トヨタ、カムリをフルモデルチェンジ

トヨタは、カムリをフルモデルチェンジし、全国のトヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店(東京地区は東京トヨタでも販売)を通じて7月10日に発売した。

スポンサーリンク

ニュースリリース

カムリは、1980年国内専用モデル「セリカ カムリ」(FR車)として誕生し、1982年には、FFレイアウトを採用した現在の車名「カムリ」として一新し、グローバルに販売を開始した。
カムリはこれまで、「トヨタのグローバルミッドサイズセダン」として、米国15年連続乗用車販売台数No.1*5獲得をはじめ、100カ国以上の国や地域で販売し、累計1,800万台超えを達成している。

新型カムリは、「性能」「智能」を突きつめることで「官能」をもたらす心揺さぶる上質セダンをコンセプトに、TNGAに基づきプラットフォーム、ユニット、電子系など全ての部品をゼロから開発することにより、エモーショナルで美しいデザイン、意のままの走り、上質な乗り味を実現し、運転のしやすさを追求。上質で仕立ての良い室内空間、最新の予防安全装備の充実など、新たな上級ミッドサイズセダンとして進化させた。

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/17660392

フルモデルチェンジのポイントはふたつ。そのシルエットと新しい「ダイナミックフォースエンジン2.5」だ。その大きく変わったシルエットを象徴するのがフロントフェイス。

進化したキーンルックにより個性を際立たせたアッパーグリルと、立体的で大胆に構えたロアグリルを対比させることにより、低重心でワイドなスタンスを強調。Bi-Beam LEDヘッドランプは、3層に重なったLEDクリアランスランプで、横方向への広がりと奥行きのある高い質感を表現している。

この「ひだひだ」のロアグリルが新型カムリの最も目立つ特徴となるのは間違いない。

ダイナミックフォースエンジン2.5は、トヨタ版「SKYACTIV」と言われる高効率の新型エンジン。最大熱効率41%と高出力を両立し、ハイブリッドシステム(THSⅡ)を組み合わせることで、同排気量クラストップレベルとなる33.4 km/Lの低燃費と優れた動力性能を両立している。

先進のインターフェイスと、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備。さらに、後退時の死角に左右後方から接近してくる車両を検知し自動的にブレーキ制御を行う「リヤクロストラフィックオートブレーキ」機能をTOYOTAブランド初採用しているのも注目される。

月販目標台数 2,400台と、国内のミドルサイズセダンとしては強気の設定だが、優れたセダンを熱望するセダンの潜在的需要を掘り起こすことが出来れば難なくクリアするはず。また、ミニバンを卒業したファミリーを取り込めば、大ヒットの可能性もあるかも知れない。

新型カムリ 車両価格3,294,000円~

また、同日にカムリのOEM供給車両、「ダイハツアルティマ」も発売された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする