ダイハツ 、ムーヴ/ムーヴカスタムをマイナーチェンジ

ダイハツは、軽乗用車ムーヴ/ムーヴカスタム、および福祉車両のムーヴ フロントシートリフト車を マイナーチェンジし、8月1日(火)から全国一斉に発売することを発表した。

スポンサーリンク

ニュースリリース

「ムーヴ」は1995年にダイハツ初の「スペース系軽自動車」として誕生し、年齢性別を問わず多くのお客様からご好評をいただいてきた、ダイハツの基幹車種の一つである。2012年12月に実施したマイナーチェンジにて、当時軽自動車初※1となる衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用。2014年12月に発売した6代目の現行モデルでは、ダイハツ独自の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を初めて搭載し、低燃費と高い基本性能を実現した。

https://www.daihatsu.com/jp/news/2017/20170801-1.html

スマートアシストⅢ採用などで安全・安心性能をさらに向上

今回のマイナーチェンジでは、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストⅢ」を搭載。さらに、4箇所のカメラにより、車両の前後左右を映す「パノラマモニター」を採用することで、軽自動車トップの安全性能をさらに向上させています。

ムーヴカスタムは大変身

また、ムーヴ/ムーヴカスタムともに内外装を刷新。ムーヴではメッキフロントグリ ルの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアを実現。ムーヴカスタムでは新開発の多灯薄型LEDヘッドランプや、クリアタイプのインナーレンズを採用したリヤコンビネーション ランプなどによる、先進的で上質感あるエクステリア、新意匠のインパネガーニッシュなどによる 上質感あるインテリアとしています。

その他、リヤシートのラゲージ側に、リヤシートのスライドレバー を設定することで、使い勝手も向上させました。

さらに、軽福祉車両「ムーヴフロントシートリフト」についてもマイナーチェンジを実施。ムーヴ/ムーヴカスタムの変更内容を織り込んでいます。

カスタムだけを特別扱いする理由

今回のマイナーチェンジでは、最近のスズキの改良に見られるように、スマートアシストⅢの全面展開が主となりましたが、ムーヴカスタムに限ってはフロントマスクを大幅にリファインしてきました。多灯薄型LEDヘッドランプによるそのフロントデザインは 、旧ワゴンRスティングレーのような顔つきになり、標準車は一部改良、カスタムは大幅改良といった結果になっています。

軽ハイトールワゴンに押され気味のトールワゴンクラスでも、上級装備車のカスタム人気は衰えておらず、ムーヴもカスタムを大幅に刷新することによって、シリーズ全体の販売を盛り上げ、ワゴンR勢を突き放す方針となったようです。

ライバルに勝つにはライバルのいいところを頂く。現行スティングレーのデザインが好評とは言えず、前モデルのスティングレーを今風にリファインした方がカッコ良くなるんだって、スズキは思ってるかも知れませんね。

メーカー希望小売価格

1,112,400円から1,749,600円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする