スバル、WRX に2種の特別仕様車を限定発売(WRX S4 SporVita・S207)

富士重工業のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルは、「WRX STI」をベースとした「S207」と、「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」をベースとした「WRX S4 SporVita」の2種の特別仕様車を発表し、2015年10月29日より受注を開始します。

スポンサーリンク

「S207」スバルニュースリリース

富士重工業のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル*1 は、WRX STIをベースとした「S207」(限定400台)を本日発表し、2015年10月29日より受注を開始します。尚、発売日は12月1日とし、順次生産・出荷します。

「S207」はWRX STIをベースに、エンジンや足回りを専用チューンし、外装・内装にも専用装備を追加したSTI コンプリートカーです。
「Sport,Always!」~究極のロードゴーイングSTI ~をコンセプトに、誰もがどこで乗っても同乗者も含めて「気持ちがいい」と感じ、「運転が上手くなる」STIコンプリートカーの最高峰モデルとして「愉しさで世界ナンバー1」のクルマを目指しました。
2015_1028-03_1
http://www.fhi.co.jp/press/news/2015_10_28_1327/

「WRX S4 SporVita」スバルニュースリリース

富士重工業は、スバル WRX S4に特別仕様車「WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)」を設定し、11月18日に500台限定で発売します。

「WRX S4 SporVita」は、WRX S4の上級グレードの2.0GT-S EyeSightをベースに、イタリア老舗皮革製品サプライヤーのMARIO LEVI(マリオ・レヴィ)社とのコラボレーションにより、タンとブラックの2トーンカラーの専用本革シートを採用。シートカラーと合わせて隋所にタンカラーを採用すると共に、インパネやシフトノブにはピアノブラック調加飾を採用。インテリアデザインをタンとブラックによりトータルコーディネートすることで、上質かつエモーショナルな室内空間を実現しました。
151028-4-650x176
http://www.fhi.co.jp/press/news/2015_10_28_1364/

「S207」

限定台数400台の究極のロードゴーイングSTI

 「S207」は、「WRX STI」をベースにスバルテクニカインターナショナル(STI)がエンジンや足回りを専用チューンし、内外装に専用装備を追加した、STIコンプリートカー。

 そのエンジンは、2.0L水平対向4気筒ターボを専用チューンすることで、最高出力をベース車よりも20psアップの328psにまで向上。

同様に最大トルクは、+9Nmの431Nmにアップしている。

 足回りも独自のパーツを装着類に加え、国内メーカー初採用となる可変減衰力サスペンション「DampMatic Ⅱ」を特別装備、ブレンボ製ブレーキキャリパー+ドリルドローターや、専用設計の255/35R19タイヤ、専用STI製ビルシュタインショックアブソーバー、専用大型フロントスポイラーの採用により、走行性能を向上させている。

 さらに専用ドライカーボン製リヤスポイラーなどの専用装備を追加したモデル「S207 NBRチャレンジパッケージ」も設定。

加えて、サンライズイエローの「S207 NBRチャレンジパッケージ・イエローエディション」も用意された
 限定台数と価格はは、標準の「S207」が5,994,000円で100台、「S207 NBRチャレンジパッケージ」が6,318,000円で200台、「S207 NBRチャレンジパッケージ・イエローエディション」が6,372,000円で100台の合計400台となっています。

「WRX S4 SporVita」

老舗皮革製品サプライヤー MARIO LEVI社とのコラボレーションモデルは限定台数500台

 「WRX S4 SporVita」は「WRX S4 2.0GT-S EyeSight」をベースに、内外装に特別な仕立てを施した限定モデル。

車名の「SporVita」とはイタリア語の「Sportiva(スポーツ)」と「Vita(人生)」を組み合わせた造語で、鮮やかなタンレザーやトリムパターン、デザインステッチなどにより「欧州上級GTのような大人のスポーティ感」を実現しているという。

シートにはイタリア製の本革を採用

 最大の特徴はシート。

前後席ともにイタリアの老舗革メーカー、Mario Levi(マリオレヴィ)製の専用本革表皮を採用。

さらにステアリングホイールやシフトブーツ、コンソールアームレスト、ドアトリムアームレストにはタン加飾を、インストゥルメントパネルまわりやドアトリムスイッチパネルなどには艶黒加飾を施している。

価格は3,909,600円で、500台が限定販売される。

評価

「S207」は待ち望んだファンにはたまらないモデル。

販売を終了した三菱の「ランサーエボリューションファイナルエディション」を逃した人も納得の内容。

もっともファン層は違うのだが。

ただし標準車で599万円というのは国産車として手が出しずらいので、スバルファンのさらに一部の方のみ御用達ということで400台が適正なのか。

「WRX S4 SporVita」はもっと現実的なモデルで、仕上がりの高級感は、「WRX」の欠点であった内装の安っぽさを完全に払拭するもの。

価格的にも十分検討出来そうだ。

画像ギャラリー

S207

IMGP5135IMGP5128IMGP5147IMGP5094

WRX S4 SporVita

0IMGP50460IMGP5054

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする