2017年7月度新車販売台数ランキングを発表

自販連(日本自動車販売協会連合会)と軽自協(全国軽自動車協会連合会)は5日、7月度の新車販売台数ランキングを発表しました。

スポンサーリンク

それによると、7月の車名別国内新車販売台数は、ホンダの「N-BOX」が前年同月比11.4%増の14,5031台で4カ月ぶりの首位。フルモデルチェンジ間近ながらも、好調な販売を続けている。

2位は昨年日産自動車の「ノート」3位は日産「デイズ」で日産車の好調ぶりが目立った。4位はトヨタの「プリウス」だが56.9%減の102,057台にとどまり、5位は同じくトヨタの「アクア」でやはり23.8%減と低迷。6位には、6月にマイナーチェンジされたしたホンダの「フィット」が久々のトップ10入りをはたした。

登録乗用車

トップは2017年3月以来の日産ノート。6月、7月と、各車のマイナーチェンジが相次ぎ、それぞれ順位を上げていますが、ノートは順位が変動しながらも、「e-POWER」の評価が浸透してきた結果、前月比、前年比とも確実に上げてきています。

ラインナップを充実させたアクアやフェイスリフトを果たしたフィットなどコンパクトカークラスは相変わらず激戦となっていますが、中でも不振が続いていたフィットが躍進し、アクアに僅差となっています。見た目の変化は少ないものの、「ホンダセンシング」といった安全性能を充実させたことが販売に好影響を与えたとみられています。

SUBARUのインプレッサやマツダのCX-3も、この安全性能を充実させて販売が好調に推移している車種と言えるでしょう。

6位以降では、マイナーチェンジ効果もあって躍進したヴォクシーが急上昇し、ハリアーも順調な販売を続けています。逆に急降下しているのが、プリウス。前年比43%台というのは危機的状況です。そしてC-HRも前月を大きく下回っているのは、ハリアーの好調さと関係があるように見られます。

トヨタでは新型カムリが前年比700%超えで26位に初登場。今後の伸び率が期待されます。

日産ではセレナとエクストレイルという「プロパイロット」搭載車のもたつきが気になります。ともに前年比こそ大幅に上回っていますが勢いは見られません。

日本自動車販売協会連合会
http://www.jada.or.jp/contents/data/ranking.html

軽自動車

7月の軽自動車販売台数は149,032台、前年同月比111.3%と好調に転じています。そのセールスランキングでは、フルモデルチェンジ直前にもかかわらず、ホンダのN-BOXがトップを死守しました。

7月のランキング のトップ10の顔ぶれは変わらず、順位が多少入れ替わるといういつもの構図。2位に日産デイズが目立ちます。前月は同じ2位でもN-BOXに7千台近くの差をつけられ、独走を許したものの、7月は2千台にその差を縮めた。

デイズの場合は、シリーズとしてデイズルークスも含んだ台数なので、同じ条件とは言えないが、もう少しで登録車トップのノートに並んで、2冠達成という快挙を逃した。しかし、8月末にモデルチェンジするN-BOXは、さすがに8月の台数は落ちるとみられており、日産としては2冠達成の最後のチャンスとして8月は全車をあげての猛セールスを展開するはずだ。

新車効果が早くも薄れたミラが順位を下げ、ムーヴは、マイナーチェンジの影響もあって順位を落としています。ムーヴが8月はどこまで順位を上げてくるのか注目されます。今後の話題はいよいよフルモデルチェンジされるN-BOXにつきます。

モデルチェンジ直前までトップを独走する現行車種に対して、よりプレミアム感が強まる新型がどのような評価を受けるか。大ヒット間違いなしという下馬評をよそに、現行モデルが今でも売れ続けているのは、必ず情報を提示してもらっているはずの新型を、あえて予約せず現行モデルを選ぶ何らかの問題があるのかもしれません。

全国軽自動車協会連合会
http://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする