「NV350キャラバン」をマイナーチェンジ

日産自動車は7月13日、「NV350キャラバン」をマイナーチェンジし、同日より全国一斉に発売することを発表しました。

スポンサーリンク

ニュースリリース

今回のマイナーチェンジでは、魅力的な先進安全装備や利便装備を充実させました。バンの2WD車の一部のバリエーションのみに標準設定していた「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)[TCS機能含む]」、「ヒルスタートアシスト」をバン全車に拡大し標準設定しました。また、小型貨物車4ナンバーバンクラスで初めて「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」を装備しました。

https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-2e0d2da3886e360f41ea6737dc000d6c-170713-01-j?lang=ja-JP

先進安全装備と利便装備を充実

今回のマイナーチェンジでは、先進安全装備や利便装備を充実させ、バンの2WD車の一部のバリエーションのみに標準設定していた「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)[TCS機能含む]」、「ヒルスタートアシスト」をバン全車に拡大し標準設定しました。

また、小型貨物車4ナンバーバンクラスで初めて「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」を装備しました。これにより資材などが置かれた狭い駐車スペースや荷物で後方視界が遮られている際など商用車ならではの危険から、安全を確保し運転をサポートします。

利便性では、住宅街や深夜・早朝などで大きな音を立てずに全閉できる「バックドアオートクロージャー」や視認性に優れた液晶モニターと大きなスイッチにより操作性を向上させた「オートエアコン+リヤクーラー」を設定しました。

上級車種ではお馴染みの「バックドアオートクロージャー」ですが、ほとんどが利便性のみの訴求でした。なるほど、大きなリアゲートを占めるときに勢いをつけなければならず、大きな音を立てます。「バックドアオートクロージャー」なら静かに占められるという利点は、利用した人しかわからない効用。住宅街や深夜・早朝で気にすることがないというのはビジネスバンならではの発想です。

精悍な印象のエクステリア

エクステリアでは、お馴染みの日産デザイン「Vモーショングリル」をよりダイナミックに強調し、力強さを表現しました。また、ヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベライザー付)、リヤコンビネーションランプにLEDを採用することで精悍な印象とし、視認性も向上させました。

さらに、「プレミアムGX」、「GX」グレードのインテリアでは、シルバー加飾を施したモダンなステアリングを設定するとともに、ブラック生地にホワイトのラインをランダムに配したシートファブリックを採用するなど、プレミアム感を高めました。

グレード体系では、エクステリアを中心に上級グレードに準ずる仕様・装備とした「VX」グレードを追加しましています。

なお、商用車系特装車についても標準車に準ずる仕様・装備の変更を行い、7月31日より発売します。

また、日産産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパンは、「NV350キャラバン」のマイナーチェンジにあわせ、カスタムカー「ライダー」、送迎仕様車「送迎タイプ」、車いす仕様車「チェアキャブ」をマイナーチェンジし、日産の販売会社を通じて7月13日より全国一斉に発売することを発表しています。

NV350の中古車

Powerd by Guliver

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする