5ナンバーサイズ4ドアセダン徹底比較(カローラアクシオ・グレイス・アクセラセダン)

5ナンバーサイズ4ドアセダンの販売動向

日本を代表する5ナンバーサイズの4ドアセダンである「トヨタ・カローラ アクシオ」。

セダン不況と言われる中でも多くの顧客を始めとして、今なお根強い支持を集めています。

国内のコンパクトセダン市場には、「ホンダグレイス」や「マツダアクセラ」といった評価の高いモデルも存在しており、セダン不況の中でしのぎを削っています

そこで、マイナーチェンジされて新型となったカローラアクシオを中心に、居住性、燃費、走り、そして安全性能といった各項目から3車を徹底比較することで、新型アクシオの優位性、さらには4ドアセダンの魅力を探っていきます。

スポンサーリンク

カローラアクシオの概要とマイナーチェンジでの変更点

2012年5月に発売したカローラアクシオの現行モデルは、プラットフォームを「ヴィッツ」系のものに変更してボディーをダウンサイジングするなどして小型軽量化。

エンジンも1.3Lを復活させるなど、ダウンサイジングされ、「アクア」と同じハイブリッドシステムを搭載しています。

2017年10月11日にワゴンタイプの「フィールダー」とともにマイナーチェンジされ、予防安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備し、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を新たに設定して安全性能を強化しています。

また、デザインにおいてもフロントグリルを中心に意匠を変更し、よりスタイリッシュに進化しました。

カローラフィールダーとカローラアクシオがマイナーチェンジ

居住性を比較

4ドアセダンの特徴としては、荷室を分断したことによる居住性能の高さが挙げられます。

しかし、コンパクトセダンでは、全長、全幅ともに大きくできないために居住スペースに限界があり、コンパクトカーのようなシートアレンジも設定しにくいなど制約も多いのが欠点となります。

一貫して5ナンバーを保っているアクシオは、その使い勝手に定評がある反面、室内スペースに自由度がなく、さらに旧型よりダウンサイジングされたことで、ライバルに比べて室内の拡張もあまり出来ませんでした。

広さということでは、フィットの流れをくむグレイスは最大であり、スポーツセダンを狙うアクセラも2.0Lモデルも設定することから室内に余裕があり高級感も備えています。

アクシオ グレイス アクセラ
全長
全幅
全高(㎜)
4,400
1,695
1,460~1,485
4,450
1,695
1,475~1,500
4,580
1,795
1,455
室内長
室内幅
室内高(㎜)
1,945
1,430
1,200
2,040
1,430
1,230
1,845
1,505
1,170
ホイールベース(㎜) 2,600 2,600 2,700
乗車人員(人) 5 5 5

カローラアクシオの居住性

先代と比べて全長を50mm短縮し、歴代初のダウンサイジングを行っていますが、オーバーハングの切りつめによるところが大きく、前後の居住空間やラゲッジスペースが小さくなるなどに影響は受けていません。

また乗降性も不満はなく、運転席に乗り込んだときの視界も十分。

ただし、アクセラよりホイールベースは10センチ短く、グレイスほど後席足元は余裕がなく室内高も低いために、広さを感じることはできません。

また、リアシートが一体可倒式であったり、低めの運転姿勢はコンパクトカーや軽自動車から乗り換えるユーザーには、セダン特有の雰囲気はあるものの、見通しや後方視界などに不安が感じられる要因になります。

解放感や使い勝手という点ではどうしてもアクアやヴィッツには劣りますが、日本専用車(一部輸出)として、特にベテランユーザーにターゲットを絞ったカローラは、アジアなどの新興国の富裕層を狙ったグレイスと、その高級感に違いはあるようです。

事実、グレイスやアクセラのほうが豪華に感じる方が多いでしょう。

フィールダーに主役が移ったのは使い勝手が重要視される風潮が原因ですが、セダンならではの落ち着き感や高級感がなく、古いコンパクトセダンの安っぽさが改善されていないこともあるのではないでしょうか。

しかし、今回のマイナーチェンジでは、多少の改善がみとめられ、助手席側インストルメントパネルにメッキ加飾が施されたり、一部車種のシート地の材質が変更され、ある程度の質感は向上しています。

カローラアクシオの値引きとリセールバリュー

グレイスの居住性

グレイスの後席は、フィット同様に燃料タンクを前席下に置く「センタータンクレイアウト」と、コンパクト化したエンジンルームによりアクシオより10㎝も長い室内長となり、後席は足が組めるほどの余裕があります

しかもトランクスルー機構も備わっているなど、使い勝手はコンパクトハッチに負けていません。

さらに後席では座面の長さ、クッションの厚み、背もたれの高さと角度にまでこだわり、さらに、シートサイドまでクッションを拡大した後席は、上質な座り心地と高いホールド性を両立。

柔らかいウレタンを採用し、触感の良さを追求したドアアームレストなどで居住性を高め、後席を重視した造りが特徴となります。

運転席も、過剰な装飾ではなく機能美に満ちた上質さで、白く発光する細やかな意匠を施したメーターなどが高級感を醸し出しています。

グレイス値引き相場と交渉の進め方

アクセラセダンの居住性

アクセラセダンのインテリアは、内装は黒を基調に、差し色としてシルバーを使用することで、メリハリの効いた空間を演出しています。

そして、本革を使用したピュアホワイトのシートと、同色のドアトリムとセンターコンソールを選択すれば、クラス上の「アテンザ」と変わらぬ、さらに高級なセダンに早変わりします。

また、インパネは一眼メーターをドライバーの真正面に据えたシンプルな造りで、情報表示は文字が大きめで配置も分かりやすくとても見やすく、車速やナビの進路を表示する「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」も備えるなど、視線移動を最小限に抑えることができて運転に集中しやすくなっています。

さらに、運転席は足元が広くて長時間ドライブでも快適で、後席もロングホイールベースによりレッグスペースに余裕があります。

また、容量419Lというのトランクルームはハッチバックの364Lを凌ぎ(ハイブリッドモデルは312L)ます。

特に、足を自然に伸ばした位置にペダルを配置するなど、運転姿勢に力をいれており、後席より運転席を重視しているのがアクセラの特徴といえます。

アクセラの値引きとリセールバリュー

燃費を比較

どんなボディタイプであれ、低燃費はコンパクトカーの絶対条件。

ユーザーも、いろいろな数字の中で最も注目し、わかりやすいのが燃費となります。

しかし、ハッチバックより重く、燃費的には不利になるのも確かです。

そんな中では、やはりアクシオとグレイスが採用するハイブリッド車の燃費は優れており、ディーゼルを採用するアクセラを大きく引き離しています。

アクシオ グレイス アクセラ
車両本体価格(円) 1,507,680~ 1,769,040~ 1,825,200~
JC08モード燃費 16.4~23.4 19.6~22.0 21.6
  ハイブリッド ハイブリッド ディーゼル1.5
車両本体価格(円) 2,073,600~ 1,979,640~ 2,338,200~
JC08モード燃費 34.4 26.6~34.8 21.6

カローラアクシオの燃費

マイナーチェンジではパワーユニットの基本的な性能は変更していませんが、ハイブリッド車においては、エンジン・モーター・インバーターなどの制御を改良することで燃費性能を高め、走行燃費34.4㎞/Lを実現していて、引き続きグレイスを凌ぐクラストップの低燃費性能を維持しています。

重量増の為、同一のパワーユニットを使用するアクアやヴィッツには劣りますが、この低燃費性能こそ、今なお生き残っている最大の要因でしょう。

さらに、アクシオの燃費の良さはハイブリッドだけではなく、現行モデルではの「Stop & Start System」を標準装備化したことで、JC08モード燃費23.4km/Lを達成し1.5Lクラスの自然吸気仕様のガソリン登録車としてはトップの燃費性能となっています。

ただし、4WD車は新型の1NZ-FEエンジンではなく、従来型の 2NR-FKEのため、燃費は 16.4km/Lと大きく下がってしまいます。

カローラアクシオのモデルチェンジ情報や価格・相場

グレイスの燃費

ハイブリッド車は、「SPORT HYBRID i-DCD」を採用しており、JC08モード燃費で34.4km/L、
ガソリン車は1.5L・直噴DOHC i-VTECエンジンを搭載、JC08モード燃費21.8km/Lとなっています。

ハイブリッド車の燃費がわずかにアクシオハイブリッドに及ばないのは、システムの性格や、重量がグレイスの方が重いことが原因ですが、実燃費ではほぼ同じといえるでしょう。

ガソリン車でも同じく燃費で差をつけられていますが、4WD車の燃費差が小さいのが特徴であり、アクシオの4WDが16.4km/Lなのに対し、グレイスは同19.6km/Lとなり、燃費性能は逆転しています。

これは、4WDとミッションの性能の差が多いと思われ、4WD車のクルマ選びにおいて大きな影響が出そうです。

グレイスのモデルチェンジ情報や価格・相場

アクセラセダンの燃費

アクセラセダンのJC08モード燃費は、ガソリン1.5L車は20.4km/L、クリーンディーゼル車では21.6km/Lとなっており、ガソリン1.5L車はグレイスと同等ですが、クリーンディーゼル車でもハイブリッド勢には到底勝ち目はありません

燃料代の安さや、クリーンエネルギー補助金といったメリットもありますが、燃費で10km/L以上の差があると、ユーザーにとってはそのメリットもあまり説得力がありません。

アクセラセダンにはハイブリッド車も設定されていますが、2.0L車をベースししたものであり、価格帯はプリウスクラスであり、選択肢からはずれます。

アクセラセダンもグレイスと同じく2WD車と4WD車の燃費差が小さく、18.0km/Lとなっており、アクシオの4WD車上回るのがせめてもの救いです。

アクセラのモデルチェンジ情報や価格・相場

走りを比較

ミニバンやSUVと比べると、背の高さを感じない分、コーナリング時でも自然で不安も感じず、心地よい走りを楽しめるセダンですが、セダンの性格を考えるときびきびとした走りよりも、コンパクトカーであってもストレスのない走行性能は必要です。

もちろん、モーターパワーが加わるハイブリッドや、クリーンディーゼルの高トルクも魅力ですが、ガソリン1.5Lエンジン車のナチュラルな走りは捨てがたい魅力があります

アクシオ グレイス アクセラ
エンジン型式
排気量
直列4気筒
1,496㏄
直列4気筒
1,496㏄
直列4気筒
1,496cc
最高出力
kw(ps/rpm)
2WD80(109)/6,000
4WD76(103)/6,000
81(110)6,000 82(111)6,000
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
CVT 138(13.9)/4,400
MT 136(13.9)/4,400
4WD 132(13.5)/4,400
134(13.7)5,000 144(14.7)3,500
  ハイブリッド ハイブリッド ディーゼル
エンジン型式
排気量
直列4気筒
1,496㏄
直列4気筒
1,496㏄
直列4気筒
1,498cc
ディーゼルターボ
最高出力
kw(ps/rpm)
54(74)/4,800 81(110)6,000 77(105)4,000
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
111(11.3)/3,600~4,000 134(13.7)5,000 270(27.5)1,600~2,500
モーター最高出力
kw(ps/rpm)
45(61) 22(29.5)1,313~2,000
モーター最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
169(17.2) 160(16.3)0~1,313

カローラアクシオの走り

ハイブリッドシステムは3代目プリウスやアクア、カローラフィールダーハイブリッドなどと共通の「リダクション機構付THS-II」を採用。

メカニズムもアクアとほぼ同一となり、モーターは169N・mのトルクを誇ります。

ハイブリッド車の加速はグレイス以上ですが、エンジンの回転が先に上がり、その後速度が追いついてくる標準的なCVTの特徴を持ちます。

したがって、低速域では静かに走り、高速域ではモーターパワーの力を活かして余裕ある走りが可能になります

2014年のマイナーチェンジにおいて、1.5Lガソリン2WD車はハイブリッド車に採用されているアトキンソンサイクルやVVT-iEを搭載した2NR-FKE型に置換しており、低燃費に加えて、ライバル同様の高トルクを実現しています。

また、今回比較する3車の中で唯一の1.3Lエンジンを復活させ、1.5L車よりも40㎏、グレイスよりも150㎏も軽量であることから、意外と良く走るという評価を得ています。

グレイスの走り

EV発進が可能な1モーターシステムの「SPORT HYBRID i-DCD」を採用するグレイスは、デュアルクラッチ式トランスミッションを採用しています。

その為、機械駆動のみでの発進や変速を実現できず、必ず電力駆動と併用しなければ機能しないアクシオの電気式無段変速機と異なり、MT車のような小気味よい走りを見せ、スポーティーな走りをするときには、Sモードやパドルシフトが備わっているので、アクシオとは異なる印象になり、若いユーザーも納得するはずです。

さらに、5ナンバーのハイブリッドセダンで初めてとなる4WD車も設定されて、軽量・コンパクト設計のビスカスカップリング式4WDシステムが採用されていることが、アクシオハイブリッドにはない利点となります

ガソリン車では1.5L・直噴DOHC i-VTECエンジンのL15B型を搭載。

燃料を直接シリンダー内に噴射させることにより、高出力・高トルクを実現しトランスミッションにはCVTを採用しています。

アクセラセダンの走り

アクセラセダンには、今回取り上げる1.5Lのクリーンディーゼルエンジン車以外にも、2.2Lのクリーンディーゼルエンジン車、そしてハイブリッド車がラインナップされています。

1.5Lの「SKYACTIV-D 1.5」は、270N・mの最大トルクを誇るP5-VPS型直噴エンジンで、独特の力強い加速性能を持ちます。

そして、1.5Lの直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」も含め、「G-ベクタリング コントロール」の標準装備、予測する4WD「i-ACTIV AWD」など、人馬一体というコンセプトのマツダならではの技術を惜しみなく投入しています。

このように、アクシオやグレイスとは一味違うスポーツセダンという性格を打ち出しているのがアクセラセダンなのです。

安全性能を比較

現在は、検知が難しいとされてきた電波の反射率が低い「歩行者」までを検知する『ミリ波レーダー』。

そして、車両前方の対象物体の大きさや形状を識別する『単眼カメラ』。

この異なる特性を持つ2つのセンサーを採用するのが主流になりつつあり、軽自動車などにも拡大採用されています。

また、自動ブレーキの「歩行者」検知と、誤発進抑制機能は後方もカバーし、そして全車標準装備するのが最新の流れです。

安全性能は日進月歩であり、その進歩も早く、最新型のアクシオはトップクラスとなり、アクセラはやや遅れ気味と言えます。

カローラアクシオの安全性能

カローラアクシオのマイナーチェンジにおける安全装備の変更点は次の通りとなっています。

・ペダル踏み間違い時の衝突被害軽減(前後)に寄与するインテリジェントクリアランスソナーを含むパーキングサポートブレーキ(誤発進抑制機能)を新たに設定
全車に予防安全装備をパッケージ化した「Toyota Safety Sense C」を標準装備
・スマートエントリー&スタートシステムの設定拡大
・クルーズコントロールを新設定

なお、インテリジェントクリアランスソナー装着車のみ、「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ベーシック+(プラス)」に相当します。

グレイスの安全性能

2117年7月のマイナーチェンジにおいて、新たに、誤発進抑制機能をはじめとした8つの機能を備えた先進の安全運転支援システムHonda SENSINGを採用し、さらに、オートハイビームを新たに採用しています。

しかし、1.5L車に未設定なのは、最近のホンダ車には珍しく残念。

また、Honda SENSINGは標識認識機能など、他の機能は優れていますが、誤発進抑制が前方だけなのも機能向上が急務となります。

アクセラセダンの安全性能

検知デバイスを近赤外線レーザーセンサーからフォワード・センシング・カメラに変更したことで作動速度域を拡大し、歩行者にも検知できるようにした「i-ACTIVSENSE」は、「セーフティ・サポートカーS(通称:サポカーS)」の「ベーシック+(プラス)」に相当する安全装備となり、全車標準装備されます。

リア・クロス・トラフィック・アラートは装備されるものの、AT誤発進抑制制御は前進時のみと、アクシオに比べて物足りません。

5ナンバーサイズ4ドアセダンのまとめ

1966年に登場したカローラは、1968年以降33年間不動のベストセラーを記録したベストセラーカー。

最も売れたのは1987年に登場した6代目で、1990年に年間で30万台月販平均台数約2万5000台。

この記録は2010年に3代目プリウスに抜かれるまで破られない大記録なのです。

ところが、現行モデルは計画販売台数が発表当時で3000台。

フィールダーは4000台であったのですでに主役も交代していました。

そして今回は同フィールダー3,700台、アクシオ2,500台と、さらにアクシオは減少されています。

このようにコンパクトカーの主流はすでにハッチバックタイプに完全に移っていますが、それでも4ドアセダンの需要は根強く、どれも同じ様なデザインになりつつあるハッチバックに対して、最新のセダンが登場すれば一気に復活する可能性も秘めています。

セダンの3BOXはデザインをする上で制約の多い形をしていますが、かっこいいミドルセダンは存在します。

国産セダンをデザイン面からも考えてほしいと思います。

コストパフォーマンスに優れたカローラアクシオ以上にユーザーの購買意欲を刺激する、例えば新型カムリのような、そんな4ドアセダンの登場を期待します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする