スバルXVとライバルのクロスオーバーSUVを徹底比較(エクストレイル・ヴェゼル・CX-3)

 「XV」は2015年10月にマイナーチェンジを行い、内外装の変更とともに、「アドバンスドセイフティパッケージ」をメーカーオプション設定したほか、SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグを全車に標準装備しました。

 国内でのクロスオーバーSUVの人気は、北米市場のような大型ではなく、国内の道路状況や住宅事情に合ったコンパクトサイズで排気量が少なく、低価格低燃費のクラスに移行しつつあります。

2.0Lとハイブリッドの「XV」はその境目にあると考えられます。

そこで国内のクロスオーバーSUVを代表する車種と「XV」を、購入者の目線から比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

クロスオーバーSUVとしての走行性能比較

XV

スバルの情熱がもたらす優れた基本性能

XV

 「XV」はハイブリッドも含めて全車4WD設定です。

ハイブリッド車も2.0L車同様にシンメトリカルAWDのままハイブリッド化しているのも、SUVへの並々ならぬ情熱がうかがえます。

トヨタと提携関係にあるスバルですが、「XV」のハイブリッドシステムはスバルが独自開発したものとなっています。

モデル末期ながらも走りもビジュアルもあまり古さを感じさせないのは、基本性能が優れている証拠と言えます。

もちろん水平対向4気筒エンジンに力不足は感じられず、2.0L通常ガソリンエンジン車でも十分。

 ハイブリッドモーターの最高出力は10kW(13.6馬力) と、「エクストレイルハイブリッド」や「ヴェゼルハイブリッド」に比べて見劣りがするのは否めません。

モーターはあくまでエンジンの補助役と割り切ったシステムですが、CVTの欠点とされるエンジンの回転数が低い状態での加速の悪さを補うには、わずか10kWの小さなモーターでもそれなりの力になるようです。

エクストレイル

多様な性格を持つクロスオーバーSUV

エクストレイル

 「エクストレイル」は「XV」と同じように、2.0Lとハイブリッドをラインナップしており、2.0L車のスペックは「XV」同程度の内容になっています。

しかし、ハイブリッド車に関してはモ-ター出力は「XV」を大きく上回っているため、性格が大きく異なっており、モーターはスタート時から積極的に動き出します。

加速も、モーターのパワーを上乗せにしている分だけパワフルで、2.5Lガソリン車並みの実力といったところでしょう。

ただし、最近は2WD車の需要が多く、3列シートの設定が人気なように、SUVというよりもミニバン的使い方も多く見られます。

ヴェゼル

走行性能はコンパクトカー並みでも売り上げナンバーワンのクロスオーバーSUV

ヴェゼル

 「ヴェゼル」は1.5Lベースのため燃費性能に優れてはいますが、ほんの少し地上高を上げた程度で、その走行性能はコンパクトカーと変わらず、SUVとして「XV」と比較するべき車種とはならないかも知れません。

しかし、「不整地や雪面をより速く走る」という現実離れした性能を求めない限り、「ヴェゼル/ヴェゼルハイブリッド」の走行性能は優れていると言えるでしょう。

ただし、「フィット」よりも重量があるために力不足を感じられるはずで、特に1.5Lの4WD車ではその傾向が顕著です。

CX-3

我が道を行く孤高のクロスオーバーSUV

CX-3

 ハイブリッド車が優勢な国内のクロスオーバーSUV市場において、1.5Lクリーンディーゼルを搭載するマツダの「CX-3」は異質な存在です。

2.2Lクリーンディーゼル搭載の兄貴分「CX-5」が「フォレスター」と競合するのに対して、「XV」には価格もスペックももっとも近いのはこの「CX-3」。

それでもその分厚いトルクは、比較車種の中では飛び抜けており、2.0Lハイブリッド車の「XVハイブリッド」がそのモータートルクを加えても、上回っているほどです。

重量のあるSUVにおいてベストなパワーユニットと言えるでしょう。

また、マツダの最新4WDシステムは他の追随を許さないものであり、これだけでも購入に値するほどです。

燃費と価格の比較

XV

コストパフォーマンスには満足

XV

 スバルのハイブリッドシステムは他社と比較してモーター出力が弱く、そのため燃費性能で劣るという弱点があります。

4WDシステムも一般的には低燃費に不利とされるメカニカルAWDのままハイブリッド化したところにもスバルらしさではありますが、低燃費性能も求められる都市型クロスオーバーSUVとしては、そのこだわりが問題点となってしまいます。

しかし、シリーズ全体としては低価格設定であり、2.0Lの4WD車で他社の2WD車と同程度の価格設定は魅力があり、コストパフォーマンスとしては満足のいくレベルと言えます。

エクストレイル

情勢次第のコストパフォーマンス

エクストレイル

 エクストレイルのガソリン車とハイブリッド車の価格差は、40万円以上。

燃費の差があるとは言え、元を取るにはかなりの走行距離を要します。

さらに、このところの原油安のおかげでガソリン代は急落しており、燃費のためだけでハイブリッド車を選ぶ意味合いが薄れてきています。

そうなると、やはり販売価格の安い2.0L車が魅力的な選択になってきます。

コストパフォーマンスを考える上では、ガソリン代が大きなファクターになります。

ヴェゼル

コストパフォーマンスならガソリン2WD

ヴェゼル

 「ヴェゼル」は1.5L車もハイブリッド車も低燃費が魅力。

さらに低価格というのも大きなポイントで、普段使いなら「XV」や「エクストレイル」の2.0L車ほどの走行性能は必要なく、価格が安く、燃費も良いクロスオーバーSUVの需要は多くなってきています。

ガソリン1.5L車ならなおさらでしょう。

コストパフォーマンスで言えば、2WD車ならさらに優れているということになります。

CX-3

行政も味方につける維持費の安さが自慢 

 クリーンディーゼルという独自の「CX-3」。

燃費はハイブリッド車とガソリン車の丁度中間。

販売価格も中間といったところ。

しかし、燃料費の安さとクリーンエネルギー補助金といったディーゼル独自の利点を盛り込むと、維持費は非常に安くなってきます。

さらに、その走行性能も加味すれば、コストパフォーマンスはかなり優れたものになるでしょう。

スポンサーリンク

先進安全装備の比較

進化し続けるアイサイトが目立つ先進安全装備

 現時点においては、小型量販車における最も優れた先進安全装備と言えるのが、スバルのアイサイト。

「XV」では、は進化を続けEyeSight(ver.3)」 に。

さらにマイナーチェンジにおいて、「スバルリヤビークルディテクション」と、「アドバンスドセイフティパッケージ」をメーカーオプション設定しており、他社の追随を許さない内容になっています。

さらにSRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグを全車に標準装備させているのも見逃せない内容であり、コストパフォーマンスという考え方に「安全」という項目を加えれば、「XV」の評価はかなりアップするでしょう。

どれ一つとして同じ物が見当たらないクロスオーバーSUV市場

 「XV」の購入を検討される方が比較するべき競合車種には、価格帯で探しても今回の比較車種以外にも多数存在します。

スズキの「エスクード」と「SX4 S‐CROSS」、ホンダの「CR-V」、トヨタの「RAV-4」と「アクアX-URBAN」、等、今や国内市場はクロスオーバーSUV天国。

コンセプトもパワーユニットも様々にあり、似かよった車種がないのが他ジャンルと異なる点です。

言い換えると、これがクロスオーバーSUVのベストというサイズとパワーユニットの組み合わせが確定していない混迷期であると言えます。

 したがって購入に際しては、実際に試乗をして自分にあった車種をじっくりと時間をかけて検討する必要があります。

スペック比較表

XV エクストレイル エスクード
車両価格(円) 2,289,600
~2,592,000
2,313,360
~3,157,920
2,127,600
~2,343,600
エンジン形式
排気量(cc)
水平対向4気筒1,995 直列4気筒1,997 直列4気筒DOHC1,586
最高出力
PS(kW/rpm)
110(150)/6,200 108(147)/6,000 86(117)/6,000
最大トルク
(N・m/rpm)
196(20.0)/4,200 207(21.1)/4,400 151(15.4)/4,400
JC08モード燃費
(km/ℓ)
16.0~16.2 15.6~16.0 17.4~18.2
XVハイブリッド エクストレイル
ハイブリッド
ヴェゼル
ハイブリッド
CX-3
車両価格(円) 2,570,400
~2,862,000
2,804,7600
~3,459,240
2,476,000
~2,750,000
2,376,000
~3,024,000
エンジン形式
排気量(cc)
水平対向4気筒1,995 直列4気筒1,997 直列4気筒DOHC1,496 直列4気筒1,498
ディーゼル
最高出力
PS(kW/rpm)
110(150)/6,200 108(147)/6,000 96(131)/6,600 77(105)/4,000
最大トルク
(N・m/rpm)
196(20.0)/4,200 207(21.1)/4,400 155(15.8)/4,600 270(27.5)/1,600~2,500
モーター最高出力
PS(kW)
10(13.6) 30(41.0) 22(29.5)
モーター最大トルク
(N・m)
65(6.6) 160(16.3) 160(16.3)
JC08モード燃費
(km/ℓ)
19.2~20.4 20.0~20.6 21.6~26.0 21.0~25.0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする