新型「マツダ ロードスター」が「2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞。

日本自動車殿堂(JAHFA)は、小口泰平芝浦工業大学名誉学長が会長を務めるNPO法人。各年度の最も優れた乗用車とその開発グループを表彰することを目的に、毎年日本自動車殿堂カーオブザイヤーを選定している。今回受賞した「ロードスター」は、洗練されたオープンスポーツカーデザインや軽量高剛性ボディによる卓越した走行性能と低燃費、進化した「SKYACTIV技術」などが高く評価された。

マツダニュースリリース

http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2015/201511/151127b.html
(以下要約)
マツダは、新型『ロードスター』とその開発グループが「2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞。11月27日、授賞式がマツダ東京本社で行われました。マツダ車による同賞受賞は、2003~2004の『RX-8』に続いて3回目となります。

マツダの小飼 雅道 代表取締役社長兼CEOは、「この度新型『ロードスター』がこのような名誉ある賞を受賞することができ、我々が目指すクルマづくりが皆さまに認めていただけたことを嬉しく思います。マツダは今後もお客さまの人生を輝かせることのできるクルマづくりを追求し、お客さまに選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指していきます」と述べました。

合計4部門が選出される

日本自動車殿堂カーオブザイヤーには4つの部門があり、「ロードスター」が受賞したのは「国産乗用車部門」で、授賞理由は上記の通り。各部門の受賞車は下記の通りです。
日本自動車殿堂ニュースリリース http://www.jahfa.jp/3frame_flash.htm

インポートカーオブザイヤー・・・プジョー308SWとインポーター
カーデザインオブザイヤー・・・・ホンダS660とデザイングループ
テクノロジーオブザイヤー・・・・・トヨタフェーエルシステムと開発グループ

受賞は米国でも

さらに「ロードスター」は、米国の自動車専門誌、「Car and Driver」誌が1980年から行う企画の「2016年10ベストカー」にも「アクセラ」とともに選出されました。過去3年間で毎年、2車種が選ばれた自動車メーカーは、マツダが唯一という。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする