日産、新型「リーフ」発表、10月2日発売

日産自動車は6日、100%EVの新型「日産リーフ」を初公開しました。

スポンサーリンク

ニュースリリース

新型「日産リーフ」は、ゼロ・エミッションである事に加え、電動パワートレインならではのパワフルな加速、そして低重心を活かした軽快なハンドリングを実現し、さらに進化した自動運転技術を始めとする先進技術を合わせ持つ、「技術の日産」の粋を結集したクルマです。

ニュースリリース:新型「日産リーフ」を発表

最先端のe-パワートレインと進化した自動運転技術

新型「日産リーフ」は、400km(JC08モード)の航続距離を実現し、今まで以上に安心して長距離ドライブを楽しむことが可能となりました。また、最大出力110kW、最大トルク320Nmを発生する新型e-パワートレインを採用し、電気自動車ならではの加速性能を実現しています。

また、高速道路単一車線での自動運転技術「プロパイロット」の採用に加え、パーキングにおいて、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロット パーキング」を搭載、車庫入れ、縦列駐車を、大変簡単な操作で安全に行う事を可能としました。

自動運転技術「プロパイロット」は「セレナ」から採用され、「エクストレイル」に続いて3車種目の採用となります。

ドライバーの運転時の負担を軽減するe-Pedal

「e-Pedal」はアクセルペダルの操作だけで発進、加速、減速、停止までをコントロールすることができます。アクセルペダルから足を離すと、回生ブレーキと通常のブレーキ双方を自動的に制御し、クルマを減速、停車させることができ、坂道においても停止を保持することができます。

ノートe -POWERにも「ワンぺダルドライブ」という同様の機能がありますが、新型リーフでは一歩進んでモーターとブレーキを併用したことで、アクセルオフで自動的にブレーキがかかり、さらに停止を保持するという新機能が追加されています。

これにより日常のおよそ9割の減速をアクセル操作だけでカバーできるという事になりますが、我々のドライビング技術も、さらに進化させる必要がありそうです。

テクノロジー感あふれるシルエットとインテリア

新型「日産リーフ」のエクステリアは、シャープでダイナミックなデザインとなり、フロントには、ブーメラン型のランプシグニチャーや、Vモーショングリルを採用。また、クリアーブルーのフラッシュサーフェイスグリルや、リアバンパーのブルーモールディングなど、日産の電気自動車であることを表現したものになりました。

すでに発売されている海外生産車種の新型マーチと同デザインであり新鮮味はないが、これまでのEVっぽさが全面に出たデザインから、ごく普通のBセグメント車になったことで、より普及が望めるのはずです。

今回の新型「日産リーフ」は、日本で10月2日に発売され、米国およびカナダ、また欧州では2018年1月よりデリバリーを開始する予定となっています。そして、バッテリー容量とモーター出力を更に向上させたハイパフォーマンスモデルの発売を2018年に予定していることも発表されました。

新型「日産リーフ」全国希望小売価格(消費税込み)
S 3,150,360円
X 3,513,240円
G 3,990,600円

車両諸元

全長:4,480 mm
全幅:1,790 mm
全高:1,540 mm
ホイールベース:2,700
(バッテリー)
タイプ リチウムイオンバッテリー
容量 40kWh
(電気モーター)
最高出力:110kW(150ps)/3283~9795rpm
最高トルク:320N・m(32.6kgf・m)/0~3283rpm
(性能)
航続距離:400km(JC08)
充電時間(普通充電):16時間(3kW)/ 8時間(6kW)
80%まで充電するのにかかる時間(急速充電):40分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする