三菱eKシリーズと日産デイズシリーズの販売が7月5日より再開、燃費表示大幅ダウン

三菱自動車はJC08モード燃費を意図的に水増しして表示していたとして、軽自動車の「eKワゴン」、「eKカスタム」、「eKスペース」、「eKスペースカスタム」の販売を2016年4月20日より停止していましたが、JC08モード燃費の表記を改めて、2016年7月5日より販売が再開された。
同時に、日産へ供給している「デイズ」、「デイズルークス」に関しても販売が再開されています。
なお、この再販に関して両社のニュースリリースは配信されていませんが、削除されていたWebサイトには謝罪文とともに、燃費を訂正した両シリーズが復活しています。

スポンサーリンク

燃費表示大幅ダウン

eKワゴン/デイズ 従来表示30.0㎞/L?改訂後表示25.8㎞/L

ダイハツムーヴ 31.0㎞/L
スズキワゴンR 33.0㎞/L
ホンダN-WGN 29.4km/L

eKスペース/デイズルークス従来表示26.0㎞/L?改訂後表示22.0㎞/L

ダイハツタント 28.0km/L
スズキスペーシア 32.0km/L
ホンダN-BOX 25.6km/L

「eKワゴン」、「eKカスタム」及び「デイズ」のJC08モード燃費は最高で25.8km/Lとなり、従来表示されていた30.4km/Lから大幅に下げられた。同クラスライバルは、いずれも30km/L前後の水準となっており、これらと比較すると、燃費性能の悪さが目立つ結果となる結果となりました。

ハイトワゴンタイプの「eKスペース」と「eKスペースカスタム」及び「デイズルークス」は、最高で22.0km/LのJC08モード燃費となり、従来表示は26.0km/Lでこれも大きく値を下げた。ライバルモデルのJC08モード燃費
はいずれ「もeKスペース/デイズルークス」を上回っています。

損害賠償も決定、一台あたり10万円を支払い

また、「eK」「デイズ」両シリーズの燃費表示が変更されたことで、エコカー減税率も変わることになるため、ユーザー負担増の肩代わりと謝罪の意を込めて、販売期間2013年5月から2016年4月21日のシリーズ一台あたり10万円を三菱自動車がユーザーへ損害賠償という形で支払うとしています。

どこまで復権できるか

販売再開にこぎつけた両シリーズですが、その前途は多難。発売当時、クラストップの低燃費をうたっていたモデルが、ライバルに大きく差を付けられるクラス最低燃費となっているのですから、ホンダの「N-BOX」に肉薄する勢いであった「デイズ」も、今後は厳しい販売が続くと思われます。また、今後燃費が改善されたとしても、その信用度は無く、大げさな広報活動もしにくいという状況が考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする