ヴェゼルとライバル車の走りを徹底比較(XV・イグニス・CX-3)

imgp5505

「ヴェゼル」は2016年4月に、2015年度(2015年4月~2016年3月)の日本国内での新車登録販売台数が69,018台となり、SUV新車登録販売台数No.1を獲得したことを発表した。

これにより2014年度に続き2年連続のNo.1獲得となった。

このように、コンパクトクロスオーバーSUVのブームは、この「ヴェゼル」のブームと言っていいほどで、販売台数だけ見ると、その後に発売されたライバルには大きな差を付けています。

人気のあるクロスオーバーSUVスタイルに、しかも低燃費という魅力があるのが要因ですが、しかし、その走行性能はどうでしょうか?SUVを名乗るだけの実力はあるのでしょうか?

そこで、ライバルとの比較を通じて「ヴェゼル」の走行性能に注目してみました。

スポンサーリンク

ホンダ・ヴェゼル

imgp3900

「ヴェゼル」のパワーユニットは直列4気筒1.5Lエンジンとハイブリッド。

「フィット」と基本的に同じものです。

これを地上高を挙げたSUVスタイルのボディに搭載しています。

ヴェゼルは空間効率が優れ、居住空間や荷室は、フィットを上回り、実用性が高いのが特徴。

さらに、 リチウムイオン電池が採用されているヴェゼルハイブリッドは、駆動はエンジン主体なもののモーターのトルクも強く、2.0Lクラスと肩を並べるような力強さです。

ノーマルのガソリンエンジンはCVT、ハイブリッド車は7速AT」と使い分けられており、7速ATの方が機敏でスポーティな運転を楽しめます。

「ヴェゼル」は高重心なため、ボディの傾き方は小さくないが、操っている感覚が楽しさを盛り上げています。

ヴェゼルの評価と買取・値引き・燃費情報 | 車価格.net

他サイトの試乗レポート

オートックワン、モータージャーナリスト国沢光宏しによる市場レポートより
http://autoc-one.jp/honda/vezel/report-1627767/0002.html

「最高出力こそ131馬力と、ハイブリッドより21馬力少ないが、車重が100kg軽いためにパワーウエイトシオ“ほぼ”変わらず。

ヴェゼルはガソリン車だってスポーティモデル並の走りを披露してくれ、軽快な乗り心地と合わせて快適でございます。」

マツダ・CX-3

dsc_1186

CX-3は「デミオ」をベースとしたクロスオーバーSUVで、価格的には「ヴェゼルハイブリッド」匹敵するモデルです。

CX-3は「SKYACTIV-D 1.5」と呼ばれる4気筒の直噴 1.5Lディーゼルターボエンジンのみの設定というのが最大の特徴です。

デザイン的にはSUVというよりもスポーツクーペというのが当てはまりそうなスタイリッシュなフォルムで、全高も地上高も比較車種の中でも最も低くなっています。

各グレードともに6速ATと6速MTが用意されていのも走りを楽しむ車種であることの証。

ディーゼルエンジン特有の振動も「ナチュラル・サウンド・スムーザー」で打ち消され、ディーゼルの欠点を打ち消しながら、2.4Lガソリン車並みの高トルクを発揮します。

また、独自の4WDシステムである「i-ACTIV AWD」は 、路面状況を的確に判断し、積極的にコントロールすることで、高い評価を受けています。

cx-3の評価と買取・値引き・燃費情報 | 車価格.net

他サイトの試乗レポート

オートックワン、モータージャーナリスト藤島知子女史による試乗レポートより
http://autoc-one.jp/mazda/cx-3/report-2102921/0003.html

「アクセルペダルを踏み足すと1拍の“溜め”があってジワジワと力が得られるリズムが、ある意味イタフラ系のクルマ的な余韻を感じさせる。」

スバルXV

imgp2612

「XV」はインプレッサスポーツをベースと、排気量は2.0Lであるため「ヴェゼル」以上にプワフル。

ハイブリッドはモーターの最高出力が13.6馬力にとどまるため、ノーマルエンジンとハイブリッドの差が小さく、動力性能に目立った違いはなく、ハイブリッドとの差も分かりにくいでしょう。

走行安定性は、低重心でホイールベースの長い「XV」が「ヴェゼル」に勝っています。

最低地上高がもっとも高く、比較車種の中ではSUVらしさを一番感じられるモデルです。

機能は5ドアハッチバックに近く、「ヴェゼル」に比べると、実用性よりも走行性能を重視した性格になっています。

XVの評価と買取・値引き・燃費情報 | 車価格.net

他サイトの試乗レポート

CarWatch、モータージャーナリストの日下部保雄氏による試乗レポート
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/737422.html

「軽快なハンドリングはインプレッサ譲りで、オンロードをフットワークよく走り抜ける。

漠然とハンドルを握っているとスポーティハッチバックのインプレッサと区別がつかないだろう。」

トヨタ・アクアX-URBAN&C-HR

2WDの設定しかない「アクアX-URBAN」ですが、世界のクロスオーバーSUV流れも2WDが主流となっており、その意味でも立派なクロスオーバーSUVと言えます。

「らしさ」は申し分なく、「アクア」そのものですから、驚異的な低燃費を武器に、普段使いも難なくこなすSUV入門編として注目される車種です。

しかし、トヨタの本命は2016年内に発売が予定されるSUVの「C-HR」です。

すでにその前衛的なスタイリングは公開されており、新型「プリウス」と同じ1.8Lベースのハイブリッドシステムと、1.2Lダウンサイジングターボの存在も悪鬼らかになっており、グレードによっては「ヴェゼル」とバッティングする価格帯もあると予想されています。

他サイトの試乗レポート

レスポンス、青山尚暉氏による試乗レポートより
http://response.jp/article/2015/03/12/246456.html

「アクアXアーバンを走らせると、運転感覚はほんの少し視界が高く気持ち良く感じられること以外は、“最新の”アクアと変わらない。

つまり、『プリウス』にないキビキビした操縦性が特徴で、一方、重心が高く感じられる、なんていうこともない。」

スズキ・エスクード、SX4S-CROSS&イグニス

0imgp6015

気が付くとスズキには豊富なSUVラインナップが存在しています。

「 エスクード」、「SX4S-CROSS」はハンガリーで生産される輸入車で、欧州規格のしっかりとした足回りと実用性が国産車とは異なる雰囲気を味わえます。

「イグニス」は日本人にピッタリのボディサイズで、SUVとしては低価格が魅力。

「ヴェゼル」クラスでも大きすぎ、高すぎると言う方にとっては、最高のポジションにあります。

それでもまだ・・・という方には「ハスラー」という究極の選択があるスズキは、まさにSUV大国になっていると言えるでしょう。

他サイトの試乗レポート

価格.Com、モータージャーナリスト太田哲也氏によるイグニスの試乗レポートより
https://www.kurumaerabi.com/test_drive/info/124243/

「ボディ剛性がしっかりしていて、またサスペンションもきちんと煮詰められていた。

モーター機能つき発電機を組み合わせた1.2リットル4気筒マイルドハイブリッドの加速力も活発だった。」

比較まとめ

クロスオーバーSUVの人気の秘訣は、実用的な居住空間と積載性が確保されていることで、ライフステージの制約にとらわれずにクルマを選びやすいところにあると言えます。

全天候型という利点に注目するユーザーも、単に流行のスタイリングだからというユーザーも満足出来るのがクロスオーバーSUV。

各車ともにSUVのエッセンスがありきたりのクルマとは違う個性へと繋がっていくので、各メーカーの腕の見せどころなのです。

SUV色を強く出すよりも普通の車に近い方が成功しているようですが、トヨタの「C-HR」は未来的SUVという新たな方向性を示しており、この「ミニ四駆」的なモデルによって、クロスオーバーSUVは新たな時代に突入しそうです。

スペック比較表

ヴェゼル1.5 XV イグニス
車両価格(円) 1,920,000~ 2289600~ 1,382,400~
JC08モード燃費) 19.0~20.6 16.2 25.4~25.8
車両重量(㎏) 1,180~ 1,390~ 850~
エンジン形式
・排気量(CC)
直列4気筒
・1,496
直列4気筒
・1,955
直列4気筒・
1,242ハイブリッド
最高出力
KW(PS)/r.p.m
97(132)/6,600 110(150)/6,200 67(91)/6,000
最大トルク
N・m(kgf・m)/r.p.m
156(15.9)/4,600 196(20.0)/4,200 118(12.0)/4,400
モーター出力 2.3(3.1)/1,000
モータートルク 50(5.1)/100
駆動方式 2WD 4WD 4WD 2WD 4WD
最低地上高(㎜) 170(2WD)185(4WD) 200 180
ミッション形式 CVT CVT CVT
ヴェゼル
ハイブリッド
CX-3 XV
ハイブリッド
車両価格(円) 2,270,000~ 2,376,000~ 2,570,400~
JC08モード燃費 23.2~27.0 23.0~23.2 20.4
車両重量(㎏) 1,270~ 1,260~ 1,510~
エンジン形式
・排気量(CC)
直列4気筒
・1,496ハイブリッド
直列4気筒・1,498
直噴ディーゼル・ターボ
直列4気筒
・1,955
最高出力
KW(PS)/r.p.m
97(132)/6,600 77(105)/4,000 110(150)/6,200
最大トルク
N・m(kgf・m)/r.p.m
156(15.9)/4,600 270(27.5)/1,600~2,500 196(20.0)/4,200
モーター出力 22(29.5)/1,313~2,000 10(13.6)
モータートルク 160(16.3)/0~1,313 65(6.6)
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD 4WD
最低地上高(㎜) 170(2WD)185(4WD) 160 200
ミッション形式 7AT 6AT 6MT CVT

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする