トヨタ、ハイラックスを日本で発売開始

2017年9月12日、トヨタ・ハイラックスが約13年ぶりに国内で復活した。

ニュースリリース

 ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180の国および地域で販売。累計世界販売台数は約1,730万台*2と、世界各国で愛用いただいている。
 ハイラックスの日本市場への導入にあたり、開発責任者である前田昌彦チーフエンジニアは、「日本国内では2004年に販売を終了しましたが、主に作業で使用する保有者が現在もなお約9,000名いらして、復活して欲しいという声を多くいただきました。まず、このようなお客様にしっかりとお届けしたい」と語った。

TOYOTA、ハイラックスを13年ぶりに日本市場へ導入

新型ハイラックスのボディタイプは、後席を備えた5人乗りのダブルキャブのみになります。ボディサイズは全長が5335mm、全幅は1855mm、全高が1800mmと、2004年に販売を終了した3代目ハイラックスに比べてもかなりのサイズアップとなっています。

全幅はランドクルーザープラドよりも狭いぐらいで驚きませんが、全長は乗用車では比較すべき車種がなく、2トントラック並みの5335mmとなった。また、ホイールベースも3mを超えており、最小回転半径も6.4mと日本の道路環境や駐車場の事情を考えると、規格外のサイズとなる。

新型ハイラックスはタイ王国から輸入され、販売目標台数は2,000台/年とされてます。近年の主流となっている乗用車感覚のSUVとはまったく新型ハイラックスですが、約326万円という「ランドクルーザープラド」より割安な価格設定により、意外な人気車種となる可能性もあります。

デザインテーマは「タフ&エモーショナル」

「タフ&エモーショナル」をテーマにデザインされたエクステリアは、フェンダーがワイドに張り出すなどタフなイメージとなり、インパネなどの内装はピックアップとは思えない水平基調で乗用SUVと変わらぬ質感とデザインが施されてる。

また、グレードはXと上級装備のZが設定されていて、Zには自発光式のオプティトロンメーター、後席のセンターアームレスト、スマートエントリー、アルミホイールそしてLEDヘッドランプやLEDフォグランプなどが装着される。

「X」は一体式、「Z」は左右分割して後席の座面を持ち上げられ、前席の後ろ側が雨に濡らさない収納スペースはダブルキャブならではの装備。また、荷台は頑丈なスチールバンパーを低い位置に配置して、高い荷台からの荷物の積み降ろしがしやすい工夫もされており、アウトドアで大活躍しそうだ。

エンジンは2.4Lディーゼルターボ

エンジンは直列4気筒2.4Lのディーゼルターボを搭載。最高出力は150馬力(3400回転)、最大トルクは40.8kg-m(1600~2000回転)。組み合わされるトランスミッションは6速ATで、駆動方式はパートタイム4WD。副変速機も備わり、「Z」には後輪側のデフロックも装着される。

また、最低地上高は215mmを確保し、タイヤサイズは17インチ(265/65R17)。サスペンションは前輪がダブルウイッシュボーンの独立式、後輪側はリーフスプリングで、悪路における信頼性は高いものがある。

ピックアップであっても安全装備は万全

安全装備は、ミリ波レーダーに加えて単眼カメラも備え、歩行者も検知可能なプリクラッシュセーフティを搭載し、車線逸脱の警報も可能になっています。また、サイド/カーテン/ニーエアバッグは全車に標準装着される。

さらに、新型ハイラックスにはTRDからパワフルかつスポーティなカスタマイズパーツとして、フロントグリル・バンパーカバー、サイドステップ、ハードトノカバーなどが用意されています。

新型ハイラックスメーカー希望小売価格(消費税込み)
X  3,267,000円
Z  3,742,200円
(主要諸元)
全長/全幅/全高;5,335/1,855/1,800mm
ホイールベース:3,085mm
駆動方式:4輪駆動(パートタイム4WD)
車両重量:2,080kg
乗車定員:5名
エンジン:2.4Lディーゼルターボ
最高出力:110kW(150PS)/3,400rpm
最大トルク:400Nm(40.8kg・m)/1600~2,000rpm
ミッション:スーパーインテリジェント6速オートマチック(6 Super ETC)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする