レヴォーグとWRX S4に「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載した大幅改良モデル

SUBARU(スバル)は、「レヴォーグ」と「WRX S4」の大幅改良モデルを8月7日より同時に発売することを7月3日に発表しました。

スポンサーリンク

ニュースリリース

「レヴォーグ」は、「革新スポーツツアラー」をコンセプトに2014年4月に発表。アイサイトをはじめとする最先端の安全性能と、SUBARUが培ってきたツーリング性能を高い次元で両立したスポーツワゴンです。

今回の大幅改良では、全車速域でアクセル・ブレーキ・ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」をSUBARUとして初搭載。ロングツーリングの際の快適性と安心感を大幅に高めています。更に、後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプ等の先進安全機能を新たに追加。全方位にわたってドライバーの安全運転を支援する仕様としました。

https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_07_03_4414/

「アイサイト・ツーリングアシスト」を初搭載

「ツーリングアシスト」は、アイサイトの車線中央維持の作動領域を従来の60km/h以上から0km/h以上へ、全車速域追従機能付クルーズコントロールは高速道路などで追従範囲を0km/h~約120km/hに拡大。さらに先行車追従操舵を追加することで、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動制御して、ドライバーをアシストする機能を持ちます。

さらに後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリヤビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプ等の先進安全機能を追加しており、総合安全性能を向上させています。

その他の変更点

レヴォーグと WRX S4のその他の変更点は、エクステリアやインテリアなどにおいても同一の内容の変更となっています。

エクステリアにおいては、フロントグリルやフロントバンパー、LEDヘッドランプのデザインを刷新し、LEDを採用したフロントフォグランプにより精悍なフロントフェイスとなっています。また、ボディカラーには新色「ストームグレー・メタリック」を追加しています。

インテリアは、インパネやセンターコンソールを質感の高いものに変更。また、新型8インチビルトインナビの採用と、マルチファンクションディスプレイの大型化とカラー液晶に変更したことにより高精細で見やすい車両情報表示を可能にしています。

また、パワ-ユニットなど基本部分に手は加えられていませんが、フロント&リヤサスペンションと電動パワーステアリングの改良、ボディ各所の振動騒音対策を施すことで静粛性を向上。さらに、レヴォーグにおいては1.6Lエンジンの制御を最適化して実用燃費を向上させています。

さらにレヴォーグでは、リヤシートを多彩なアレンジが可能な4:2:4分割に変更したほか、シートヒーターを「1.6GT EyeSight」を除く全グレードに標準装備しています。

車両価格はレヴィーグが282万9600円から、WRX S4が3,369,600円から 
販売計画台数はレヴォーグ2000台/月、WRX 325台/月となっています。

もはや自動運転!

従来の「アイサイト3」を進化させ、高速道路におけるアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動的に制御するということは、日産の「プロパイロット」同様、もしくは総合性能ではさらに上回る機能になったといえます。

日産のように「自動運転技術!」とアピールするわけでもなく、、セレナほどの量販車ではないレヴォーグとWRXS-4に搭載されたことで、せっかくのニュースもあまり大きく扱われないのは残念。

しかし、この先進安全システムにおいては他社をリードしている新生SUBARUですから、日産に先駆けて一気に拡大採用することを期待しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする