 コンパクトカーを選ぶ上では外せないのが「ヴィッツ」。ハイブリッドこそないが、1.0,1.3,1.5Lとエンジンラインナップも豊富で、それぞれトップクラスの燃費性能を持っている。特出したものはないが、全てに渡ってバランスが取れており、乗る人を選ばない。販売台数も常に上位をキープしている。

ホンダ フィット

 ハイブリッド車においては販売台数と燃費で「アクア」に唯一対抗出来るコンパクトカー。実はガソリン1.3Lの販売台数も多く、その評価も高い。優れたパッケージングは同クラスの追随を許さない。

マツダ デミオ

 1.5Lクリーンディーゼルという国内メーカー唯一のパワーユニットを武器に、コンパクトカー市場の台風の目になっている「デミオ」。専門家の評価が非常に高く、ベストバランスとされているのがガソリン車。経済性だけではなく、マツダらしい走行性能も兼ね備えた車で、「スイフト」とダブるイメージでもある。

スイフトの下取り相場とリセールバリュー

 「ヴィッツ」「フィット」というベストセラーカーとの比較でも、けっして劣ることのない内容で、例によって4WDの相場は高い。現行モデルは先代に比べて若干スポーツイメージが薄らいだが、万人受けすることで、買い取り価格には良い影響が出ている。派生車種で、スポーツ性の高いモデルの「スイフトスポーツ」は根強い人気を持っているようだ。
 知名度はまだ低く、スズキと聞くと軽自動車を思い浮かべるユーザーも多いので、専門サイトでの検索率や指名買いされることは少ないが、実車を見ればその良さが改めてわかる車種なので、中古車選びにおいては伏兵的存在になっている。

 リセールバリューにおいてはデュアルジェット エンジン搭載車種が比較的いいと思われるが、新車時の価格差を考えるとコストパフォーマンス的には疑問もある。4WDを選択するのが無難でしょう。

買取参考価格表

車種 グレード 年式 駆動方式 新車価格 買取参考相場
スタイルD-JE 2014 2WD 147.1 74.0
スイフト スポーツ 2014 2WD 166.5 97.0
2012 2WD 166.5 90.0
スタイル 2014 2WD 135.9 68.0
XLアイドリングストップ 2012 2WD 134.5 49.0
XL 2010 2WD 125.5 43.0
スタイル 2008 2WD 127.0 23.0
スタイル 2014 4WD 155.5 89.0
XS 2012 4WD 157.5 69.0
2010 4WD 157.5 58.0
スタイル 2008 4WD 144.0 37.0
比較対象車種
トヨタ ヴィッツ1.3F 2014 2WD 134.2 78.0
2012 2WD 122.8 56.0
2010 2WD 122.8 39.0
ホンダ フィット13G 2014 2WD 120.4 85.0
G 2012 2WD 114.0 66.0
2010 2WD 114.0 38.0

参考:toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報

他サイトによるスイフトのレビュー等の紹介

オートックワン、モータージャーナリストの渡部陽一郎氏によるスイフトの試乗記。
http://autoc-one.jp/suzuki/swift/report-1434845/

「後輪をしっかりと接地させた上で、自然に曲がる操舵感を実現させている。スイフトスポーツが優れた運転感覚を得られたのも、スイフトの土台を入念に造り込んだ結果だ。」

ボディやサスペンションの取り付け剛性を十分に確保していることで、走行性能に影響している。

スイフトのモデルチェンジ情報

 次期スイフトをイメージしたコンセプトモデル「iK-2」はBセグメントサイズのコンパクトカーとされている。市販モデルの発売は2016年初頭とされ、約一年後に欧州より販売がスタートされることになる。 エンジンは、新開発の1.0L直噴ガソリンターボエンジンとしている。BOOSTERJETとネーミングされたこの小排気量ターボエンジン。そしてハイブリッドを採用する情報もあるが、欧州市場を主戦場にする同車には、小排気量ターボエンジンの方が可能性がある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする