ミドルサイズクロスオーバーSUV徹底比較(エクストレイル・ハリアー・CX-5)

世界的なクロスオーバーSUVブームを受けて、日本国内でも多くの車種が登場しています。

1.5Lのコンパクトクラスが価格や燃費を重要視するために、ある程度の妥協を求められる中、2.0L以上のミドルサイズクラスのクロスオーバーSUVは、走行性や居住性能において充実しており、各社の個性が表れる注目のクラスとなっています。

このクラスはパワーユニットに関しては既存のガソリンエンジンに加えて、ディーゼルありハイブリッドあり、そしてPHEVと多種多様性を誇っています。

そして、2017年に入り、このミドルサイズクラスのクロスオーバーSUVが一斉に新型に切り替わったことで、ブームはさらに盛り上がりを見せていますが、それぞれを比較するとどのような特徴が浮かび上がるるのでしょうか。

スポンサーリンク

居住性を比較

1.5LクラスのSUVと異なり、ミドルサイズのSUVとなれば室内スペースの広さや、価格に見合うだけの高級感も重要になります。

その点においては高級SUVと位置付けるハリアーが格の違いを見せてきましたが、フルモデルチェンジされたCX-5や、エクストレイルのモードプレミアなども互角の高級感を持つようになりました。

しかし、日本人好みの高級感となるとハリアーのリビングのようなインテリアが一歩リードしている印象です。

また、室内スペースの広さはエクストレイル。

前席に限ればCX-5のこだわりが際立っています。

エクストレイル ハリアー CX-5
全長
全幅
全高(㎜)
4,690
1,820
1,740
4,725
1,835
1,600
4,545
1,840
1,690
室内長
室内幅
室内高(㎜)
2,005
1,535
1,220~1,270
1,965
1,480
1,220
1,890
1,540
1,265

エクストレイルの居住性

エクストレイルはマイナーチェンジにおいて、インストルメントパネルやステアリングのデザインを一新し、ワンランク上の上質感を実現したインテリアになり、マイナーチェンジ前よりも高級感が感じられます。

ライバルのハリアーと比べると、全長はエクストレイルが40mm短いのにかかわらず、ホイールベースは逆に45mm上まわり、居住スペースに関してはエクストレイルの方が広くなります。

また、シンプルなデザインながらもゆったりとしたサイズのシートは、防水仕様が選べることが、けっして高級志向ではない、この車の一面を物語っています。

「20X」2列シート仕様の後席に、リクライニングと前後スライドの調整機構が追加され、シートバックも4:2:4の3分割になるなど、使い勝手の向上も図られています。

さらに、快適とは言えないまでも、3列シートを設定するのがエクストレイルの特徴となっています。

また、2列シート仕様車では、荷室長が1100mmに伸ばされたことで、荷室容量は565Lとなり、ハンズフリー機能付きの「リモコンオートバックドア」が新たに採用されたことと相まって、SUVにとって不可欠な積載能力とその労力の低減を図っています。

エクストレイルの値引きとリセールバリュー

ハリアーの居住性

日本車的な高級感を重視しているハリアーの価値観はセダンに近く、SUVでありながら格式さえ感じさせ、同社のC-HRともプラドとも異なる、クラウンのSUV仕様という雰囲気をかもしだしています。

ハリアーのフロントシートはサイズに余裕を持たせ、快適な座り心地に仕上げられ、豪華さを前面に押し出しています。

インパネにはステッチの入った合成皮革が使われ、オプションで本革仕様も選択可能です。
また、ブラックにレッドのストレッチがきいたインテリアカラーは、新設定されたターボ仕様にぴったりのスポーツムードになっています。

マイナーチェンジでは、フロントシートにシートベンチレーション機能を設定したほか、シートが自動的に前後にスライドしスムーズな乗降をサポートする運転席オートスライドアウェイ機能を設定し、利便性を向上させています。

ハリアーの値引きとリセールバリュー

CX-5の居住性

マツダのインテリアはSKYACTIVテクノロジー導入時から劇的に進化し、高級感が鮮明になっています。

特にフルモデルチェンジされたCX-5はその第二世代といえ、シンプルな造形ながら、ミドルクラスにふさわしい質感を感じることができます。

すっかりお馴染みになったピュアホワイトのレザーシートは見た目の豪華さだけではなく、人間工学に基づいた着座姿勢を基本として、立体的な形状をつくり込んでいます。

前席はセンターアームレストとドアアームレストの高さを合わせて左右のバランスがいい自然な着座感を提供し、後席ではリクライニング機構を採用し、快適な乗り心地を実現させています。

特にマツダは運転席のドライビングポジションにこでわり、まっすぐな姿勢でシートに座り、足を自然に伸ばして操作できる位置にアクセルペダル、ブレーキペダルを配する理想的なレイアウトを実現させています。

リアゲートの開閉に連動して開閉するカラクリトノカバーにより、使い勝手のいいラゲッジルームは、5人乗車時も量505Lを確保しています。

CX-5の値引きとリセールバリュー

燃費を比較

燃費が最も優れているのはハリアーハイブリッドですが、その高額な価格設定により、お財布にやさしいとは言えません。

むしろ、燃費ではハイブリッドに劣るものの燃料費の安いCX-5のクリーンディーゼルの方が、ランニングコストは低くなります。

また、購入費を含めれば、それぞれの2.0Lガソリン車が有利となり、割安感のあるエクストレイルの2.0L車がもっともコストパフォーマンスが良いことになります。

  車両本体価格(円) JC08モード燃費
エクストレイル ガソリン 2,197,800~ 15.6~16.4
ハイブリッド 2,589,840~ 20.0~20.4
ハリアー ガソリン2.0L 2,949,480~ 14.8~16.0
ハイブリッド 3,774,600~ 21.4
2.0Lターボ 2,280,400~ 12.8~13.0
CX-5 SKYACTIV D-2.2 2,775,600~ 17.2~18.4
SKYACTIV G-2.5 2,689,200~ 14.6~14.8
SKYACTIV G-2.0 2,462,400~ 16

エクストレイルの燃費

2.0Lのガソリンエンジン車とハイブリッド車を設定するエクストレイルは、ハイブリッド車が2WDで20.8㎞/Lと当然のように良いのですが、2.0Lのガソリン車も16.4㎞/Lとそれほど大きな差ではなく、約30万円の価格差も考慮すれば、経済性においては2.0Lが優れているといえます。

また、4WDの燃費は2.0Lのガソリン車で16.0㎞/L、ハイブリッド車でも20.0㎞/Lとなっており、2WDとの差がほとんどありません。

これは4WD車に標準装備される「インテリジェント 4×4」と、不必要なエンジン回転数の上昇を回避させるエクストロニックCVTの制御による効果です。

これにより、燃費を心配することなく4WDを選択することが出来ます。

エクストレイルの評価と買取・値引き・燃費情報

ハリアーの燃費

ハリアーハイブリッドの21.4㎞/Lというトヨタにしては控えめな燃費は、エクストレイルよりパワフルな2.5Lエンジンの採用と、全車E-Fourという4WDの設定のためです。

最新のシステムとは異なるシステムと組み合わせるエンジンのため、3.5Lクラスのエンジンよりはダウンサイジングされたエンジンではありますが、価格から考えるとエクストレイルハイブリッド以上に経済的とは言えません。

また、新設定された2.0L直噴ターボ車は、13.0㎞/Lと、16.0㎞/Lの2.0Lガソリン車よりも劣っており、メーカーが唱えるパワーと低燃費の両立とは行かないようです。

ハリアーの評価と買取・値引き・燃費情報

CX-5の燃費

2.2Lのクリーンディーゼル、2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンという2種のエンジンバリエーションを展開するCX-5は、燃費に関してはクリーンディーゼルが最も良く、2.0Lガソリン車をも上回りますが、ハイブリッド車ほどの低燃費は望めません。

ただし、軽油を仕様するために燃料費の安さが加わるので、カタログ数値以上にランニングコストは抑えられます。

また、マツダ自慢の4WDシステム「i-ACTIV AWD」も、エクストレイルにまけず優れた制御技術により、2WDとの燃費差を最小にとどめます。

CX-5の評価と買取・値引き・燃費情報

走りを比較

注目されるのはハリアーに新設された2.0L直噴ターボエンジン。

このクラスのSUVには様々なパワーユニットが揃っており、通常のガソリンエンジン以外に、ハイブリッド、クリーンディーゼルそしてガソリンターボと、それぞれに個性のあるパワーユニットが選べます。

純粋に走りで選ぶなら、ハリアーの直噴ターボエンジンがもっともスポーティーだと言えますが、重量のあるSUVにはハイブリッドやディーゼルも捨てがたい魅力があります。

しかし、モデルそれぞれの性格は異なっており、悪路走破性を強調するエクストレイル、ゆったりとしたクルージングが得意なハリアー、豪快な加速のCX-5と「走り」の感じ方も同じジャンルとして割り切れないほどの差があるのです。

エクストレイルの走り

エクストレイルのハイブリッドシステムは、直噴2.0Lエンジンの特性を生かしたもので、低燃費だけではなく安定した走行とパワフルな走りを少ないアクセル操作で可能にしています。

モーターのみで走る距離は短く、燃費はトヨタ製ハイブリッドほどではありませんが、自然な運転感覚が得られるのが特徴です。

また、電子制御4WDシステム「オールモード4×4i」は、シャシー制御やカーブなどで車両を安定させるコーナリングスタビリティアシストなどで高い走行性能を発揮し、高重心のSUVでも安定した動きを見せるのが特徴です。

ハリアーの走り

ハリアーはアウトドアの要素をほとんど持たず、ハイブリッド車はモーターの駆動力が高いトヨタ製ハイブリッド車の特徴を色濃く感じられます。

サスペンションも、エクストレイルに比べると旋回時や車線変更におけるボディの傾き方が少し大きく車両をゆったりと動かすイメージ。

しかしE-Fourにより、前後輪のスリップを抑制し、旋回時には車両の走行状態に合わせ前後トルク配分を最適化し、旋回時の操縦安定性を実現します。

また、新設定された2.0L直噴ターボ車となるとそのイメージは一転します。

低回転から高回転まで高トルクを確保するツインスクロールターボチャージャーを採用した2.0Lエンジンと、このモデルだけに用意された6AT,そしてパフォーマンスダンパーを搭載したことによって車両のロール剛性を上げることで、高速走行時の直進安定性や操縦安定性を確保し、上質でスポーティな走りを実現しています。

それらにより、2.0L直噴ターボ車はハイブリッド車や2.0Lガソリン車とは異なり、スポーツ感覚あふれるモデルとなっています。

CX-5の走り

CX-5はこれらのライバル車に対して、高出力と低燃費を両立したクリーンディーゼル、スカイアクティブDエンジンや新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」をはじめ、サスペンションの改良によるフラットで質感の高い乗り心地や静粛性の向上などをフルモデルチェンジで手に入れています。

しかし、最大の特徴はやはり2.2Lクリーンディーゼルエンジンで、420M・nの高トルクによる走りは、1.5トンを超える重量のSUVを、胸のすくような加速感で引っ張ります。

また、この新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」はドライバーには感じとれないほどわずかなタイヤスリップなどをリアルタイムにモニターし、路面状況をいち早く予測して駆動力を積極的に自動制御する先進の4WDシステムで、走りの楽しさを追求するマツダならではのシステムとなっています。

安全性能を比較

安全性能については、各車ともにその能力は進化しており甲乙つけ難い性能になっています。

エクストレイルの自動運転技術も「追従機能」を持つクルーズコントロールの進化版と言えるでしょう。

そんな中で車種による差があるとすれば、それらの安全装備が標準装備されているかどうかという点です。

標準装備化がもっとも進んでいるのがハリアー、エクストレイルとCX-5は自動ブレーキ等、基本的なものは標準装備されますが、全ての機能が標準化されてはいないのが現状です。

エクストレイルの安全性能

マイナーチェンジされたエクストレイルは、パワーユニットの変更なく、内外装にも目立った変更がないのになぜ人気があるのかというと、その要因はなんといっても高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」で、その装着率は購入者の7割を超えているのです。

自動運転レベルではまだ「レベル2」であり、高速道路同一車線という但し書きを付け加える必要がある程度ですが、先進運転者支援システムと考えれば優れたシステムと言えるでしょう。

また、「車線逸脱防止支援システム」「後方運転支援 」「インテリジェント アラウンドビューモニター」「インテリジェント パーキングアシスト」「踏み間違い衝突防止アシスト」「進入禁止標識検知」など、およそ考えつく安全装備を備えていることで、「プロパイロット」による運転者の疲労低減も活かされてきます。

ハリアーの安全性能

ハリアーのには、上級車種向けの“Toyota Safety Sense P”が標準装備されます。

“Toyota Safety Sense P” は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。

「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長く、速度域の高い状況に対応。

「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。

この2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしているのです。

CX-5の安全性能

ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」がさらに進化。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)による0?100km/hの間での追従機能や、車両や障害物に加え、歩行者の検知も可能な「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」。

そして、走行中にカメラで速度制限、進入禁止、一時停止、追い越し禁止、はみ出し禁止の交通標識を読み取り、その情報をアクティブ・ドライビング・ディスプレイに表示。

制限速度の超過などをドライバーに警告、安全運転を促す「交通標識認識システム」を備えています。

ミドルサイズクロスオーバーSUVの徹底比較まとめ

格好良い外観と、広い車内空間、そして余裕ある最低地上高で不整地でも安心して走れる。

さらにラゲッジルームも容量が十分でアウトドアにも最適。

そんな、様々な魅力があるSUVは人気を高めています。

台数が出るのはC-HRやヴェゼルなど、ひとクラス下のSUVですが、余裕のある動力性能と高級感のあるエクストレイルやハリアー、そしてCX-5にも注目が集まります。

金額的にも新技術が次々に導入できるので、スペック重視派にもたまらない魅力があります。

今回比較した3車種以外にも、ツインスクロールターボエンジン搭載のSUBARUフォレスター、PHEV(プラグインハイブリッド)を国産SUVに唯一搭載する三菱アウトランダーなど、日本国内には独自の技術でアプローチするSUVが存在します。

日産エクストレイルの概要と新型での変更点

6月8日にマイナーチェンジされた新型「エクストレイル」は、 高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」など装備の大幅な強化に加え、内外装も手が加えられました。

エクステリアでは、フロントまわりを中心にデザインを変更。

インテリアでは、インパネまわりのパッド素材の変更などによってワンランク上の上質感が追求されていることが人気の要因となり、発売後10日で、月間販売目標の5,000台を超えたことを発表しています。

トヨタハリアーの概要と新型での変更点

「エクストレイル」と同日にマイナーチェンジされた「ハリアー」は、内外装の細部に渡ってブラッシュアップし、安全装備も」充実させることで、特徴である高品質と高級感を研ぎ澄ましています。

さらに、2.0L直噴ターボ車を新設定することで、ミドルサイズSUVの中でも圧倒的なブランド力をもつハリアーは、さらにユーザー層の拡大を狙うモデルとして今回のマイナーチェンジで最大のニュースとなっています。

マツダCX-5の概要と新型での変更点

12月15日に5年ぶりにフルモデルチェンジし、2017年2月2日に発売された新型「CX-5」は、プラットフォームやパワーユニットなどを従来モデルのキャリーオーバーとしながらも、エクステリアは、より全高は低く、フロントフェイスをシャープに仕上げた造形となりました。

その結果、発売以来販売は順調に推移して、一時は登録車販売の月間ベスト10も狙えるほどの販売を記録し、前年比でも300%台を続けています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする