2017年8月度新車販売台数ランキングを発表

自販連(日本自動車販売協会連合会)と軽自協(全国軽自動車協会連合会)は5日、8月度の新車販売台数ランキングを発表しました。

スポンサーリンク

新車販売総合、アクア、プリウス が13月ぶりの1、2

「アクア」が1万0870台(3.1%減)で1年9か月ぶりにトップとなり、2位は「プリウス」で1万0417台(40.5%減)。アクアとプリウスによるトップ2は2016年7月以来、13か月ぶり。3位には軽自動車勢トップのダイハツ「ムーヴ」が入り1万0364台(111.9%増)だった。

大きく順位が変動したように見えるが、ひとえにホンダのN-BOXがフルモデルチェンジされたことで順位を下げた結果であり、アクアとプリウスが復活というわけではなさそうだ。

通称名 メーカー名 当月台数 前月台数 前月比 前年比
1 アクア トヨタ 10,870 12,005 90.5 96.9
2 プリウス トヨタ 10,417 12,057 86.4 59.5
3 ムーヴ ダイハツ 10,364 9,735 106.5 211.9
4 N-BOX ホンダ 10,079 14,503 69.5 75.9
5 ノート 日産 9,685 12,431 77.9 172.8
6 デイズ 日産 9,645 12,137 79.5 132.7
7 タント ダイハツ 8,743 11,710 74.7 81.9
8 ワゴンR スズキ 8,651 10,609 81.5 160.3
9 ミラ ダイハツ 7,995 11,670 68.5 169.5
10 フィット ホンダ 7,705 11,908 64.7 109.5

登録乗用車

アクアがマイナーチェンジ効果で1年9か月ぶりのトップへ返り咲き

6月19日にマイナーチェンジを受けた「アクア」が1万0870台(3.1%減)を販売し、1年9か月ぶりのトップとなり、1万0417台(40.5%減)を販売した「プリウス」が2位。前月首位だったに「ノート」は9685台(72.8%増)で3位に転落した。

「アクア」はマイナーチェンジで息を吹き返した結果だが、「プリウス」は前年比59%台という不振であるのは変わらず。
それでも2位になったのは、「ノート」が、9月5比に発表された同社のEV「リーフ」の影響をまともに受けた結果である。

また、トヨタでは「C-HR」が前年比60%台と失速。代わりに「ハリアー」が同160%と伸びている。注目の新型「カムリ」は前年の7倍以上と、セダンとしては好調な売れ行きを示しているが、比較すべき前モデルの台数が少なすぎてあまり参考にはならない。

順位 通称名 メーカー名 当月台数 前月台数 前月比 前年比
1 アクア トヨタ 10,870 12,005 90.5 96.9
2 プリウス トヨタ 10,417 12,057 84.2 59.5
3 ノート 日産 9,685 12,431 77.9 172.8
4 フィット ホンダ 7,705 11,908 64.7 109.5
5 ヴォクシー トヨタ 6,611 7,873 84.0 103.1
6 フリード ホンダ 6,557 7,399 88.6 1122.8
7 シエンタ トヨタ 5,681 7,044 80.7 59.7
8 ルーミー トヨタ 5,416 6,225 87.0
9 ヴィッツ トヨタ 5,380 6,988 77.0 103.4
10 セレナ 日産 5,244 6,467 81.1 119.4
11 C-HR トヨタ 5,074 8,069 62.9
12 インプレッサ SUBARU 5,056 7,645 66.1 163.7
17 ハリアー トヨタ 4,116 5,598 73.5 144.2
20 エクストレイル 日産 3,501 4,383 79.9 105.1
25 カムリ トヨタ 2,728 3,244 84.1 727.5
27 CX-5 マツダ 2,523 2,714 93.0 204

日本自動車販売協会連合会

軽自動車

「N-BOX」のフルモデルチェンジという絶好の機会にトップを奪取したのは、予想された「デイズ」ではなく、マイナーチェンジを受けたダイハツ「ムーヴ」で、1万0364台(111.9%増)を販売し、2013年7月以来、4年1か月ぶりのトップとなった。

17か月連続で首位を守り続けてきたホンダ『N-BOX』は1万0079台(24.1%減)で2位転落、日産『デイズ』は9645台(32.7%増)でワンランクダウンの3位となった。

ホンダのN-BOXが8月31日にフルモデルチェンジされたため、ついにトップから転落したが、新型の予約販売を繰り広げつつ、1位となった「ムーヴ」に僅差までせまった。これはあの「プリウス」でさえフルモデルチェンジ直前には大きく台数を落としたのを考えても、やはり最後まで怪物だったといえる。

今後は新型となって「N-BOX」がどこまで受注を伸ばすのか、それにより影響を受ける車種はどれなのかが注目される。

通称名 メーカー 本月台数 前月台数 前月比 前年比
1 ムーヴ ダイハツ 10,364 9,735 106.5 211.9
2 N-BOX ホンダ 10,079 14,503 69.5 75.9
3 デイズ 日産 9,645 12,137 79.5 132.7
4 タント ダイハツ 8,743 11,710 74.7 81.9
5 ワゴンR スズキ 8,651 10,609 81.5 160.3
6 ミラ ダイハツ 7,995 11,670 68.5 169.5
7 スペーシア スズキ 6,699 8,172 82.0 115.8
8 アルト スズキ 5,589 6,894 81.1 88.8
9 N-WGN ホンダ 4,658 4,858 95.9 87.4
10 ハスラー スズキ 4,609 5,822 79.2 81.8

全国軽自動車協会連合会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする