マツダ 「アクセラ」を商品改良、先進安全技術を全機種で標準装備

マツダは、「アクセラ」を商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて8月24日から予約を開始し、9月21日に発売することを24日に発表しました。

スポンサーリンク

ニュースリリース

このたびの商品改良では、車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「先進ライト*3」を、全機種で標準装備とします。

http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201708/170824a.html

マツダは、2017年度中に国内主要5車種、「デミオ」、「アクセラ」、「アテンザ」、「CX-3」、「CX-5」へ先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備することを公表しており、今回発売する「アクセラ」によって、5車種が出揃うことになります。

今回の商品改良では、車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「先進ライト」を、全機種で標準装備としており、これにより「アクセラ」は、経済産業省や国土交通省などが普及啓発する「サポカーS・ワイド」に全機種が該当しました。

さらに、車両前方の危険認知・衝突回避支援技術に加え、車両側方および後方の危険認知をサポートする「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」もアクセラ全機種でこれらを標準装備としています。

また、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」を、マツダ車として初採用しました。

新機種を設定

 
クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を「アクセラセダン」へ新設定し、上質かつ快適な室内空間を提供する「L Package」を1.5Lガソリンエンジン車にも追加、新開発のボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定するなど商品性・価値の向上を図っています。

「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備するマツダの対策は、他メーカーより素早く大きな評価が与えられるはず。個々の機能については、他の車種が勝っていても、トータルパッケージとして多くの車種に標準装備することこそが正しいメーカーのあり方と言えます。

マツダ初360°ビュー・モニター

目新しいのは「360°ビュー・モニター」で、トヨタのパノラミックビューモニター、日産のアラウンドビューモニターと同じものといっていいでしょう。駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる。

車両の前後左右に備えた計4つのカメラを活用し、車両を上方から見たトップビューのほか、フロントビュー、リアビュー、左右サイドビューの映像をセンターディスプレイに表示。リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)や8つのパーキングセンサーで対象車両や物を検知して知らせる警報音とともに、低速走行時に目では直接確認しづらいエリアの安全確認をサポートします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする