ホンダ「LEGEND(レジェンド)」をフルモデルチェンジして発売

 ホンダは11月10日、同社のフラッグシップサルーン新型「レジェンド」をフルモデルチェンジし、ハイブリッド専用車として2015年1月22日に発売することを発表した。

5代目となる新型レジェンドは、画期的な3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD※1」を採用。
車体前部に1つ、後部に2つ配置された計3つのモーターとエンジンを使い、ドライバーの要求や走行状況に応じて、前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動の3つの駆動方式と、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブという3つの走行モードの中から、最適な駆動方式と最もエネルギー効率の良い走行モードを連続的に自動で切り替えます。
legend_4141110

ホンダニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2014/4141110-legend.html


 5代目の新型レジェンドは、画期的な3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を採用。車体前部に1つ、後部に2つ配置された計3つのモーターとエンジンを使い、ドライバーの要求や走行状況に応じて、前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動の3つの駆動方式と、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブという3つの走行モードの中から、最適な駆動方式と最もエネルギー効率の良い走行モードを連続的に自動で切り替えます。

 車体後部に搭載した2つのモーターは、後輪の駆動力に加え減速力をも左右それぞれで自在に制御するトルクベクタリングを可能とし、高い操縦安定性、クラスを超えた上質な乗り心地、16.8km/L(JC08モード)という優れた燃費性能を達成しました。

 また、世界初となる歩行者への衝突回避を支援する「歩行者事故低減ステアリング」など、事故の未然防止や回避に寄与する先進の運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を搭載し、安心で快適なドライブをサポートします。

スポンサーリンク

新型「レジェンド」のパワートレイン

 ハイブリッドシステムは、車体前部にV型6気筒3.5L直噴i-VTECエンジンと、高性能モーターを内蔵した7速DCTを搭載、車体後部には、2つのモーターを内蔵したTMU(ツインモーターユニット)を搭載。エンジンと合計3つのモーターと、高出力リチウムイオンバッテリーを組み合わせたFF、FRそして4輪駆動にも対応する(SPORT HYBRID SH-AWD)システム。

 エンジンと、3つのモーターを制御し、「EVドライブ」、「ハイブリッドドライブ」、「エンジンドライブ」の3つの走行モードの中から、最適な駆動方式と最もエネルギー効率の良い走行モードを自動的に選択。減速時は四輪すべてのタイヤでエネルギーを効率よく回生し、16.8km/Lという優れた燃費性能を実現している。また、車体後部に搭載するTMUにより、最高出力27kWの走行用モーターを左右に備え、それぞれを独立して制御。エンジンのトルクに依存しないため、左右後輪のプラスのトルク(駆動力)のみならず、マイナスのトルク(減速力)をも自在に制御する高度なトルクベクタリングを可能として、全速度域で理想的なライントレース性をもたらし、高い操縦安定性を実現している。

ボディサイズやグレード構成

 ボディサイズは旧モデルとほぼ同じ4,995㎜×1,890㎜×1,480㎜、ホイールベースは若干伸びて2,850㎜、車両重量は100kg増の1,980㎏となっている。グレード構成は1種のみのモノグレードとし、ボディカラーは6種類。レザー使用のインテリアはボディカラーに応じて3種類が設定されている。車両価格は680万円。2015年1月22日から発売する。販売計画台数は月間300台となっている。

国内販売はどうか

 2012年6月に、国内市場から姿を消してから約2年半振りに復活を遂げることになった「レジェンド」。北米「アキュラ」チャネルで販売される「アキュラRLX」そのものだが、「アキュラRLX」はV6ガソリン車もラインナップされ、こちらが主力となっているが、日本仕様は「 SPORT HYBRID SH-AWD」のみとなった。価格が680万円。ホンダにはすでに、「アコードハイブリッド」があり、こちらも北米仕様からハイブリッド車のみピックアップし375~400万円で販売されている。

 「アコード」より上級機種といことで、ホンダのフラッグシップという位置づけは従来と変わらないが、クラス的にはサイズも価格も「フーガ」「クラウン」と同等かそれ以上になった。月販台数を見ても拡販車種ではなく、自社の象徴としてラインナップするだけのクルマだ。前モデルもその前のモデルも、トヨタ、日産のプレミアムセダンに対抗するモデルとしていたが、そのメカニカルな部分は常に評価され、カーオブザイヤーの部門賞も獲得しているものの、国産車を代表する高級車としてのポジションは定かではなかった。原因はただ一つ、見た目の高級感がないからだ。

歴史は繰り返されるのか

 「アコード」より大きく性能も上、装備も価格も別格なのに、外見では「アコード」とほとんど区別がつかなかった。「クラウン」と変わらない予算で、高級セダンを主有する満足感に乏しいのである。性能は間違いないのだが、実態は高級セダンではなく、「高性能セダン」であり、スタイリングは構成ナウセダンにしてはおとなしすぎた。

 今回はというと、「アコード」が立派(?)に高級セダンになってしまったため、そうとう凝った造りになっているのにかかわらず、やはりテクノロジーオブザイヤー狙いの「高性能セダン」。またもや歴史は繰り返されるようだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする