2017年10月度新車販売台数ランキングを発表

自販連(日本自動車販売協会連合会)と軽自協(全国軽自動車協会連合会)は6日、10月度の新車販売台数ランキングを発表しました。

スポンサーリンク

総合

10月度はいつものようにどの車がトップか?という興味よりも、完成検査の不正が発覚し、生産停止においこまれたた日産車の販売にどのような影響が出たのかという点に注目が集まりました。
結果はトップ10から人気モデルの「ノート」が姿を消し、2,741台で前月比17.7%という激減、フルモデルチェンジして期待された「リーフ」も3,629台に留まりました。

そして、三菱自動車で生産され、不正問題とは関係のない軽自動車の「デイズ」までもが前月比39.3%と激減。日産ブランドへの不振が表面化した格好です。

ランキングトップは21,234台を売り上げ、前月に続いてホンダのN-BOXが2位のダイハツ「ムーヴ」に7,000台以上の差を付けました。3位は同じくダイハツの「タント」で10,660台、4位プリウス5位アクアとようやく登録車が入り、登録車全体の不振が目立っています。

通称名 メーカー名 当月台数 前月台数 前月比 前年比
1 N-BOX ホンダ 21,234 26,983 78.7 152.9
2 ムーヴ ダイハツ 13,972 12,771 109.4 111.8
3 タント ダイハツ 10,660 11,636 91.6 101.0
4 アクア トヨタ 10,031 12,896 77.8 80.4
5 プリウス トヨタ 10,014 13,275 75.4 71.3
6 ワゴンR スズキ 8,801 11,920 73.8 148.4
7 ミラ ダイハツ 7,483 8,757 85.5 146.0
8 ヴォクシー トヨタ 7,417 7,767 95.5 93.5
9 ルーミー トヨタ 7,090 7,089 100.0
10 フリード ホンダ 7,060 10,808 65.3 77.1

登録乗用車

ノート激減、リーフ失速、そしてセレナは圏外へ

日産車の生産停止によって、「ノート」は激減、「セレナ」は好評されたベスト30にも入らず圏外に去ったため「ノート」以上の影響を受けたものと思われます。そして、日産の新エースとして登場したEV新型「リーフ」は3,629台にとどまり、大事なスタートダッシュに大きな打撃を受けています。そして、この「リーフ」が日産車でトップの販売台数になっており2週間の生産停止がなければどれだけ台数を伸ばしたのか、逆に興味がわきます。

代わりに上位に並んだトヨタ勢も前年比、前月比をともに下回っており、日産車のいない間に漁夫の利を得られたわけではなさそうです。注目の一台、ホンダの「ステップワゴン」は前年比を上回ったものの、「ヴォクシー」「ノア」には届かず、思わぬ苦戦を強いられています。

ちなみに、同様の不正問題が発覚したスバルはその後の対応の評価も高く、「インプレッサ」などへの影響は最小限に食い止めたようです。

順位 通称名 メーカー名 当月台数 前月台数 前月比 前年比
1 アクア トヨタ 10,031 12,896 77.8 80.4
2 プリウス トヨタ 10,014 13,275 75.4 71.3
3 ヴォクシー トヨタ 7,417 7,767 95.5 93.5
4 ルーミー トヨタ 7,090 7,089 100.0
5 フリード ホンダ 7,060 10,808 65.3 77.1
6 フィット ホンダ 7,020 8,814 79.6 92.6
7 シエンタ トヨタ 6,692 8,679 77.1 62.1
8 カローラ トヨタ 6,505 5,579 116.6 97.6
9 ヴィッツ トヨタ 5,900 6,433 91.7 115.1
10 タンク トヨタ 6,505 6,223 104.5
20 ステップワゴン ホンダ 4,737 4,811 98.5 115.2
19 リーフ 日産 3,629 707.4
25 ノート 日産 2,741 15,469 17.7 154.9

軽自動車

N-BOX独走 別次元の2万台超え

N-BOXは9月に続いて2位のムーヴに7,252台差という圧倒的なリードを保って余裕のトップ。しかし、「ムーヴ」以外は軒並み好調だった前月比を割り込み、市場全体は年末商戦を控えて買い控えの様相を示しています。

そして、とばっちりを受けたのが”無罪”のはずの「デイズ」。昨年の三菱自動車による燃費偽装からやっと立ち直ったのに、今度は身内の失態によって「日産車」として敬遠されてしまい、前月比39%にまで落ち込んでしまいました。例外は軽商用車のクリッパーで、スズキ製ということもありますが、一般ユーザーよりビジネスユーザーの方が、今回の問題について冷静に受け止めているようです。

「デイズ」を除いたランキングは9月度とほとんど変わらず、N-BOXを除いた「Bクラスランキング」では「ムーヴ」が順調で、ただ一車前月比を上回っています。ダイハツでは「ミラ」がN-BOXに次ぐ前年比伸び率を見せており、軽自動車の全てのクラスでスズキに勝ってます。

通称名 メーカー 本月台数 前月台数 前月比 前年比
1 N-BOX ホンダ 21,234 26,983 78.7 152.9
2 ムーヴ ダイハツ 13,972 12,771 109.4 111.8
3 タント ダイハツ 10,660 11,636 91.6 101.0
4 ワゴンR スズキ 8,801 11,920 73.8 148.4
5 ミラ ダイハツ 7,483 8,757 85.5 146.0
6 スペーシア スズキ 6,865 9,573 71.7 111.5
7 アルト スズキ 6,236 7,730 80.7 86.0
8 デイズ 日産 5,961 15,153 39.3 62.8
9 N-WGN ホンダ 5,440 6,714 81.0 89.4
10 ハスラー スズキ 5,232 6,540 80.0 81.9

11月度の展望

日産では丁度、このランキングが発表されたタイミングで生産は再開された模様です。ブランドに大きなダメージを受け、その回復には膨大な時間と経費がかかりそうですが、それでも魅力的な車種の多くは販売台数が復活するはず、で80%ほどの販売成績には戻るはずです。そうなると、多くの受注残のある「ノート」と「リーフ」が一気に登録を行い、トップを独占することもあり得ます。

特に、「リーフ」がどこまで伸ばすか、史上初のEVによる首位ということも考えられます。全ては日産とそのディーラーによる速やかな事後処理にかかっているといえるでしょう。

自販連のホームページ

統計資料 – 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする