新型インプレッサスポーツとライバル車を徹底比較(アクセラスポーツ・オーリス)

pent3429
富士重工業はフルモデルチェンジした「インプレッサスポーツ」を10月25日から順次販売を開始しました。

新型「インプレッサスポーツ」はプラットフォームを一新し、居住性や走行性能を向上したほか、安全運転支援システムのアイサイトおよび歩行者保護エアバッグを全車に標準装備したのが特徴となっています。

「インプレッサスポーツ」はスバルブランドにおいてはエントリーモデルであっても、2.0Lクラスのハッチバックは国内市場では最も大きく高価格な上級ハッチバックとなるだけに、コンパクトハッチと変わらぬ質感と性能では存在する意味がないだけに、各社ともに様々な工夫が見られます。

はたして「インプレッサスポーツ」は上級ハッチバックとして満足のいくレベルになっているのでしょうか。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツ・オーリス・アクセラスポーツの居住性を比較

居住性においては最新のプラットフォームを採用した「インプレッサスポーツ」が優れています。

1.5L~2.0Lクラスのハッチバック車に求められる居住性は、インテリアの質と広さにおいて1.5Lクラスを上回ることが要求されますが、「インプレッサスポーツ」はその両方を備えていると言えるでしょう。

ハッチバックタイプの1.5Lクラスでは、コストとサイズの制約から限られたスペースの中でシートアレンジを工夫するなど機能が求められるのに対して、1.5L~2.0Lクラスではサイズに余裕がある分、全席においてより優れた居住性能が求められます。

「アクセラスポーツ」はインテリアの質感も高く、「インプレッサスポーツ」に迫っていますが、室内スペースが「インプレッサスポーツ」に劣り、特に後席の居住性とラゲッジ容量に難があります。
また、「オーリス」は背の低いスポーティーなエクステリアが影響し、室内スペースがサイズの割に物足りなく、質感も乏しい印象となっています。

新型インプレッサスポーツの居住性

pent3403
  
「インプレッサスポーツ」はプラットフォームが一新したことで室内空間が拡大していて、ホイールベースの拡大は主に後席の居住性アップと荷室容量の拡大に貢献し、前席においても足元空間が広がっています。

pent3398

中央にカラーディスプレイを備える2眼式メーター や、フルオートエアコンを全車標準装備するダッシュボードの造形も凝っていて、ヘッドライトや先進安全技術の作動状況、各種の燃費情報など、車両のさまざまな情報を6.3インチの大型ディスプレイに表示する「マルチファンクションディスプレイ」などのインターフェイス類の配置などが見やすく配置されています。

pent3335

さらにシボのデザインや肌に触れる箇所の触感にもこだわるなど、これまでの機能重視路線からスバルが不得意とされた質感の向上を果たしています。

また、フロア下にサブトランクを設定するリアのラゲッジ容量は385L(VDA法)で、9.5インチゴルフバッグ3個を収納可能となり、荷室開口部にいたっては旧型比で100mmも広がり、荷物の出し入れは格段に向上しています。

インプレッサスポーツの評価と買取・値引き・燃費情報 | 車価格.net

マツダ・アクセラスポーツの居住性

マツダが大切にしているのが、ドライバーがまっすぐ前を向いて、腕や足を自然に伸ばしたところにハンドルやペダル類が配置されているというドライビングポジションです。

そのため、フロントタイヤの位置を前方に移動させて、運転席に余裕の足もとスペースを確保し、理想的なペダルレイアウトとなっています。

エンジンONでメーターフードの前方に立ち上がる「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」など、運転者の視線の移動を極力少なくする装備も目立ちます。

また、ピュアホワイトなど、大胆な色使いの革張りシートなど、最近のマツダ車特有の上質感あるインテリアは、シンプルながらも好感が持て、たっぷりとしたサイズで「運転席10Wayパワーシート 」などが設定されるなど、前席が優先された室内となっています。

しかし、「インプレッサスポーツ」と変わらぬボディザイズのわりには、後席のゆとりや荷室容量がこのクラスとしては狭く、スペース効率と収納や利便性では不満が残ります。

アクセラの評価と買取・値引き・燃費情報 | 車価格.net

トヨタ・オーリスの居住性

pent1372

「オーリス」はスポーツシートを採用したRSや120Tを中心に、全体的にスポーティーな雰囲気でまとめられています。

このクラスにおいては特に広いわけではありませんが、前席も後席も十分な広さを確保しています。

低めの全高もあって、運転席はファミリーカーとしては非常に低い着座位置ですが、もちろんシートのハイトアジャスターが装備されていて、ドライバーが体型に合わせて相当に高い位置まで調整できます。

欧州をメインマーケットとするだけあって、豪華なインテリアというわけではなく、必要最小限の装備に多くの荷物を積めることが出来て、ロングドライブに出かけるには最適なクルマというわけです。

オーリスの評価と買取・値引き・燃費情報 | 車価格.net

居住性比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

インプレッサ
スポーツ
アクセラ
スポーツ
オーリス
乗車定員(人) 5 5 5
全長
全幅
全高(㎜)
4,460
1,775
1,480
4,470
1,795
1,470 ~1,480
4,330
1,760
1,480~1,500
室内長
室内高
室内幅(㎜)
2,085
1,520
1,545
1,845
1,505
1,170
1,830
1,485
1,180
ホイールベース(㎜) 2,670 2,700 2,600

インプレッサスポーツ・オーリス・アクセラスポーツの燃費を比較

単純に燃費性能だけの比較なら、ハイブリッド車をラインナップするする「オーリス」が優れているのは当然ですが、ファミリー層がほとんどを占めるハッチバック車にとって、燃費と車両価格のバランスは非常に大切になります。

今回のフルモデルチェンジにおいて「インプレッサスポーツ」は、ハイブリッドやダウンサイジングターボなどの新しいパワーユニットの投入はなく、1.6L、2.0L車において燃費の向上は小さいものでしたが、車両価格も考慮すると非常にコストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。

ライバルを見ると数多くのエンジンラインナップを揃えており、ハイブリッド、ディーゼル、ダウンサイジングターボそしてノーマルなガソリンと、燃費性能だけでなく価格も考慮するとどれが最も経済的なのか非常に迷う事になります。

新型インプレッサスポーツの燃費

pent3392

4代目同様、新世代BOXERエンジンを採用する「インプレッサスポーツ」は、今回のフルモデルチェンジにおいてほぼすべての部品を新設計し、高剛性化や軽量化、摩擦の低減を実現しています。

1.6LのFB16型と2.0LのFB20型が採用されますが、FB20型は燃料システムを直噴化し、部品設計の見直しを行うとともに、軽量化を実現したことで、燃費と実用域トルク両方を向上しました。

また、リニアトロニックも全面改良され、発進加速性能と高速巡航時の燃費を向上するとともに、小型化とケースの肉厚最適化により、4代目比約7.8kgの軽量化を実現しています。

なお、燃費向上により、「2.0i-L EyeSight」はボディタイプや駆動方式を問わず「平成27年度燃費基準+5%」を達成しました。

マツダ・アクセラスポーツの燃費

 
「アクセラスポーツ」にはガソリンエンジンの「SKYACTI-G」1.5Lに加え、国内ではマツダのみが展開する1.5Lと2.2Lのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTI-D」にをラインナップしており、特に2016年6月のマイナーチェンジにおいて新設定した「SKYACTI-D1.5」の優れた燃費性能と経済性に注目が集まります。

「SKYACTI-D1.5」は「SKYACTI-G1.5」に比較して同じ排気量ながら燃費で4.0㎞/L上回っており、さらに燃料代がガソリンより20円/Lほど安い軽油を使用するので、毎月の経済性はカタログ燃費以上に実感するはずです。

さらに約10万円(車両価格に応じて変化)クリーンエネルギー補助金が還付されるのが、クリーンディーゼルエンジンが注目される所以です。

しかし、このクーンディーゼル搭載車の価格が約230万円からと、ガソリン1.5L車より50万円以上高く、これらの利点を帳消しにしかねないという問題があります。

トヨタ・オーリスの燃費

imgp1753
  
30.4㎞/Lというハイブリッドならではの低燃費を誇るのが、追加設定された「オーリスハイブリッド」です。

「オーリス」には1.2Lのダウンサイジングターボエンジン搭載モデルもあり、燃費という点では1.5L車以上ですが、ハイブリッドにはかないません。

ただし、約260万円からという車両価格は、「アクセラスポーツ」のクリーンディーゼル車よりも高く、コンパクトハッチというクラスには収まりにくいのも事実です。

どちらかというと「プリウス」嫌いのユーザーの受け皿的存在と言っていいでしょう。

目立たない存在の1.5Lガソリンエンジン車ですが、燃費は18.2㎞/Lと「インプレッサスポーツ」や「アクセラスポーツ」以上に低燃費なのです。

燃費比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

インプレッサスポーツ アクセラスポーツ オーリス
車両価格(円) 1,922,400~ 1,760,400~ 1,789,855~
JC08モード燃費 1.6L 17.0~18.2 
2.0L 15.8~17.0
1.5L 17.8~20.4
1.5Lディーゼル 21.8
1.5L 16.4~18.2
1.8L 14.4~16.2
1.2L 19.4
ハイブリッド 30.4

インプレッサスポーツ・オーリス・アクセラスポーツの走りを比較

4ドアセダンと異なりハッチバックには軽快な走行性能が求められ、各モデルとも優れた性能を持っていることが、クラス下のコンパクトカーと異なる点です。
それは、「インプレッサスポーツ」「アクセラスポーツ」そして「オーリス」も、「VWゴルフ」や「フォードフィエスタ」など競合ひしめくCセグメントに属するため、欧州市場での競争に勝ち抜くには走行性能が重要になるからです。

「アクセラスポーツ」の走行性能は以前から高い評価を受けており、「オーリス」も欧州で鍛えられた国産車離れした足回りには定評があります。
対する新型「インプレッサスポーツ」は、最新のプラットフォームである「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を他のスバル車に先駆けて採用して走行性能を格段に向上させています。

新型インプレッサスポーツの走り

pent3536
  
フルモデルチェンジされた「インプレッサスポーツ」は、1.6Lエンジンの軽量化、2.0Lエンジンの直噴化などの改良を施されていますが、もっと大きな変更は新世代プラットフォームである「SUBARU GLOBL PLATFORM」を初めて採用 したことです。
これによりボディの横曲げ剛性で90%、ねじり剛性で70%、フロントのサスペンション支持を含めた横剛性で70%、リアはサブフレーム支持を含めて100%向上させています。

先代「インプレッサスポーツ」もけっしてやわなプラットフォームでなかったことからも、この数字を見ただけで 操舵応答性と操舵安定性が飛躍的に向上 することで走行性能が大幅に進化していることが想像できるでしょう。

その他にはパドルシフトを全車に標準設定、コーナリング時でのライントレース性を向上するアクティブ・トルク・ベクタリングも一部に採用するなど、ファミリーカーでありながらも走る楽しさを追及しています。

マツダ・アクセラスポーツの走り

「SKYACTIVテクノロジー」を全面採用した現行モデルは、その走行性能に高い評価を受けています。

特にマツダ独自のクリーンディーゼルエンジンは、2.2Lながらもガソリン4.0L車並みの高トルクを発生するなど、クラスを超えた動力性能が魅力となっています。
また、 2016年6月の大幅改良により、これまでの2.2Lクリーンディーゼル、1.5Lガソリンエンジンに加え、1.5Lのクリーンディーゼルエンジン車が追加されました。

その他の新しい機能としては、エンジンの駆動トルク変動を利用して、前後荷重移動を自動でコントロールする 「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を全車に搭載したことです。

これにより、路面がキレイとはいえない首都高速、及び一般道でもコーナリング中のステアリング修正が少なくなり、狙ったラインをトレースすることができます。

トヨタ・オーリスの走り

 
「オーリス」には1.5L、1.8Lのガソリンエンジンに加え、2015年4月にはダウンサイジングされた直噴1.2Lターボ、2016年4月には1.8Lのハイブリッド車も追加設定されるなど、多様なエンジンラインナップが特徴となっています。

その中でも走行性能ということでは1.2LHYPERLINK 直噴ターボエンジン8NR-FTS型を搭載した「120T」が抜きん出ています。

1,500~4,000rpmの幅広い回転数で最大トルクを発生させ、低燃費をも実現させるこのダウンサイジングターボは欧州市場で主流となるパワーユニットで、トヨタの国内仕様車では初めての採用となります。

また、「オーリス」全体で言えることは、全高は1480mmと低めに抑えられているためと、マイナーチェンジで足まわりがさらに滑らかに動くように改善を加えられたことにより、欧州基準の走りが備わっています。

走行性能比較表

スマホの方は画面を横にしてご覧下さい。

インプレッサスポーツ アクセラスポーツ オーリス
エンジン型式
排気量
水平対向4気筒
1,599  1,995
ガソリン
直列4気筒1,496

ディーゼル
直列4気筒1,498 2,188

直列4気筒1,496
直列4気筒1,797
直列4気筒1,196ターボ
直列4気筒1,797
ハイブリッド
最高出力
kw(ps/rpm)
1.6L 85(115)/6200
2.0L 113(154)/6000
1.5Lガソリン 82〈111〉/6,000
1.5Lディーゼル 77〈105〉/4,000
2.2Lディーゼル 129〈175〉/4,500
1.5L 80(108)/6,000
1.8L 106(144)/6,200
1.2Lターボ85(116)/5,200-5,600
ハイブリッド  73(99)/5,200 
最大トルク
(N・m[kgf・m]/rpm)
1.6L 148(15.1)/3600
2.0L 196(20.0)/4000
1.5Lガソリン 144〈14.7〉/3,500
1.5Lディーゼル  270〈27.5〉/1,600-2,500
2.2Lディーゼル 420〈42.8〉/2,000
1.5L 136(13.9)/4,800
1.8L 180(18.4)3,800
1.2Lターボ185(18.9)/1,500-4,000
ハイブリッド 142(14.5)/4,000
モーター出力
kw(ps)
60(82)
モータートルク
N・m(kgf・m)
207(21.1)

インプレッサスポーツ・オーリス・アクセラスポーツの安全性能を比較

「インプレッサスポーツ」が採用する「アイサイトⅢ」は、現在最も高性能な先進安全装備であり、フルモデルチェンジにおいては全車に標準装備されたことで、新たな段階へ進んだと言えます。
このところどこのメーカーも安全装備に関する充実化が進んでいますが、その性能においては「アイサイト」が頭一つ抜きん出ているといえます。

燃費や走行性能、そして居住性といった従来からの比較内容に新たに加わったのが、先進安全装備です。

今では軽自動車にも採用されることが当たり前となっている自動ブレーキに代表される先進安全装備ですが、運転の疲労を軽減するといった自動運転につながる機能が注目されることでユーザーの注目度が高まり、その性能が販売を左右するほどになっています。

したがって、今後は最も重要視される項目になるのは間違いないでしょう。

新型インプレッサスポーツの安全性能

  
新型「インプレッサスポーツ」は、「EyeSight(ver.3)」を全車標準装備したほか、国産車で初となる歩行者保護エアバッグも全車に標準装備しています。

また、乗員保護用エアバッグはデュアルSRSエアバッグ、SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグに加え、「インプレッサ」では初となる運転席SRS「ニーエアバッグ」を追加して合計7つのエアバックを全車に標準装備しています。

アイサイト(ver.3)は、「ステレオカメラ」によって前方を常に監視し、クルマだけでなく、白線やガードレール、歩行者や自転車まで認識でき、状況に合わせてVDC、エンジン、トランスミッション、メーター、ステアリングなどのユニットを適切に制御し、高度な運転支援を実現します。

そのほか、ステアリング連動ヘッドランプ、ハイビームアシスト、スバルリヤビークルディテクションを採用しています。

マツダ・アクセラスポーツの安全性能

「アクセラスポーツ」はミリ波レーダーやカメラなどの検知デバイスを用いた「i-ACTIVSENSE」を採用、スバルの「EyeSight」がステレオカメラのみを用いているのに対し、i-ACTIVSENSEではカメラに加えてミリ波レーダーと赤外線レーザーをも用いているという大きな違いがあり、カメラだけで検知するのが困難な濃霧や豪雨などの悪天候に威力を発揮するのが特徴となっています。

その他、斜め後ろの死角にいるクルマを知らせてくれる「ブラインド・スポット・モニタリング」なども含めた安全装備の「i-ACTIVSENSE」は非常に有効な装備なのですが、 全車標準装備ではないことが問題となります。

「EyeSight」よりもコストがかかるためと思われますが、「インプレッサスポーツ」が全車標準装備に踏み切ったことで、見かけの安さを提示させることが無意味に思えてきます。

トヨタ・オーリスの安全性能

 
「オーリス」にはトヨタがコンパクトカー向けに設定する衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を設定しています。
「Toyota Safety Sense C」は、レーザーレーダーとカメラを組み合わせて高い認識性能と信頼性を両立し、衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)・レーンディパーチャーアラート(LDA)・オートマチックハイビーム(AHB)で構成されます。

標準装備ではないものの、5万4千円 という低価格設定となっています。
さらに、先行車発進告知機能を120Tと1.8L車に標準装備し、1.5L車にメーカーオプション設定されています。

世界基準の車造りが求められるクラス

気が付くと「インプレッサスポーツ」「アクセラスポーツ」そして「オーリス」も、車幅が1,700㎜を超える3ナンバーサイズになっています。

以前は取り回しが良いことが重要なハッチバックにとって鬼門であったはずが、今では誰も気にも留めていないのも時代の流れでしょうか。

むしろ5ナンバーサイズにこだわる「プリウス」等の方が不思議と思えてしまいます。
これらのボディサイズを含め彩なパワーユニットなどが存在する要因としては、「インプレッサスポーツ」の属するクラスは主力マーケットが海外であるために、理想的なパッケージングを求めた結果だと思われます。

その意味では日本国内でも「ゴルフ」などの強豪と同じレベルのハッチバック車が選択できることはユーザーにとっては喜ばしいことです。

また、先進安全装備などがより一般化されていることからも、このクラスを選ぶ価値は十分あると思われます。

「アイサイト」を標準装備する「インプレッサスポーツ」、「トルクベクタリング」を標準装備する「アクセラスポーツ」、欧州仕様そのままの走りの「オーリス」。

さて最良の選択はどの車でしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする