レガシィアウトバック値引き相場と交渉の進め方

新車のレガシィアウトバックを買う際の値引き交渉の進め方やレガシィアウトバックの買取・下取り市場について元ディーラー営業マンの視点から解説する。
アウトバックの写真

レガシィアウトバックの値引き交渉の進め方

 ボディサイズも排気量も大きく、SUVタイプでもあるため、車両価格も高いというイメージもある3ナンバーステーションワゴンの「レガシィアウトバック」であるが、実は同社の新しいステーションワゴン「レヴォーグ」の1.6Lとさほど変わらない価格である。2.0Lの「レヴォーグ」にいたっては確実に価格が上なのだ。とは言っても安い車というわけではない。
高い走行性能が特徴のスポーツワゴンである「レヴォーグ」が、その車格以上に割高だというだけのことである。現行の「レガシィアウトバック」は2.5Lのみの設定ながらベースグレードで312万円。セダンで言えば「カムリ」、他には「プリウスPHV」や「アルファード/ヴェルファイア」と同等となる。

 高額、そしてさほど売れているとは思えないだけに、値引きは期待したい一台である。目標は10%の31~33万円。比較する同クラスのライバルはあまり見当たらないのだが、値引き獲得のための合い見積もりなら、「三菱アウトランダー」「ランドクルーザープラド」などが価格帯が近いので利用したい。特に「三菱アウトランダー」は組しやすい相手で、好条件の提示が期待できる。
 
値引き目標 31~33万円

レガシィアウトバックを買う前に一度は検討しておきたい競合車

三菱 アウトランダー

 7人乗り3列シートが売りなだけに、新登場の「エクシーガクロスオーバー7」とも競合する「アウトランダー」。スバルと双璧となる三菱の4WD車として、3列シート設定のためのステーションワゴンボディだが、5人乗車なら広大なラゲッジスペースとして利用できる。そして、価格はPHEVでも「アウトバック」と同程度で、ガソリン車は非常に割安だが2.0Lということで差が出そうだ。5人乗りグレードならさらに割安である。

マツダ アテンザワゴン

 けっしてSUVを標榜しているわけでもなく、そのスタイリングも低くワイドで都会的なステーションワゴンとなっている。「アウトバック」同様の直4・2.5Lもあるが、好評の2.2Lディーゼル車はV6・2.5L車以上のトルクを持ち、4WD車を追加設定したために、余程雪深い降雪地やあえてオフロードに踏み入らなければ、オールラウンドで使える一台になる。同価格帯以下で購入出来るとなれば「アウトバック」購入予定者も気になるはずだ。

レガシィアウトバックの下取り相場とリセールバリュー

 4WDのSUVステーションワゴンとしては他に比較すべき同クラスのライバルが少ないため独占状態ということもあり、全体としては高水準といえるが、ベースとなる「レガシィツーリングワゴン」よりもグレードによっては100万円近く高額な同車だが、下取り価格と言うことでは4~5年で同価格程度になってしまい、その後も変わらない。
 2014年登場の新型はさらに大型になったということもあり、同様の評価になりそうだが、比較すべきベース車が亡くなるので違った結果も予想されます。

買取参考価格表

車種 グレード 年式 駆動方式 新車価格 買取参考相場
2.5ベースグレード 2014 4WD 290.0 247.0
2.5リミテッド 2014 4WD 315.0 256.0
2.5i 2014 4WD 255.0 231.0
2012 4WD 255.0 164.0
2009 4WD 255.0 106.0
2006 4WD 255.0 34.0
2.5i アイサイト 2014 4WD 290.0 256.0
2012 4WD 296.0 164.0
2009 4WD
3.6R アイサイト 2014 4WD 347.0 234.0
2012 4WD 355.0 174.0
3.6R  2009 4WD 330.0 110.0
3.0R 2006 4WD 300.0 38.0
比較対象車種 レガシィツーリングワゴン
2.5i 2012 4WD 232.0 120.0
2009 4WD 225.0 100.0
2007 4WD 219.0 37.0

参考:toyota.jp ご購入サポート | 下取り参考価格情報

他サイトによるレガシィアウトバックのレビュー紹介

カーセンサーネット、モータージャーナリスト松本英雄氏によるレガシィアウトバック試乗レポート
http://www.carsensor.net/contents/testdrive/_27688.html

「フラッグシップらしいコンフォータブルな乗り心地とスポーティな味付け、そして素晴らしいスタビリティを持ち合わせたジェントルマンセダンだった。」

SUVというイメージに似つかわない大人の走りを楽しめるとしている。

レガシィアウトバックのモデルチェンジ情報

  2014年10月にセダンの「B4」とともに発売開始した5代目は、ベースの「 ツーリングワゴン」が国内で販売されないためにレガシィシリーズ唯一のステーションワゴンになった。また、グレード体系は標準グレードの「OUTBACK」と上級装備の「OUTBACK Limited」の2グレードに集約し、2.5L車のみの設定となっている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする