デミオ商品改良と特別仕様車

マツダは、小型乗用車「デミオ」を「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の採用を拡充する商品改良するとともに、赤基調の内装を採用した特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」を新たに設定して、全国のマツダ販売店を通じ11月9日から予約を開始し、12月7日に発売することを発表しました。

ニュースリリース

今回の商品改良では、車両だけでなく歩行者も検知する先進安全技術の「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」に加え、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」を全機種で標準装備とし、既に標準化されている「AT誤発進抑制制御[前進時]」との組み合せで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に該当しています。

【MAZDA】「マツダ デミオ」の先進安全技術を拡充|ニュースリリース

スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」に加え、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」を全機種で標準装備とし、既に標準化されている「AT誤発進抑制制御[前進時]」との組み合せで「安全運転サポート車の「サポカーS・ワイド」に該当しています。

また、上記の安全装備に加えて、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」や「リアパーキングセンサー(センター/コーナー)」も全機種で標準装備するとともに、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」と「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」を新たにメーカーオプション設定するなど、先進安全技術の採用を拡充しています。また、ボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を新たに設定します。

足りないものはすぐにでも装着するマツダの姿勢

デミオは、2017年4月の一部改良で、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)」、AT誤発進抑制制御[前進時](AT車のみ)、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」の4点を全グレードに標準装備化したばかりですが、今回さらに機能を加えたことで、安全装備の向上が進むコンパクトカークラスにおいて、競争力を維持させる商品改良となります。

特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」は11月9日から予約を開始

特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」は、「13S Touring」、「XD Touring」のSKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)車に設定され、艶やかな深紅色のシートが白い空間に映える専用インテリアや、専用ボディカラー「セラミックメタリック」を採用し、導入済みの特別仕様車「Tailored Brown(テイラードブラウン)」とともに、多彩なライフスタイルを提供します。

白いインテリアに深紅のシートは勇気のいるコンビネーションだが、デミオにはなぜかしっくりくる。価格も手ごろなので、期間中にぜひゲットしたい。

特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」メーカー希望小売価格(消費税込)
13S NobleCrimson(2WD):1,776,600円
13S NobleCrimson(4WD):1,981,800円
XD NobleCrimson(2WD):2,057,400円
XD NobleCrimson(4WD):2,262,600円

特別装備

・専用インテリアコーディネーション(レッドシートファブリック、ホワイト内装)
・エアコンルーバーレッドメタリック
・CD/DVDプレイヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)
・高輝度塗装アルミホイール(ガソリンエンジン車:15インチ、ディーゼルエンジン車:16インチ)
・特別仕様車専用色「セラミックメタリック」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする