TOYOTA、アクアに特別仕様車を設定

トヨタは、アクアに特別仕様車S“Style Black”を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、11月14日に発売しました。

スポンサーリンク

ニュースリリース

今回の特別仕様車は「S」をベースに、よりスタイリッシュな内外装としたほか、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を特別装備。外装においては、アウトサイドドアハンドルやバックドアガーニッシュにメッキ加飾を施し、大人らしさとおしゃれ感を付与した。

TOYOTA、アクアに特別仕様車を設定 | TOYOTA Global Newsroom

今回の特別仕様車は「S」をベースに、よりスタイリッシュな内外装としたほか、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を特別装備しています。

エクステリアには、アウトサイドドアハンドルやバックドアガーニッシュにメッキ加飾を施し、大人らしさとおしゃれ感を付与した。インテリアは、シート表皮やシフトノブ、パワーウインドウスイッチベースなど全体をブラック基調とし、上品な室内空間を演出。
さらに、スマートエントリーパッケージやIR(赤外線)カット機能付フロントドアグリーンガラスを特別装備し、利便性・快適性を向上している。また、外板色には、特別設定色のダークブルーマイカを含む全5色を設定しています。

S“Style Black”特別装備

(ベース車Sの装備に加えて)
・S“Style Black”
・メッキバックドアガーニッシュ
・コンライト(ライト自動点灯・消灯システム/ランプオートカットシステム)
・IR<赤外線>カット機能付フロントドアグリーンガラス
・Toyota Safety Sense C
・先行車発進告知機能
・スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/ハザードアンサーバック 機能付/スマートキー2本)&スタートシステム
・ファブリックシート表皮
・運転席アームレスト
・インパネ助手席オーナメント
・シルバー塗装 サイドレジスターリング
・ピアノブラック加飾パワーウインドゥスイッチベース(運転席・助手席)
・シフトノブ(上部) ブラック加飾
・特別設定ボディカラー ダークブルーマイカ(他4色)

これだけの装備が加わってベース車「S」の1,886,760円に対して、75,600円アップの1,962,360円が安いか高いか。「S」には衝突回避支援パッケージ の「Toyota Safety Sense C」がいまだに標準装備されていませんが、現在では購入される方のほとんどがメーカーオプション(54,000円)で選ぶのですから、「S」を選択するなら絶対にお得なはず。

「Toyota Safety Sense C」が標準装備されるのは「G」の2,062,800円以上ですから、贅沢装備はいらないけど、安全装備だけは充実させたい方にとってはまさにピッタリと言えます。

気になるのは、今後近いうちに「Toyota Safety Sense C」が全車標準装備されるのは明白だけに、その場合にこの特別仕様車S“Style Black”がどうなるのかという点でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする