クラウンアスリートとライバル車を徹底比較(スカイライン・フーガ)

 トヨタの「クラウン」は2015年10月にをマイナーチェンジされた。

“ロイヤル”“マジェスタ”の変更点は少ないが、“アスリート”シリーズ”は2.0L直噴ターボエンジンを搭載したことで、スポーツ感をより強調させて、若者などにもアピールしている。

 そこで、マイナーチェンジされた「クラウン」から、より変更点の多かった“アスリート”シリーズ”に焦点をあれ、ライバルの日産「フーガ」「スカイライン」の各モデルと徹底比較することにしました。

スポンサーリンク

クラウンアスリートT VS スカイライン2.0GT-t

2.0L直噴ターボ比較最大の差は使用ガソリン

0IMGP36640IMGP3687

JPG0262JPG0275

 カタログスペックから判断すると、エンジン出力は「クラウンアスリートT」の方が上回り、トルクはほぼ同じ。

燃費は「クラウンアスリートT」がやや上回る。

走行性能に重要な要素となる車両重量も車格が上でありながら「クラウンアスリートT」の方が50㎏ほど軽いという結果です。

トヨタ最新の直噴ターボが、メルセデス製のそれを若干上回るという結果です。

 最大の相違点は、「クラウンアスリートT」がレギュラーガソリン仕様なのに対して、「スカイライン2.0GT-t」がプレミアムガソリン仕様であることでしょう。

購入に最後まで悩むユーザーにとっては決定的な購入条件になるでしょう。

日産では「スカイライン」には2.5L車はないが、「フーガ」の2.5L車もプレミアムガソリン仕様になっており、この辺がトヨタとの考え方の大きな差だ。

 V型6気筒の2.5L車と比較して「クラウンアスリートT」は燃費とパワー、特にパワーとトルクが際立っており、2.5L車より50㎏軽い車両重量とともに走行性能の向上に直結し、若い層に向けては魅力あるパワーユニットとなっている。

スペック比較表

メ-カー・車種名 アスリート2.0T スカイラインGT-t
車両価格(円) 3,880,000~5,330,000 383,400~4,568,400
車両寸法(㎜) 4,895/1,800/1,450 4,790~4,800/1,820/1,450
室内寸法(㎜) 1,975/1,510/1,190 2,000/1,480/1,180
ホイルベース( ㎜) 2,850 2,850
車両重量(kg) 1,590~1,630 1,650~1,680
使用燃料 無鉛レギュラー  ガソリン 無鉛プレミアム  ガソリン
エンジン型式 排気量 (cc) 直列4気筒 DOHC1,998 直噴ターボ 直列4気筒 DOHC 1,991 直噴ターボ
最高出力[kW(PS)/rpm] 173(235)/5,200~5,800 155(211)/5500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 350(35.7)/1,650~4,400 350(35.7)/1250-3500
JC08モード 燃費(㎞/L) 13.4 13.0
ミッション 8速AT 7速AT
駆動方式 2WD 2WD

クラウンアスリート2.5L VS フーガ2.5L

V6対決は2WDのみか4WDのみか

IMGP37110JPG0220 (1)

 「クラウンアスリート」と「フーガ」の2.5L車は同じV型6気筒だが「フーガ」の方がよりパワーがある。

しかし、しかし、それよりも大きな違いは2.0Lターボ車同様にレギュラーガソリンとプレミアムガソリンの差があり、どちらを選ぶかは悩むところだろう。

そして「クラウンアスリート」は4WDのみ、「フーガ」は2WDのみという事実はさらに悩ましい。

スペック比較表

メ-カー・車種名 アスリート2.5 フーガ250GT
車両価格(円) 4,007,000~5,467,000 4,104,000~5,131,749
車両寸法(㎜) 4,895/1,800/1,465 4,980/1,845/1,500~1,510
室内寸法(㎜) 1,975/1,510/1,190 2,090/1,535/1,215
ホイルベース( ㎜) 2,850 2,900
車両重量(kg) 1,640~1,680 1,700~1,740
使用燃料 無鉛レギュラー  ガソリン 無鉛プレミアム  ガソリン
エンジン型式 排気量 (cc) V型6気筒  DOHC 2,499 V型6気筒 DOHC 2,495
最高出力[kW(PS)/rpm] 149(203)/6,400 165(225)/6400
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 243(24.8)/4,800 258(26.3)/4800
JC08モード 燃費(㎞/L) 10.2 11.2
ミッション 6速AT 7速AT
駆動方式 4WD 2WD

クラウンアスリート3.5L VS フーガ3.7L

ほぼ同じ性能そして同じく時代に取り残された

0IMGP3708JPG0234

 排気量の大きいこのクラスの比較では「クラウンアスリート」が3.5L、「フーガ」が3.7Lという違いがあるものの、パワーとトルク、そして燃費や車両価格もほぼ同等だ。

そしてともに最上級車種に相応しく考えられる限るの上級装備が施されている。

両車種ともにハイブリッド車があることで、存在価値が問われている点も共通だ。

スペック比較表

メ-カー・車種名 アスリート3.5 フーガ370GT
車両価格(円) 5,240,000~6,100,000 4,644,000~6,054,069
車両寸法(㎜) 4,895/1,800/1,450 4,980/1,845/1,500~1,510
室内寸法(㎜) 1,975/1,510/1,190 2,090/1,535/1,215
ホイルベース( ㎜) 2,850 2,900
車両重量(kg) 1,630~1,650 1,730~1,820
使用燃料 無鉛プレミアム ガソリン 無鉛プレミアム ガソリン
エンジン型式 排気量 (cc) V型6気筒 DOHC 3,456 V型6気筒 DOHC 3,696
最高出力[kW(PS)/rpm] 232(315)/6,400 245(333)/7000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 377(38.4)/4,800 363(37.0)/5200
JC08モード 燃費(㎞/L) 9.6 8.9~9.4
ミッション 8速AT 7速AT
駆動方式 2WD 2WD 4WD

クラウンアスリートハイブリッド VS フーガハイブリッド

ビッグエンジンながらも意外に健闘するフーガの燃費

 2.0L直噴ターボに次いで両車の差が大きいのがそれぞれのハイブリッドシステムだ。

一番わかりやすいのが、直噴化され直列4気筒の2.5Lにダウンサイジングされた「クラウンアスリートハイブリッド」と、アトキンソンサイクル化されたとはいえ、V型6気筒の3.5Lエンジンを搭載する「フーガハイブリッド」のベースエンジンの違いだろう。

もちろん、使用するバッテリーやモーターの数など、システムそのものも大きく異なる。

 他のハイブリッド車同様に低燃費を重要視するトヨタに対して、クラス上の「シーマ」やスポーツセダンの「スカイライン」にも採用するため走行性能をシリーズ中最大にする必要があった「フーガ」の戦略の違いだ。

その燃費は「クラウンアスリートハイブリッド」の23.2㎞/Lと「フーガハイブリッド」の18.0㎞/L。

大きな差と思えるが、ベースのエンジンの違いを考えると意外に少ない燃費差で、シーンによって両車は互角以上ではないだろうか。

スペック比較表

アスリートハイブリッド フーガハイブリッド
車両価格(円) 4,950,000~5,986,000 5,139,720~6,874,869
車体寸法 (mm)全長/全幅/全高 4,895/1,800 /1,450~1,465 4,980/1,845 /1,500~1,510
室内長/室内幅/室内高(mm)  1,975/1,510 /1,190 2,090/1,535 /1,185~1,215
車両重量(㎏) 1,640~1,760 1,830~1,880
ホイルーベース (mm) 2,850 2,900
エンジン型式・排気量(cc) 直列4気筒 DOHC 2,493 V型6気筒 DOHC 3,498
最高出力[kW(PS)/rpm] 131(178)/6,000 225(306)/6800
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 221(22.5)/4,200 〜 4,800 350(35.7)/5000
動力用主電池 ニッケル水素電池 リチウムイオン電池
モーター最高出力 (kW[PS]) 105(143) 50(68)
最大トルク(N・m[kgf・m]) 300(30.6) 290(29.6)
使用燃料 無鉛レギュラー ガソリン 無鉛プレミアム ガソリン
駆動方式 2WD フルタイム4WD 2WD
トランスミッション 電気式無段変速機 7速AT
JC08モード燃費(㎞/L) 21.0~23.2 17.8~18.0

クラウン VS フーガ

安全性能の比較 わかり辛いが「クラウン」が世界初のシステムということを評価

IMGP3844IMGP3699

IMGP3694IMGP3846

 「クラウン」は、10月のマイナーチェンジにおいて、760MHzの専用周波数を活用し、路車間通信システム(DSSS)や車車間システム(CVSS)で構成されるITS Connectを世界初採用したほか、ブラインドスポットモニターやインテリジェントパーキングアシスト(イージーセット機能・駐車空間認識機能・ハンドルセレクト機能付)も採用した。

 「フーガ」はPFCW(前方衝突予測警報)、エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)、BSW(後側方車両検知警報)/BSI(後側方衝突防止支援システム)、BCI(後退時衝突防止支援システム)の4つの全方位運転支援システム 。

そして、アラウンドビューモニターはMOD(移動物検知)機能と駐車ガイド機能を追加した改良型になっている。

VWのおかげで低燃費のダウンサイジングガソリンターボが注目されることに

 低燃費全盛の現在では、国産プレミアムサルーンが話題に上る事は少ないが、マイナーチェンジとは言え、さすが「クラウン」には注目が集まります。

しかし、その注目ポイントが低燃費を標榜するダウンサイジングターボであることは皮肉だ。

低燃費とは言え13.0㎞/Lであり、9㎞/L台のV6・3.5や3.7L車よりはマシな程度で、ハイブリッドには遠く及ばない。

実のところ、今回のマイナーチェンジ最大のニュースは「ITS Connect」を世界初採用したことなのですが、それでもダウンサイジングターボにインパクトがあるのはVWのおかげかも知れません。

スポンサーリンク

値引き・買取関連記事

初めての新車を買う人の為の新車購入ガイド | 車価格.net

車の買取相場が形成される仕組み | 車価格.net

フーガ値引き交渉と下取り相場 | 車価格.net

スカイライン値引き交渉と下取り相場 | 車価格.net

クラウンアスリート値引き交渉と下取り相場 | 車価格.net

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のタイトルとURLをコピーする