新型コンパクトミニバン「フリード/フリードプラス」を発売

ホンダは、新型「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」を、9月16日(金)より発売します。

スポンサーリンク

ホンダニュースリリース

(以下要約)
新型「フリード/フリード+」は、「7days Wonderful Mobility」をコンセプトに用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバンとして開発されました。

3列シート車の「フリード」、2列シート車の「フリード+」、そして福祉車両を用意し、多様なニーズに応えるべく16通りのワイドなバリエーションを揃えました。コンパクトミニバン初のハイブリッド4WD車に加え、車いす仕様車にもハイブリッドを設定しています。

多彩なシートアレンジが可能なコンパクトミニバンクラストップの広い室内空間を確保。さらに「フリード+」では、荷室を超低床化することで使い勝手を向上させました。

ハイブリッド車にはSPORT HYBRID i-DCDを採用し、ミニバントップレベル※3の27.2km/L(JC08モード)という優れた低燃費とともに、多人数乗車時の坂道でも、力強い走りを実現します。

販売計画台数(国内・月間)6,000台

Print

Print
http://www.honda.co.jp/news/2016/4160916-freed.html

「FREED(フリード)」とFREED+(フリードプラス)」

3列シートの「フリード」を基本に、2列シートの「フリード+(プラス)」をラインナップ。
「フリード+(プラス)」は「フリードスパイク」の名称だった2列シート仕様ですが、新型では「フリード」の位置バリエーションに吸収されたかたちです。
「フリード+(プラス)」は専用の低床フロアを与えられ、テールゲートも長くなるなど、よりラゲッジの使い勝手を進化させています。

「アクア」と並ぶ燃費27.2km/Lを達成!

パワートレインは1.5リッターのガソリン直噴エンジンとスポーツハイブリッドi-DCDを用意。
ライバルとなるトヨタ・シエンタの場合、ハイブリッドはFFだけの設定ですが、フリードはハイブリッドにも4WDが設定されているのがアドバンテージです。
そしてハイブリッド車のJC08モード燃費はFFで27.2km/L、4WDは25.2km/Lとなっています。つまり「シエンタ」とまったく同じ燃費ということになりました。

ハイブリッド車(HV)のモーターは、レアアース(希土類)の中でも希少性が高い「重希土類」を使わない磁石を、大同特殊鋼 と共同開発し、市販車で初めて使っています。
中国に偏在するジスプロシウムなどの「重希土類」の調達リスクを減らす事になります。

ガソリン1.5Lもほぼ同レベル

ガソリン車は1.5L直噴DOHC i-VTECエンジン の燃費はFFで19.0㎞/L(シエンタは20.6㎞/L)、4WDで17.6㎞/L(シエンタは15.4㎞/L)ですから、ほぼいっしょで4WDだけ「フリード」が優位という程度。

これだけ性能が並ぶと、両車の販売合戦は熾烈なものになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする